• TOP
  • きづく
  • 90%の人が便秘中にヨーグルトは逆効果?安心なヨーグルトの食べ方
きづくきづく

90%の人が便秘中にヨーグルトは逆効果?安心なヨーグルトの食べ方

90%の人が便秘中にヨーグルトは逆効果?安心なヨーグルトの食べ方
ヨーグルトによる身体への効果や負担を、きづく
ヨーグルトは便秘改善に効果ありとよく耳にしますが、実は、逆効果になる場合もあります。

その原因は、間違ったヨーグルトの食べ方と、日本人の約9割が持つ「乳糖不耐症」という疾患であるとされています。

今回は「乳糖不耐症」について解説しながら、便秘改善のためのヨーグルトの正しい食べ方を紹介します。

ヨーグルトの食べ過ぎに注意!?乳糖不耐症とは?

 

 

乳製品に含まれる乳糖は、腸の中で酵素により分解され、吸収されます。
しかし、多くの日本人はこの酵素が少ないため、乳製品を多く食べ過ぎると乳糖がうまく消化吸収されず、腸内に留まります。

その結果、腸に負担がかかり、働きが悪くなるなることから便秘となります。
これが乳糖不耐症です。

便秘改善に良いヨーグルトですが、食べ過ぎは逆効果になりますので、適切な量で食べるということが大切です。

 

便秘とヨーグルトの関係

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在します。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌の1種で、腸内の善玉菌の働きを増加させ、腸内環境を改善します。
すると腸の排便の働きが促されるので、便秘改善に繋がります。

乳酸菌は胃酸によって壊され、その数は腸に届くまでに減少します。
しかし近年、乳酸菌を生きたまま腸に届ける技術が開発され、乳酸菌を生きたまま腸に届けるヨーグルトとして販売されており、更なる便秘改善効果が期待できます。

 

便秘改善に効果的なヨーグルトの正しい食べ方

オリゴ糖や食物繊維を多く含む食品をヨーグルトと合わせて摂取すると、便秘改善が期待できます。

オリゴ糖は善玉菌のエサになり、菌を増やします。
食物繊維は便のかさを増したり、水分を与えて排便を促します。

きな粉は両者が豊富に含まれる食品で、ヨーグルト100gにきな粉大さじ1の割合で混ぜて食べると効果的です。

ハチミツもオリゴ糖が豊富に含まれ効果が期待できますが、入れすぎるとカロリー過多になる可能性もあるので、食べすぎには注意です。

また胃酸の濃度が高い食前よりも食後に食べた方が、乳酸菌が生きて腸に届く効果が高くなるのでおすすめです。

ヨーグルトを食べる時のPOINT

・オリゴ糖や食物繊維を含む食品と混ぜて食べる
→きな粉やはちみつがおすすめ。

・食べるタイミングは胃酸が薄い食後に

・乳酸菌を生きたまま腸に届けれるヨーグルトを選ぶ

 

ヨーグルトを正しく食べて、便秘に悩まない生活を

ヨーグルトの便秘改善効果を期待するのであれば、やはり食べ過ぎには注意しなければなりません。

また、含まれている乳酸菌の種類によっても、便秘改善の働きをするものとそうでないものと、効果はさまざまですので、目的に合ったヨーグルトを選ぶことも大切です。

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top