• TOP
  • きづく
  • 便秘に効くお茶の選び方を紹介!中々でない時におすすめのお茶とは?
きづくきづく

便秘に効くお茶の選び方を紹介!中々でない時におすすめのお茶とは?

便秘に効くお茶の選び方を紹介!中々でない時におすすめのお茶とは?
身体に負担をかけずに腸内フローラを整えるお茶に、きづく
不規則な生活や精神的なストレスなど様々な要因が重なり便秘は起きます。

特に女性は男性と比べて便秘になりやすいと言われています。
便秘を解消する為に、便秘薬を飲んでいる方は多いでしょう。
しかし、便秘薬の服用を長期続けると、腸への負担が少なからずあります。

ここでは、身体に負担をかけずに腸内フローラを整えてくれるお茶を紹介します。

便秘解消に効くお茶の成分とは?

便秘解消を目的に飲むお茶であれば次の成分が入っているものがお勧めです。

水溶性食物繊維

腸内環境のバランスを整えてくれる食物繊維が多く含まれているお茶があります。
特に水分不足により便が硬くなり排便が困難の場合は、この水溶性食物繊維が便を柔らかくしてくれます。
水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので便秘解消が期待できます。

カテキン

お茶の渋みはこのカテキンの成分によるものです。
カテキンは悪玉菌の増殖を抑え善玉菌を増やしてくれるので腸内環境を整えます。

マグネシウム

マグネシウムの中でも酸化マグネシウムというものは便秘薬にも含まれる程、便秘改善の為に使用されています。
酸化マグネシウムは、刺激性下剤ではなく、機能性下剤の為、センナやキャンドルブッシュと違いほとんど副作用はないと言われています。
マグネシウムは水分を吸収する働きがあるので、水分不足になっている腸の中の便を、マグネシウムの効能によって柔らかくします。

ビタミンC

ビタミンCには蠕動運動を活発にする効果があります。
また、ビタミンCに含まれるアスコルビン酸は善玉菌のエサとなり、善玉菌を活発に増やし、腸内フローラを整えます。

ビタミンCには、貧血予防や美肌効果といった嬉しい効果もたくさんあります。
しかし、取りすぎると、過剰な蠕動運動により下痢になる場合もあるので摂取量には気をつけましょう。

 

飲みすぎ注意の成分

キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル・ハナセンナ)

このキャンドルブッシュには便秘薬と同じ刺激成下剤成分「センノシド」が含まれています。
そのため、キャンドルブッシュが含まれているお茶を飲むと、即効性がありますが、便秘薬と同じように飲みすぎると、腹痛や吐き気といった副作用がおきるので注意しましょう。

また、キャンドルブッシュの入ったお茶を飲みすぎると、身体が下剤成分に慣れてしまうため少量では効果を感じにくくなります。

カフェイン

緑茶の苦みはこのカフェインの成分によるものです。
カフェインには利尿作用があり、せっかく水分を取っても水分が出てしまうため、水分不足が原因で便秘になっている人は控えましょう。

また、妊娠中の方はカフェインは控えましょう。
お母さんが摂取したカフェインは胎盤を通して、赤ちゃんの血液にもカフェインが流れ込みます。
カフェインの作用には、中枢神経を興奮させる覚醒作用や血管を収縮させる強心作用があります。

これらの作用は赤ちゃんにとっては非常に負担が大きいものです。
また、母体にとってもこの強心作用が血管を収縮させ、お腹が張る原因となり流産のリスクも高まります。

 

便秘に効くおすすめのお茶

先程あげた、便秘に効く成分が含まれるおすすめのお茶を紹介します。

水溶性食物繊維を含むお茶 ごぼう茶・玄米茶・コーン茶
カテキンを含むお茶 緑茶
マグネシウムを含むお茶 ルイボスティー・杜仲茶・プーアル茶
ビタミンCを含むお茶 ローズヒップティー・マテ茶

 

ゴボウ茶・玄米茶・コーン茶

これらのお茶には食物繊維が豊富に含まれており、便の量が少ない人や便が硬くなっている人におすすめのお茶です。
また、ごぼう茶やコーン茶はノンカフェインなので妊婦さんやお子さんが飲んでも安心です。
玄米茶は100mlに対しカフェインは10mg程度含まれます。

緑茶

緑茶の中でも最もカテキンの多いお茶は「煎茶」です。
その次が番茶となります。

ルイボスティー・杜仲茶・プーアル茶

便が硬く排便が困難な時はこれらのお茶がおすすめです。

 

善玉菌を増やすお茶の栄養素は茶葉にある!?

これまでに紹介した、お茶に含まれる成分(カテキン・ビタミンCなど)の多くが普段お茶を淹れた後に捨ててしまう茶葉に残っています。

そこで、茶葉の栄養素を丸ごと頂く場合は、粉末茶がおすすめです。

粉末茶とは茶葉を粉末状にしたお茶です。
お湯に溶けやすく茶殻が残らないので栄養をまるごと摂れ、粉末なので腸に届きやすく腸内環境をより綺麗にしてくれます。
特に粉末緑茶は市販でも手に入り、お湯を入れるだけで簡単に作ることができます。

 

【まとめ】お茶で便秘を改善するメリットとは?

お茶を飲む目的として一番は水分補給があります。
1日の水分摂取量は多少の個人差はあるものの、約1.5リットルとされています。
そして、1日500ml以下の摂取量の場合、便の量が減り、便秘になりやすい傾向にあります。

また、便秘薬や下剤の継続服用は体に負担がかかりますが、お茶の場合体の負担になることはなく、反対にお茶に含まれるテアニンという成分が、リラックス効果やストレス解消に繋がります。

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top