• TOP
  • ほどく
  • 【ちょっと我慢】便秘の人が気を付けたい便秘になりやすい食べ物とは
ほどくほどく

【ちょっと我慢】便秘の人が気を付けたい便秘になりやすい食べ物とは

【ちょっと我慢】便秘の人が気を付けたい便秘になりやすい食べ物とは

便秘に悩んでいる方はたくさんいると思います。
「何日も出ないくて苦しい」という方から、「出ているけどすっきりしない」など、その悩みもさまざまです。

そのためにマッサージをしたり水分をたくさん摂るようにしたりといろいろな対策をしている方もいると思いますが、実は頑固な便秘は食べ物を見直すことで改善することができます。
便秘になりやすい食べ物もありますし、便秘になりやすい飲み物もあります。
その逆で便秘を予防できる食べ物や飲み物もあります。

今回はそんな、食べ物と便秘の関係について調べてみました。

 

便秘になりやすい食べ物

たんぱく質を含む肉類

便秘になりやすいと食べ物の代表といえば、肉類です。
肉類はタンパク質を多く含みますが、タンパク質は腸内に入ると悪玉菌のエサになってしまいます。
エサをもらって悪玉菌が増加すると腸の動きが弱まり、消化能力が低下してしまいます。
そうすると便が硬くなったり、便の量が少なくなるなど便秘を引き起こす原因になってしまいます。

もちろん肉類、タンパク質には人が健康的に生きていくために必要な栄養素も豊富に含まれています。
ですから完全に食べるな、というわけではありません。
肉類ばかり食べるような偏った生活を避けるようにしましょう。
どうしても肉類が好きでたくさん食べたいという方は、野菜や果物、ヨーグルトを一緒に食べてください。

こうすれば野菜に含まれる食物繊維やヨーグルトに含まれる乳酸菌の作用で善玉菌を増やすことができるので、腸内環境が整います。

肉の中でもホルモンやバラ肉であれば比較的タンパク質の含有量が少ないです。
また、お腹の調子がよくないときはそもそも腸内環境が悪化しているので、肉類の摂取を控えるようにしましょう。

 

体を冷やすデザートや夏野菜類

アイスクリームやゼリーなどの冷たい食べ物や冷やしたジュースなどの冷たい飲み物も、便秘の原因となります。

冷たいものは体を冷やすので、血流を悪くしてしまいます。
血流が悪くなると全身に栄養が行き渡らなくなり、内臓の動きも低下します。

その結果、腸の動きも低下し便を出す力が弱くなるのです。
逆に冷たいものの刺激を受け、腸が動きすぎてけいれんを起こしたようになり便をうまく出せなくなることもあります。
どうしても夏は冷たい食べ物や飲み物を摂りたくなると思いますが、できるだけ常温のものを食べるようにしましょう。
そのほか、きゅうり、ナス、トマトといった夏野菜も体を冷やす性質をもっているので、食べ過ぎには注意してください。
夏野菜を食べる場合は煮て温かい状態にして食べたり、生姜などの体を温める作用がある食材と一緒に食べるようにすると良いでしょう。

 

カフェインやタンニンを含む飲み物

コーヒーや緑茶などカフェインを含む飲み物、赤ワインやアルコール類などタンニンを含む飲み物も便秘を悪化させると言われています。
カフェインには利尿作用があり、体の水分を体外へ排出します。
このことにより、便に水分が行き渡らず便を硬くしてしまいます。
さらにカフェインには胃腸の働きを抑制するクロロゲン酸という成分が含まれているので、硬くなった便をさらに排出しづらくしてしまうのです。

タンニンは下痢止めにも使われている成分で整腸作用を持ちます。
腸に特殊な粘膜を作り、ぜん動運動を弱くしてしまうので、便秘になってしまいます。

 

便秘にはバランスのとれた食生活を

便秘は食べ物に大きく影響されます。
便を硬くしてしまう食べ物や腸の動きを弱くしてしまう食べ物など便秘になりやすい食べ物はたくさんあります。
しかしこれらの食べ物でも適量を食べるようにして野菜や乳製品などの食べ物と一緒に食べるようにすれば便秘になりにくくなりますので、バランスのとれた食事を心がけましょう。

ちょう明茶
Page Top