• TOP
  • きづく
  • 【中々出ない】それは女性特有の便秘に原因あり?辛い便秘を解消する方法
きづくきづく

【中々出ない】それは女性特有の便秘に原因あり?辛い便秘を解消する方法

【中々出ない】それは女性特有の便秘に原因あり?辛い便秘を解消する方法
女性特有の便秘に、きづく
女性の便秘には女性特有の原因があります。

食事や生活習慣の見直しだけでは改善が難しい原因も潜んでいるので、今回はその原因と対策を紹介します。

 

女性の便秘の主な原因


便秘になる原因は男女共通として腸内環境の悪化や精神的ストレスからの消化器官の低下などが挙げられますが、女性の便秘には女性特有の原因が隠れている場合があります。

原因①女性ホルモン

女性は生理前になると、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。
この黄体ホルモンは排卵後分泌されますが、子宮の収縮から卵子を守る為に腸の働きを弱め、体に水分を溜め込みやすくなります。

黄体ホルモンが多量に分泌されることで、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、腸の働きが不安定になり、便秘になりやすくなります。
生理前は自律神経を整える卵胞ホルモンが低下する為イライラとしやすくなります。
そういったストレスも自律神経を乱し便秘の原因となります。
生理前に便秘になりやすい女性はこれらが原因です。

 

原因②筋肉量が少ない

筋肉が少ないと腸を動かす蠕動運動(ぜんどう運動)の働きが弱くなり腸内便が溜まりやすく便秘の原因となります。
特に女性は男性に比べ腸の筋力が弱い為、便秘になりがちです。

特に腸周りの腹筋を使うので、日頃から腹筋を鍛えることで便秘改善に繋がります。
便秘で運動不足だと感じる方は日頃の運動不足を解消するよう心がけましょう。

 

原因③無理なダイエット

女性は自分の体型に敏感な方が多いです。
今では2人に1人がダイエットをしているというからこれを見ているあなたもダイエット経験はあるのではないでしょうか?

しかし、無理に痩せようと極端に食事量を減らしたり、バランスの偏った方法でのダイエットは便の量が減り腸の動きも悪くなる為、便秘の原因となります。
また炭水化物抜きダイエットのような食事では水分不足となり便秘になりやすくなります。
食物繊維や水分、体に良い油分が不足することで、スムーズに排便できなくなってしまいます。

 

女性だけがなる直腸瘤(ちょくちょうりゅう)とは?

 

直腸瘤とは女性だけがなる、腸壁に出来るくぼみのことです。
くぼみの原因は直腸に便が溜まり、さらに便が出ないことで直腸にある便が腸内で膣側に押し出され出来てしまいます。
そしてこのくぼみ(直腸瘤)に便が引っかかることで肛門が便で閉じてしまうので、便秘になってしまいます。

・排便をしても残便感が残る
・少量の便しか出ない
・いきんでも便が出ない
・肛門の直前で便が止まる

これらの症状がある場合は「直腸性便秘」の可能性があります。
直腸性便秘は中年女性の方がなりやすく、腸機能が低下してくると便が出にくくなり直腸に溜まりやすくなりこの直腸性便秘になります。

また、いきむことでも直腸瘤が出来やすくなります。
いきむことで、腹部が圧迫されるので膣の方向に便が押し出され、直腸瘤が出来ます。

直腸性便秘解消方法

直腸性便秘は食事改善や運動など、一般的に言われている便秘改善法では改善は見えにくいです。
直腸性便秘の場合は排便する際に両手でお尻を上にあげながら排出することが解消法になります。
図のように尾てい骨部分を両手で上げます。

すると直腸瘤により折り曲がっていた直腸が持ち上がり真っすぐ肛門に向く為、直腸瘤で止まっていた便が出やすくなります。
【ポイント】は真っすぐ便意が起きた時に持ち上げることです。
するとゆっくりと、便が直腸から肛門に出てきます。

 

女性の便秘は1日も早く治したい理由

便秘が続くことで便が腸内に留まると、溜まった便から毒素が発生しガスが溜まります。
すると匂いの強いおならが頻繁に出るようになります。
おならとして出ないガスは血液に吸収されカラダ全体を巡り、口臭や体臭がきつくなります。

さらには腸の毒素が肌から排出されるので、女性には辛い肌荒れの原因にもなります。
すっきり排便できないことで、下腹部が重く、気分も優れず、イライラしてしまいます。
また、無理に排便しようと、力を入れすぎると、肛門あたりが切れて痔になるなど、女性にとって、困ることばかり起きてしまいます。

とにかく女性にとって便秘は1日でも早く治したい美容の敵なのです。

 

女性におすすめダイエットにも便秘改善にもよい食事

 

ある程度の量と質の良い便を作るために、食事にも気をつけるようにしましょう。
水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維をバランス良く取り入れるようにします。

オリゴ糖や乳酸菌の含まれた食品、オレイン酸やリノレン酸が含まれた体に良い油分を摂取することが大切です。
お茶に含まれるカテキンが腸内の悪玉菌を減らし腸の環境を整え、少量のカフェインは排便作用がありますので、毎日飲んでいる飲み物をお茶にかえる事で、便秘改善効果が期待できます。

妊娠中でも安心して飲めるカフェインが少ない三年番茶もおすすめです。
また、三年番茶は身体を温めてくれる為、冷え性の多い女性には特におすすめです。

 

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top