• TOP
  • きづく
  • お茶で便秘解消はできるの?その疑問を徹底解決。おすすめの茶も紹介
きづくきづく

お茶で便秘解消はできるの?その疑問を徹底解決。おすすめの茶も紹介

お茶で便秘解消はできるの?その疑問を徹底解決。おすすめの茶も紹介
身体に負担をかけずに腸内フローラを整えるお茶に、きづく
不規則な生活や精神的なストレスなど様々な要因が重なり便秘は起きます。

特に女性は男性と比べて便秘になりやすいと言われています。
便秘を解消する為に、便秘薬を飲んでいる方は多いでしょう。
しかし、便秘薬の服用を長期続けると、腸への負担が少なからずあります。

ここでは、身体に負担をかけずに腸内フローラを整えてくれるお茶を紹介します。

腸内フローラを整えるお茶とは?

便秘解消を目的に飲むお茶であれば次の成分が入っているものがお勧めです。

水溶性食物繊維

腸内環境のバランスを整えてくれる食物繊維が多く含まれているお茶があります。
特に水分不足により便が硬くなり排便が困難の場合は、この水溶性食物繊維が便を柔らかくしてくれます。
水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので便秘解消が期待できます。

カテキン

お茶の渋みはこのカテキンの成分によるものです。
カテキンは悪玉菌の増殖を抑え善玉菌を増やしてくれるので腸内環境を整えます。

マグネシウム

マグネシウムの中でも酸化マグネシウムというものは便秘薬にも含まれる程、便秘改善の為に使用されています。
酸化マグネシウムは、刺激性下剤ではなく、機能性下剤の為、センナやキャンドルブッシュと違いほとんど副作用はないと言われています。
マグネシウムは水分を吸収する働きがあるので、水分不足になっている腸の中の便を、マグネシウムの効能によって柔らかくします。

継続して飲む際に注意したい成分

キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル・ハナセンナ)

このキャンドルブッシュには便秘薬と同じ刺激成下剤成分が含まれています。
お茶の成分に入っている場合があります。
センナ茶と言われている物などです。
便秘薬と同じような副作用もありますので飲みすぎには注意しましょう。

カフェイン(特に緑茶のカフェイン)

緑茶の苦みはこのカフェインの成分です。
カフェインは覚醒作用がある為、カフェインの取りすぎには注意しましょう。
また利尿作用があり、せっかく水分を取っても水分が出てしまいます。
特に妊娠中は控えましょう。

 

お茶のメリットとは?

便秘薬や下剤の継続服用は体に負担がかかりますが、お茶の場合体の負担になることはありません。
そんなお手軽に飲めるお茶ですが、他にも嬉しい効果があります。

リラックス効果

お茶にはテアニンという成分が含まれており、リラックス効果やストレス解消に繋がります。

ダイエット効果

お茶に含まれるカテキンは脂肪燃焼を促してくれます。
特にプーアル茶が人気です。

 

食物繊維を多く含むお茶

おすすめのお茶を紹介します。

ゴボウ茶

食物繊維の代表、ごぼう。
そのごぼうで出来たお茶ですので、食物繊維が多く含まれており、腸内環境を整え便秘の解消が期待できるお茶です。
ノンカフェインなので妊婦さんやお子さんが飲んでも安心です。

玄米茶

玄米茶も食物繊維が豊富に含まれます。
また、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の両方を含む為、便を柔らかくし、便のカサを増やすといった2つのメリットがあります。

ルイボスティー

ルイボスティーにはマグネシウムが豊富に含まれます。
マグネシウムは先にも挙げたように腸内で水分を吸収する為、便が硬く排便が困難な時はこのルイボスティーがお勧めです。

 

【まとめ】お茶で水分補給と便秘予防

お茶を飲む目的として一番は水分補給があります。
1日の水分摂取量は多少の個人差はあるものの、約1.5リットルとされています。
そして、1日500ml以下の摂取量の場合、便の量が減り、便秘になりやすい傾向にあります。

便秘に効果的なお茶を毎日適量飲み、腸内環境を整えていきましょう。

腸内フローラのバランスを考える

テイコク製薬社がお勧めするお茶は腸内環境を整えてくれる「ちょう明茶」です。
このちょう明茶は無農薬・自然栽培で育てた三年晩茶で作られたお茶です。
この三年晩茶を枝・茎・葉っぱをまるごと100%薪木で焙煎し、マイナス196℃の液体窒素で凍結粉砕して粉末茶にしています。
その為、食物繊維量が非常に豊富で100gあたり76.9gとごぼうの約13倍も含まれています。
カフェインもほとんど含まれていない為、妊娠中の方でも安心してお飲み頂けます。


公式サイトはこちら

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top