• TOP
  • きづく
  • 【飲む点滴】甘酒パワーがすごい!便秘改善も期待できるって本当?
きづくきづく

【飲む点滴】甘酒パワーがすごい!便秘改善も期待できるって本当?

【飲む点滴】甘酒パワーがすごい!便秘改善も期待できるって本当?
身体にうれしい甘酒に含まれる成分と効果に、きづく
甘酒には体に良いと言われる成分が数多く含まれています。

中でも甘酒に含まれる植物性乳酸菌には腸内環境を整えてくれる役割があるので、便秘改善に大きな効果があります。

そのほかにも甘酒には嬉しい成分が数多く含まれているので、甘酒に含まれる成分とその効果についてご紹介いたします。

 

甘酒に含まれる成分と効果

甘酒

乳酸菌には大きく分けて動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、甘酒はその食物性乳酸菌に当てはまります。

 

植物性乳酸菌

発酵食品

植物性乳酸菌は豆や米、麦、野菜などの植物性の食品を発酵させるのには欠かすことができない乳酸菌です。
主に甘酒のほか漬物や味噌、醤油などの日本人の多くが好む食品に含まれています。

植物性乳酸菌は耐酸性や耐塩性に優れ、栄養が乏しい環境でも生育できるという、過酷な環境でも生き延びられる優れたパワーを秘めています。
つまり胃酸や消化酵素、アルカリ性の環境などに負けることなく、生きたまま腸内まで届くという優れた特徴があります。

腸まで届いた植物性乳酸菌は、腸内環境を弱酸性にして善玉菌を増やし、なおかつ悪玉菌を減少させる役割があり、腸内環境を整えて便秘を改善する効果が期待できます。

 

動物性乳酸菌

乳製品

一方、動物性乳酸菌は動物の乳に含まれる乳糖をエサにして育ちます。
主に牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれますが、生ハムやアンチョビ、ニシンの塩漬け、塩辛などの製造にも使われます。

動物性乳酸菌は乳などの栄養豊富な環境で活発に活動する反面、他の微生物とは共存できなかったり胃酸や消化酵素などの刺激に弱いので、植物性乳酸菌のように腸に届く前にほとんどが死滅してしまうという弱点があります。

だからと言って動物性乳酸菌を摂っても何の意味を持たないということではありません。
死滅した動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌や腸内にいる善玉菌などのエサになり、それらを活性化して増産させるというとても重要な役割を果たすので、決して不用な菌ではありません。

【POINT】両方をバランスよく摂る

甘酒のような植物性乳酸菌を豊富に含む食品と、乳製品などの動物性乳酸菌を含む食品をバランスよく摂ることが、便秘改善にはとても大切なんです。

 

その他の成分と効果

美肌

甘酒には善玉菌のエサになり善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖や腸内環境を整える効果がある食物繊維が含まれているので、植物性乳酸菌同様に便秘の改善にとても効果があります。

そのほか酒粕や麹に含まれるコウジ酸には、メラニンを抑制しシミやくすみを防ぐ働きがあります。
合わせて皮膚や粘膜を保護するビタミンB2をはじめとするビタミンB群も豊富に含まれているので、肌を内側からキレイにしてくれる効果が期待できます。

このように便秘やお肌の改善に大きな役割を果たす甘酒は、女性にとってとても力強い味方になる食品です。

 

甘酒の種類(酒粕・米麹)

「甘酒はあまり飲みすぎると酔ってしまうのでは?」
「甘いから砂糖がたくさん入っていて、カロリーが高くない?」
といった疑問の声が聞こえてきそうです。

実は甘酒には2種類あります。

 

酒粕を使った甘酒

酒粕

一つは酒粕を使った甘酒です。
材料が酒粕なので少量のアルコール分が含まれています。
したがってアルコールが苦手な人にはおすすめできません。
ただし自分で作るにはとても簡単で、酒粕をお湯に溶き、加熱しながら少量の砂糖と生姜を入れ、一煮立ちしたら完成です。

 

米麹を使った甘酒

米麹

もう一つは米麹を使用した甘酒です。
こちらは麹を発酵させて作るので、甘酒とは言ってもアルコール分は一切含まれていません。
またあの甘みはデンプンが分解して作られた甘みなので、砂糖も含まれていません。
したがって子供や妊婦などのお酒が飲めない人でもおすすめできます。

 

お好みで選びましょう!

このように2種類の甘酒は原料や作り方が異なります。
でも栄養成分を比較した場合ほとんどその差は少なく、どちらも健康にはとても良いです。
どちらを飲むかは、その人の目的や条件によりお好きな方を選択すれば良いでしょう。

 

甘酒のおいしい飲み方

飲み方

「甘酒が健康や美容に優れているのはわかっているけど、どうも苦手で」という人は割と多くいます。
そのような人のために、甘酒の美味しい飲み方をご紹介します。

 

匂いが苦手な場合

匂いが苦手な人には、すりおろしたりみじん切りにした生姜を入れることをおすすめします。
生姜のピリッとした香りが、甘酒の独特な香りを軽減してくれます。

その他きな粉や純ココア、はちみつを入れる方法もあります。
いずれも健康や美容にはとても効果がある食品なので、甘酒にはもってこいです。

甘みが苦手な場合

酸味の少ないフルーツジュースをお好みで入れると甘みが軽減し、美味しさがアップします。
また豆乳を入れると甘みが緩和されます。

また夏は冷やして、冬は適度に温めると美味しく飲むことができますよ。

 

甘酒パワーを発揮するには?

継続

甘酒による便秘改善は、継続して飲むことが大切です。
一度効果が実感できれば、そのことが励みになりさらに継続することが楽しくなります。

そのためには前述したように、味の工夫をすることも一つの手段です。
「甘酒ってこんなに美味しいんだ」と気づけば、毎日のように甘酒を飲むことがきっと楽しくなります。

ぜひあなたも甘酒パワーを利用して、辛い便秘を改善しましょう。

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top