• TOP
  • きづく
  • 善玉菌って一体何?これを読むだけで善玉菌の働きと増やし方が分かる
きづくきづく

善玉菌って一体何?これを読むだけで善玉菌の働きと増やし方が分かる

善玉菌って一体何?これを読むだけで善玉菌の働きと増やし方が分かる
善玉菌の働きから自分の腸内環境を、きづく
市販のヨーグルトのパッケージなどで「善玉菌」という言葉をよく見かけますが、実は、善玉菌は体と密接な関係があります。

腸内環境を整えると、便秘改善だけでなく色々なメリットがあるので、善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを良好に保つように意識しましょう。

 

善玉菌って何者?どんな役割を持っているの?

善玉菌とは、ある特定の菌の名称ではなく、腸内に無数に存在している細菌の中でも、私たちの健康維持に役立っている菌のことをまとめて「善玉菌」と言います。

また、母乳には善玉菌のエサとなるオリゴ糖がたっぷり含まれているので、できれば母乳で育てるのが赤ちゃんの腸内環境のためには良いそうです。

腸の消化・吸収を促したり、体の免疫を高めるなどの役割があり、乳酸菌やビフィズス菌などがその代表格です。
善玉菌が減少すると、腸の働きが弱まり便秘がちになったり、免疫力が低下し風邪などのウイルスに感染しやすくなります。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内細菌は、ほとんどが善玉菌で、年齢を重ねるにつれその割合は減っていってしまいますが、食生活を意識することで善玉菌を増やすことは可能です。

【ちょっとした豆知識】
お腹の中にいる赤ちゃんは何も細菌を持っていない状態ですが、生まれてくる時に母親の産道を通り、その際に母親が持っている腸内細菌を赤ちゃんも引き継ぐと言われています。妊婦さんは、生まれてくる赤ちゃんのためにも腸内環境をしっかりと整えておくことが大切です。

 

悪玉菌や日和見菌は善玉菌の敵?

善玉菌が、健康維持に必要な細菌である一方、悪玉菌は腸内で有害な物質を作る悪者で、がんを引き起こす場合もあります。
また、腸内には日和見菌と呼ばれる細菌も存在しており、この菌はその時に優勢な菌と同じ働きをする性質を持っています。

つまり、善玉菌の方が優勢であれば、日和見菌は善玉菌としての役割をし、悪玉菌の方が優勢であれば悪玉菌としての役割をするというわけです。
悪玉菌は体に有害な細菌ではありますが、善玉菌は悪玉菌と戦うことによってその効果を発揮するので、悪玉菌もある程度は体内に必要な存在です。

大切なのは、常に善玉菌が優勢な腸内細菌バランスを維持することなのです。

 

善玉菌を増やしてキープするには?

善玉菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品だけでなく、醤油やみそ汁、納豆などにも多く含まれています。
また、善玉菌にとって理想的な腸内環境を作るために欠かせないのが食物繊維とオリゴ糖です。

食物繊維の摂取には、豆類や根菜類、こんにゃくなどを積極的に摂取しましょう。
善玉菌のエサとなるオリゴ糖は牛乳やバナナ、アスパラガスに含まれているので、バナナミルクスムージーはおすすめです。

一方、高たんぱく・高脂質の欧米の食文化は悪玉菌の大好物なので食べ過ぎには注意です。
悪玉菌が増えると、その分善玉菌が減ってしまうことになるので、和食中心の食生活が理想的と言えます。

 

あなたの腸内細菌バランスは大丈夫?

腸内細菌バランスが乱れると、便秘や肌荒れなどのトラブルが出ることもあります。
また、ストレスの多い人や、外食が多い人、生活リズムが不規則な人なども要注意です。

強いニオイのおならが出る人は、腸内で善玉菌が減少し、悪玉菌が優勢になっている可能性大です。
排便の際には便をよく観察しましょう。
理想的な便は黄土色で、バナナくらいの大きさ・形です。
こげ茶や黒っぽい便がでたり、固いコロコロとした便や逆に水っぽい下痢状の便などは腸内環境が悪くなっているサインです。

 

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top