テイコク製薬社について

テイコク製薬社についてイメージ

経営理念

私たちは健康増進業を通じて

三方積善公共道を歩み

永続的発展する

地球道徳共働態の創生を目指します

 

ごあいさつ

 

社長写真

 1998年、WHO憲章全体の見直しの中で、健康の定義に「霊的にダイナミックに安寧な状態である」という文言を追加しようという提案があったそうです。人間は身体と心だけではなく、心の奥底にある魂とも呼ぶべき精神性が健康にも関与していることを世界で話し合われたのです。私も人間は身体や心や精神が重なり合って生きている存在だと思います。

 昔から日本語には「気落ちする」とか「気が沈む」とか「気のせい」というように「気」を使った言葉がたくさんあります。また「火事場の馬鹿力」でおばあちゃんがタンスを背負って家の外に運び出したというような話を誰もが聞いたことがあると思います。人間は生物を生かそうとする「気」のようなものを身体に取り込んで生きているのかも知れません。中国医学の鍼灸で使われるツボは「経穴」といい、その通り道のことを「経絡」と呼びます。いにしえの人々はそのようなことが分かって病気を治したり、健康を維持していたりしたようです。現代は科学技術の進歩でとても生活が便利になりましたが、それと引き換えに私たちはもともと持っている人間の能力を退化させてしまったようです。

 私達の身体に宿った一人ひとりの生命には何か役割があって、それぞれの役割の共通した目標は、世の中のすべての人が善くなり幸せになるように願って行動し、後へ続く未来の人たちのことを思って生きることだと思います。本来であればこの方向性にピッタリと心が寄り添って生きればいいのでしょうが、時おり心が離れていくことがあります。それは私利私欲にまみれたり、傲慢になったり、感謝の気持ちを忘れたり、独りよがりになったりする時です。そんな時に人は病気になりやすいのではないかと思います。私たちがしっかりとした自己観や人間観を持ち、自分固有の生命の役割を確信し、その役割の共通目標に向かって心を合わせるような生き方をすれば、人はいつまでも健康でいられると信じております。

 テイコク薬局はお薬の必要な方にはより早く回復されるように、健康な方にはより健康を増進していただけるように、家族がいつまでも健康で明るく豊かな生活を送っていただけるよう精一杯サポートさせていただきます。今後ともご理解とご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

会社概要

 
 
社 名
 
 
株式会社テイコク製薬社
 
 
創 業
 
 
大正10年(1921年)
 
 
設 立
 
 
昭和40年(1965年)
 
 
資本金
 
 
1,000万円
 
 
売上高
 
 
25億円
 
 
代表取締役
 
 
畠山 兼一郎
 
 
従業員数
 
 
109名(薬剤師50名・登録販売者19名)
 
 
本部所在地
 
〒552-0007 大阪市港区弁天1丁目2-1 ORC200オフィスタワー5階
TEL:06-6577-0966 FAX:06-6577-0961
 
 
店舗数
 
 
直営店:18店舗 ボランタリー店:2店舗
 
 
事業内容  
 
・ファーマシー事業
   医薬品・化粧品・機能性食品などの販売
   完全予約制のダイエットカウンセリング

・調剤薬局事業
   院外処方せんの取り扱い
   完全予約制のメタボ解消プログラム

・FC事業

・ソフト開発事業
 

 

沿革

 

 
 
大正10年
 
 
大阪市北区黒崎町にテイコク薬局1号店を開設する。
 
 
昭和11年
 
 
医薬品製造部門を設立。社名を合資会社帝国製薬社とする。
 
 
昭和18年
 
 
第三工場を建設。社員2000名を超える。
 
 
昭和20年
 
 
終戦。空襲で工場店舗の大半を失う。医薬品小売業を主体に事業を継続。
 
 
昭和40年
 
 
株式会社テイコク製薬社を設立する。
 
 
昭和46年~61年
 
 
OTC店舗を20店舗オープン。
 
 
平成4年~21年
 
 
調剤店舗を15店舗オープン。
 
 
平成21年
 
 
痩身事業を開始する。