ARTICLE お役立ちコラム

【妊婦の痔が多数】妊婦の痔にならないように予防する方法を知ろう!

 / 
【妊婦の痔が多数】妊婦の痔にならないように予防する方法を知ろう!
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

妊娠や出産をきっかけに痔になってしまう人は少なくありません。

今回は、妊婦が痔になりやすい理由や、妊婦の痔を対処する方法についてご紹介します!

妊婦がなりやすい痔の種類と症状について知ろう!

妊婦がなりやすい痔の種類と症状について知ろう!

妊婦がなりやすい痔は、大きく分けて3種類あります。

【妊婦がなりやすい痔の種類】痔核(いぼ痔)

痔核(いぼ痔)とは、肛門を閉じるクッションの役割をしている部分の毛細血管が腫れる症状です。

肛門にある歯状線という場所より内側(直腸側)にできるものを「内痔核」、外側にできるものを「外痔核」と言います。

痔核は痔の中で最も多い症状で、排便時でのいきみや、妊娠・出産など、肛門に強い負担がかかることで起こりやすくなります。

【内痔核】
内痔核は痛みや出血はほとんどなく、肛門からでてきたことで気づくケースは少なくありません。

初期段階では排便が終わると自然に元に戻りますが、進行すると手で押しても戻らなくなります。

【外痔核】
外痔核とは、出血は少ないのですが激しく痛みます。
アルコールの摂りすぎや、ストレスなども原因になります。

【妊婦がなりやすい痔の種類】裂肛(切れ痔)

肛門の皮膚が切れたり裂けたりする症状です。

便秘時などに、強いいきみで硬い便をだそうとして肛門の皮膚に傷ができるケースが多くあります。

排便時や排便後にも激しい痛みを感じます。
裂肛を繰り返すと潰瘍やポリープができることもあります。

【妊婦がなりやすい痔の種類】痔瘻(あな痔)

歯状線のくぼみに大腸菌などの細菌が感染すると、炎症・化膿が起こって膿が溜まります。

この症状が慢性化すると、膿が肛門付近の皮膚を破って流れていき、肛門の中と外がトンネルでつながります。
この状態が痔瘻です。

肛門付近が痛み、38℃以上の発熱が伴うこともあります。
こうなると自分で治すことは不可能なので、医療機関を受診しましょう。

妊婦はなんで痔になりやすいの?

妊婦はなんで痔になりやすいの?
妊娠中は赤ちゃんの重さで肛門にも負担がかかります。
さらに出産時の強いいきみにより、痔になりやすい状態です。

また、出産後はストレスや便秘など、体調不良が原因で痔になってしまうこともあるようです。

妊娠〜出産にかけて、女性は痔になりやすい環境になります。
それぞれの時期に分けて、痔になりやすい理由を詳しく見ていきましょう。

【妊娠中の痔の原因】子宮が大きくなることによる腸への圧迫です!

妊娠すると子宮が大きくなることで血管や腸を圧迫します。
すると血液循環が悪くなり、うっ血が起きやすくなります。

加えてホルモンバランスの変化もあって、妊娠中は便秘になりやすいです。
便の圧迫によってさらにうっ血が強くなります。

妊娠すると食事や運動も妊娠前と同じようにはできなくなるので、普段よりも痔になりやすいです。

【出産時の痔の原因】出産時の強いいきみによる肛門への圧迫です!

出産時に強くいきむことで肛門の血管が圧迫されうっ血しやすくなり、いぼ痔や切れ痔になることがあります。

いぼ痔については出産時にできた痔ではなく、妊娠中からあったいぼ痔がいきみをきっかけにして外に飛びだしてしまうケースもあります。

【出産後の痔の原因】排便リズムが狂いやすく便秘になりやすい!

産後は育児に追われて食事や、排便リズムが崩れやすいです。

疲労やストレス、さらに授乳中のママは母乳に水分を取られるため水分不足になり、便秘になりやすい環境にあります。
そのため、産後は便秘が原因で痔になることもあります。

【妊婦の痔】妊娠~産後にかけてできる痔の予防対策しよう!

妊娠~産後にかけてできる痔の予防対策しよう!

妊娠〜産後は痔になりやすいとはいえ、できれば痔になりたくないですよね。

なるべく痔にならないようにするために、妊娠や育児中にできる予防方法を紹介します。

【妊婦ができる痔の予防】食物繊維の摂取と適度な運動をする!

妊娠中は何かと便秘になりやすいです。
便秘から痔に発展してしまうこともあるので、便秘を解消することが痔の予防につながります。

食物繊維を多く含む食べ物(ヨーグルト、野菜、果物、海藻類など)を積極的に摂取するようにしましょう。
こまめな水分補給も大切です。

適度な運動も便秘の予防になります。

妊娠すると運動しにくくなりますが、筋力が低下すると出産時に使う腹筋の力や排便時のいきむ力が衰えてしまいます。
主治医に相談しながら、妊娠中も体を動かすように心がけてみてください。

また、便秘だけでなくストレスや冷えも痔の原因になります。

アロマや温かい飲み物など、リラックスできるものを探してストレスをためないようにするのも効果的です。

妊娠中は体を冷やさないように服装に気をつけたり、生姜など体を温める食材を食べたりして冷え対策もしましょう。

それでも痔になってしまって辛い時には恥ずかしがらず、病院に行って相談するようにしてくださいね。

  • 食物繊維を多く食べる(ヨーグルト・野菜・果物・海藻類)がオススメです。
  • こまめに水分補給をしましょう。
  • 適度な運動をしましょう。
  • 体を冷やさないようにしましょう。

【育児中にできる痔の予防】水分補給と痔の予防クッションで対策しよう!

育児中も便秘にならないための食事を心がけたり、ストレッチや体操などの軽い運動を取り入れるようにしましょう。

授乳中は水分不足になりがちなので、水分を多めに摂るようにするのもいいですね。

産後は赤ちゃんのお世話に追われてトイレにも行けない!という場合もあるかもしれませんが、我慢すると便秘になりやすくなるので、便意を感じたら我慢しないでトイレに行きましょう。

また、長い時間同じ姿勢でいると血行が悪くなり、痔になる原因になります。

育児中は授乳や寝かしつけで赤ちゃんを抱いたまま長時間座ることもあると思います。
そんな時は肛門に負担をかけないように、ドーナツ型クッションや座布団を使うのもオススメです。

腹巻きなどの冷え対策グッズも活用して、痔を対策しましょう。

  • 軽い運動をする(ストレッチや体操)
  • 水分を多めに摂取する
  • ドーナツクッションで肛門への負担を軽減

お尻の負担を減らして痔にならずに楽しい妊婦生活を送ろう!

お尻の負担を減らして痔にならずに楽しい妊婦生活を送ろう!
今回は、妊婦が痔になりやすい理由や、妊婦の痔を対処する方法についてご紹介しました。

これから、出産を迎える方は痔にならないためにもぜひ試してみてください。

そして、痔の予防をしっかりして、楽しいママライフを送りましょう。

  • 肛門に負担がかかるため
  • 便秘になりやすいため
  • 環境の変化によるストレス

これらの要因をなるべく、解消してあげることが痔の予防につながりますよ!

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (2 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方