• TOP
  • ほどく
  • 【便秘解消に良いお茶】お茶の成分やリラックス効果で便秘をすっきり解消!
ほどくほどく

【便秘解消に良いお茶】お茶の成分やリラックス効果で便秘をすっきり解消!

お茶が便秘を解消するという話がありますが、本当でしょうか?一般的に飲まれているお茶でも便秘を解消する成分が含まれているものとしてよく紹介されています。

しかし、その成分が茶葉に含まれているものとすれば、茶葉を煮だして飲む場合、その成分が水に溶けださない限り摂取できていないことになります。今回は、便秘に役立つお茶の正しい選び方を紹介します。

便秘に良いと思ってたのに…便秘解消が期待できないお茶とは?

便秘に良いと思ってたのに…便秘解消が期待できないお茶とは?

下の表のように、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維・マグネシウムなど、確かに便秘に良いとされる成分は含んでいますが、これでだけで「便秘に良いお茶」と判断してはいけませんよ。

それぞれの誤解ついて解説する前にまずは、この成分について先に説明します。

水溶性食物繊維を含むお茶 ごぼう茶・玄米茶・コーン茶・ローズヒップティー
不溶性食物繊維を含むお茶 マテ茶
マグネシウムを含むお茶 ルイボスティー・杜仲茶・プーアル茶

 

●便を柔らかくする成分《水溶性食物繊維》とは?

水溶性食物繊維は、水に溶けやすい食物繊維のことで溶けるとゲル状のようにヌルヌルと滑りやすくなります。体内で溶けた水溶性食物繊維は腸までゆっくりと移動し、便と混ざることで硬くなった便を柔らかくし排出を促します。

●便のカサを増やす《不溶性食物繊維》とは?

不溶性食物繊維は、水には溶けず水分を吸収する食物繊維です。腸内で水分を吸収し便のカサを増やすことで、蠕動運動が活発になります。

●腸内で水を吸収し便を柔らかくする《マグネシウム》とは?

マグネシウムは、下剤にも使用されている成分です。体内で吸収されにくく腸内で水を引き込み便を柔らかくする効果があります。

確かに便秘に効果的な成分ばかりが含まれているお茶ですが、何故飲んでも効果が期待できないのでしょうか?

 

水溶性食物繊維をふくむ《ごぼう茶》は何故便秘に効果がないの?

ごぼう茶はごぼうの皮を使用しており、その中には多量の水溶性食物繊維(主にイヌリン)が含まれています。しかし、ごぼうの皮を煮出して飲む程度ではイヌリンはほとんど抽出されていないので、ごぼうの皮ごと飲まない限り便秘の改善は期待できません。だからと言ってごぼうの皮を一緒に飲む人はいませんし、すでに煮出して販売されているペットボトルのお茶を飲む人が多いと思います。

つまり、実際にお茶として飲む分には、ごぼう茶で水溶性食物繊維を摂取することはできません。ただ1点、メリットがあります。ごぼう茶にはポリフェノールが多く含まれており、腸内の善玉菌を増やす効果が期待できます。また、ノンカフェインなので妊婦さんやお子さんが飲んでも安心です。

 

《玄米茶・コーン茶・ローズヒップティー・マテ茶》は何故便秘に効果がないの?

特に玄米茶やコーン茶には、食物繊維が多いイメージですが、ごぼう茶と同様に煮出しでは食物繊維は溶けださないので、食物繊維の摂取は期待できません。美容効果として紹介するのであれば、ローズヒップティーはビタミンCが含まれているので美肌効果がありおすすめです。

 

《ルイボスティー・杜仲茶・プーアル茶》は何故便秘に効果がないの?

これらのお茶にはマグネシウムを含みますが、食品中のマグネシウム量では、腸内の浸透圧は急激に上がらないので、大量の水を引き込むことはできず、便のカサを増やす効果は期待できません。
しかし、杜仲茶にはゲニポシボ酸が多く含まれており、自律神経を整える効果があります。腸は「第二の脳」と呼ばれるほど自立神経と深い関係があり、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れると、腸の運動も乱れて便秘などの不調をきたします。そういう意味では、杜仲茶は、便秘の解消のきっかけとなる自律神経を整えるお茶ということになります。

 

効果的なお茶はこれ!便秘を解消したい人はこれを飲もう!

効果的なお茶はこれ!便秘を解消したい人はこれを飲もう!

これまでに紹介したお茶の中に便秘に良いと誤解していたものはございませんでしたか?ここからは、便秘解消が期待できるお茶を1つずつ紹介していくので今後の参考にして下さい。

 

善玉菌を増やすカテキンが豊富な《緑茶》

緑茶に含まれるカテキンは、腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を改善する効果があります。また、腸内の善玉菌がカテキンを分解し、より低分子にしてくれるので、体内でカテキンが働きやすくなります。カテキンは摂取してから1~2時間で血中濃度がピークをむかえ、その後減少し、排泄されます。カテキンの整腸効能を得る為には、高い血中濃度を保つと効果的なので、少しずつ何回も飲むことをおすすめします。また、緑茶の中でも最もカテキンを多く含む種類は「煎茶」です。

但し、緑茶に含まれるタンニンやカテキンは赤ちゃんの成長に影響を及ぼす可能性や貧血になりやすい成分のため控えましょう。

 

緩下作用のあるクエルシトリンを含む《どくだみ茶》

どくだみ茶に含まれるクエルシトリンには緩下作用があり便秘解消が期待できます。但し、こちらもカフェインは含まれていないものの、緩下作用により子宮が収縮すると言われているため、飲みすぎには注意が必要です。

 

食物繊維がごぼうの約13倍・腸内環境を整える《ちょう明茶》

お通じに悩む妊娠中でも安心して飲めるお茶がちょう明茶です。ちょう明茶は三年番茶をマイナス196度で凍結粉砕を行い、葉・枝・幹すべてを粉末にしているため食物繊維がごぼうの13倍にもなります。
また、天然成分100%で下剤成分などは一切含まれていないため、身体に優しく、自然な力で便秘を解消したいという人におすすめです。

 

煮出して飲んでも便秘解消に役立つ成分は失われずに飲むことができるお茶を紹介しました。

 

便秘を解消したい時は栄養素がたっぷり詰まった粉末茶を選ぼう

便秘を解消したい時は栄養素がたっぷり詰まった粉末茶を選ぼう

これまでに紹介した、お茶に含まれる成分(食物繊維・カテキン・ビタミンC)の多くが普段お茶を淹れた後に捨てる茶葉に残っています。先程も茶葉に栄養素が残り水には溶けださないため、便秘解消が期待できないお茶を紹介しました。

そこで、茶葉の栄養素を丸ごといただける粉末茶がおすすめです。お湯に溶けやすく茶殻が残らないので栄養素をまるごといただくことができます。特に粉末緑茶は市販でも手に入りお湯を入れるだけで簡単に作ることができます。粉末茶ですと、はじめに紹介しているごぼう茶や玄米茶などでも食物繊維を摂ることができます。

 

便秘解消効果が高いお茶のメリットとデメリット

便秘解消効果が高いお茶のメリットとデメリット

これまでに紹介したような一般的に飲まれているようなお茶ではなく、便秘を改善するための専用のお茶がたくさん販売されています。これらは、ふつうのお茶に比べすっきり感を早く得ることが出来るので、症状が重い人は飲んでいることが多いです。

 

便秘解消効果の高いお茶のメリット

メリットとしては、やはり即効性があるという点です。辛い便秘を一日でも早く治したいという人や便秘によるストレスで便秘がさらにひどくなっているという人にはおすすめです。

 

便秘解消効果が高いお茶に含まれる飲みすぎに注意したい成分《キャンドルブッシュ》

このキャンドルブッシュには便秘薬と同じ刺激成下剤成分「センノシド」が含まれています。そのため、キャンドルブッシュが含まれているお茶を飲むと、即効性はありますが、便秘薬と同じように飲みすぎると、腹痛や吐き気といった副作用がおきるので注意しましょう。

キャンドルブッシュの入ったお茶を飲みすぎると、身体が下剤成分に慣れてきて少量では効果を感じにくくなることもあります。

 

【まとめ】お茶で便秘を改善するメリットとは?

【まとめ】お茶で便秘を改善するメリットとは?

不規則な生活や運動不足・精神的なストレスなど様々な要因で便秘になりますが、その中のひとつに水分不足があります。1日の水分摂取量は多少の個人差はあるものの、約1.5リットルとされています。そして、1日500ml以下の摂取量の場合、便の量が減り、便秘になりやすい傾向にあります。

お茶を飲む一番の目的は水分補給にあり、テアニンというお茶に含まれる成分によりリラックス効果やストレス解消も期待できます。腸に多かれ少なかれ負担をかけることになる便秘薬をやめて便秘を解消する為にもお茶はおすすめです。

Page Top