ARTICLE テイコク健康推進課

花粉症はなぜ発症するの?花粉症の症状から治療法まで徹底解説

花粉症はなぜ発症するの?花粉症の症状から治療法まで徹底解説
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

春先になるとニュースで花粉量の予測を行いますが、よく聞くのは例年以上という言葉ばかりです。花粉症は植物の花粉が原因であり、その症状は個人差があるので自分がかかってしまったのかわかりにくくなっています。花粉症というのは突然その症状が始まる上に風邪の症状と似ているので、自分では判断が難しいと言えるでしょう。
花粉量が増えれば花粉症も発症しやすくなるので、自分で素早く花粉症かどうかを判断して、早期に対策を講じることが大切になります。

どうしていきなり花粉症は発症するの?

花粉症は少しずつ症状が重くなるというものではなく、ある日、突然に症状が発症するという特徴を持っています。人間の体は実に良くできていて、体内にスギ花粉のようなアレルギーの元になるような物質が入り込むと、その物質を排除しようと免疫が働きます。免疫はアレルギー物質を取り除くためにigE抗体という物質を作り出しますが、実はこの免疫が作り出すigE抗体が問題なのです。

igE抗体は以前に同じアレルギー物質が体内に入り、その抗原情報を得ることによって生成されます。花粉が体内に入るとアレルゲンというアレルギー物質に変化しますが、igE抗体はこのアレルゲンを消し去って正常な状態に戻してくれる働きをします。ただ体内に入った花粉量が多いとigE抗体の量も多くなり、今度はigE抗体の量に応じてマスト細胞がヒスタミンという物質を放出します。このヒスタミンが大量に放出されると目や鼻の感覚神経を刺激して炎症を起こし、痒みや涙・鼻水を大量に出してしまいます。

ヒスタミンは花粉を取り込むほど多く放出されるため、花粉量が増加されると花粉症の症状が出やすくなるということです。全ての根本は免疫細胞が作るigE抗体の放出量次第であり、体質でその量が少なければ花粉症の症状は軽く、多ければ重症になります。体はヒスタミンによる痒みなどをある程度は我慢できますが、一線を超えるとそれまで耐えていた痒みや鼻水などが一気に出てきて、花粉症を発症してしまいます。

植物の花粉というのは悪性物質ではないのですが、体の免疫機能がアレルギー物質と認識する以上、花粉症の危険性は避けられません。

花粉症の症状

花粉症の基本的な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりであり、目も涙が出て止まらなくなり、痒みも伴うので大変です。これらの症状は花粉がどこに入り込むかによって変わるだけであり、当然、目と鼻の両方に症状が出るケースもあり得ます。軽い場合の症状は鼻水と涙が出るだけですが、重くなると鼻の中の粘膜が腫れあがるため、呼吸困難を引き起こす場合もあります。更にはアレルギー体質の人では皮膚にアトピーのような症状を引き起こし、鼻で呼吸することが難しくなって口で呼吸するため、ウィルスが体内に入りやすくもなります。このように花粉症は重くなると別の病気を発症しやすくなるため、自分がどれくらいの花粉症の症状がでているのかを検査することが大切です。

病院では血液を採取してigE抗体が通常と比較して多いのか少ないのかを調べたり、特定の花粉に反応を示す特異的igEを調べる方法があります。また花粉症になると花粉を駆逐するために白血球の種類である好酸球が多くなるので、鼻水を採取して好酸球の数を調べるのも有効な検査です。特異的igEを調べる血中igE検査では、自分が花粉症の症状になった原因である花粉を特定することも可能であり、どんな植物の花粉が問題なのかを知ることで対処もできるでしょう。花粉症は風邪とよく似た症状であり、発生する時期も近いので、花粉症なのか知りたい場合には病院で検査を受けるようにして下さい。

また病院を受診しなくても、自分がアレルギー反応を起こしているのか判断できる検査キッドを、通販などで取り寄せることもできます。アレルギー反応の症状が出ているのか知りたいのであれば、鼻水や涙を採取して試薬を使って変化する色を調べれば、10分程度で結果がわかります。どんな花粉症を発症しているのか知りたい場合は採血による検査になり、これは自分では判断ができないので、採血した血液を医療機関に郵送して調べてもらうことになります。

花粉症は治るの?

花粉症は残念ながら、一度でも発症してしまうと完治することはできません。花粉症になってしまった人はヒスタミンによる耐性が弱くなってしまうため、今までは体が持ちこたえていた花粉量でも過敏に反応してしまいます。

花粉症を軽減するための治療法です。
・抗ヒスタミン剤かステロイドホルモン剤を継続的に使用する
・アレルギーに対する免疫療法を行う
・原因物質を特定して吸引しないようにする

薬剤に関しては医療機関を受診すれば処方してもらえますし、原因物質も特定してもらえるので食事などでの対応策も伝授してもらえます。

花粉症は個人によって原因物質が異なるのですが、まずは体内に原因物質を取り込まないようにする努力が大切です。
最もポピュラーであるスギ花粉は二月後半には飛散を始め、四月になると本格的に飛散します。
花粉症の症状が出ていなくても日頃から花粉症用のマスクを着用したり、ゴーグルタイプの眼鏡を装着することも有効です。
また外出して帰れば室内に入る前に服と体の花粉を取り除き、うがいや目を洗うなど、花粉を持ち込まないようにするのが最大の防御となるでしょう。
花粉の場合は飛散時期が決まっているため、症状が出る前から事前の対策を行うと、花粉量が最大になっても軽減できます。

花粉症は症状が出てからでは遅いので、症状が出る前の事前の対策がとても重要です。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
Loading...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事