ARTICLE お役立ちコラム

知らないと損!ダイエット中効率的に痩せる為の運動の時間帯があった

 / 
知らないと損!ダイエット中効率的に痩せる為の運動の時間帯があった
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

[su_box title=”自律神経と身体の密接な関係に、きづく” box_color=”#eb6464″ radius=”0″]ダイエットには適した時間帯は朝、もしくは16時前後がダイエットには適しています。

この時間にダイエットのための運動する理由には自律神経との密接な関係があります。
これを理解することは、効率良いダイエットをする上でとても大切です。

では、何故朝と16時前後の運動がダイエットに適しているのかをご紹介します。[/su_box]

なぜダイエットの運動は朝と16:00前後がいいの?

 

まずは自律神経について見てみましょう。
自律神経には交感神経と副交感神経があるのは聞いたことがあると思います。
主に交感神経は人が朝から昼間にかけて活動するときに優位になります。
逆に副交感神経は夜に向かってリラックスモードになるにつれて優位になります。

この自律神経の1日のリズムをダイエットに応用するのです。
つまり体温と心拍数が向上し脂肪が燃焼しやすい、交感神経が優位になり始める朝の時間帯と、人の体温が最も高くなり交感神経が活発になる16時前後の時間を活用してダイエットに取り組む運動をするのです。

例えば厳しい減量の末、試合に挑むボクサーですが、彼らは主に朝食前に有酸素運動を行います。
いわゆるロードワークと言われる運動です。
特に朝に有酸素運動をすると、この時間は血糖値が低いので燃焼する糖が少ないため、その分体に溜まる脂肪を燃やします。
ボクサーはこの仕組みを利用して効率の良いダイエットを試みているのです。

 

 

それぞれの運動時間のメリットとは?

朝にする運動の場合

このように朝に運動することはダイエットにとってとてもメリットがあります。
また朝は1日の中で最も代謝が低いので、この時間に運動をすることで代謝が向上して、その後の時間帯においても高い代謝を保ちながら1日の活動ができるので、太りにくい体を得ることができます。

しかし朝運動をする際は、まだ筋肉も眠っているので、30分くらいかけてゆっくりとストレッチなどをしながらウォーミングアップをしましょう。
そうすると血液が眠っていた筋肉に行き渡ります。

但し朝食後に運動をすることは朝の食事が十分に消化しきれておらず、運動中に横っ腹が痛くなることがあるので、朝食前に運動することをおすすめします。
その際にも全く空腹のままでは血糖値が低すぎることにより気分が悪くなることがあるので、バナナや飴などの消化の良いものを口にしてから運動しましょう。

 

夕方にする運動の場合

16時前後の運動においては、前述したように交感神経が最も活発で、すでに筋肉の活動も十分にできているので、運動にはとても適している時間帯です。
しかも夕食前で適度の空腹感もあるので、脂肪の消費がしやすい時間帯でもあります。

学生や仕事が早く終わるサラリーマンなどはこの時間帯を有意義に活用しましょう。
ダイエットを効率よく行いたい人にとっては、これらの時間帯は「黄金の時間帯」と言えるのではないでしょうか。

 

 

朝と夕方の時間帯に運動ができない人は・・・?

 

ダイエットするにはこれらの時間帯に運動することが最適であることがわかっていても、仕事などの関係でどうしてもこの時間帯に運動することができない人も多くいます。

そういう人は夜寝る前にストレッチなどをすることをおすすめします。
ストレッチによりリラックス効果を利用して、脳と身体を睡眠モードへと導かせるのです。それにより質の良い睡眠を得ることにより、成長ホルモンが多く分泌されて脂肪の分解がすすみます。

また筋肉に刺激を与えることで筋肉自体が柔らかくなり、基礎代謝が向上して太りにくい体質になることが期待できます。
なかなか思うように運動の時間が取れない人は、まずはここを出発点に始めてみてはいかがでしょうか。

但し間違ってもしてはいけないことは、夜寝る前にハードな運動をすることです。
この時間帯の運動は治まりつつある交感神経が目覚め、質の良い睡眠が妨げられてしまうからです。
あくまでも寝る前はリラックスを心がけた軽い運動をすることを心がけましょう。

 

 

運動で一番大切なこと「継続」

 

運動によるダイエット効果は簡単に自覚できるものではありません。
根気よく継続することが、一見遠回りに感じてもダイエットにとっては一番の近道になります。

しかし、なかなか結果が出ないとなるとモチベーションが下がってしまいます。
そこで、運動での脂肪燃焼をサポートしてくれるダイエットサプリを使用することもおすすめです。
結果が出ると嬉しくなり、それがまた原動力となることでダイエットの継続にも繋がります。

 

運動前に飲むだけで脂肪燃焼をサポートしてくれる「オリエンタルハーブス」


ある一定の時期が来れば必ずその効果が実感でき、そうすればさらにダイエットに弾みがつきます。
そのためにも早速今日から効率良いダイエットを実践しましょう。

 

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方