• TOP
  • きづく
  • 【お腹のゆるい方必見】突発的な下痢と長引く下痢の原因について
きづくきづく

【お腹のゆるい方必見】突発的な下痢と長引く下痢の原因について

【お腹のゆるい方必見】突発的な下痢と長引く下痢の原因について
大切な時に腹痛で困らないように。下痢の原因に、きづく
電車の中、デート中、会議や授業中など、突然腹痛になり下痢でつらい思いをした経験はありませんか?
そもそも、下痢の原因と症状はすべて同じなのでしょうか。

下痢は下痢でも突発的な下痢と、長引く下痢とでは原因が異なります。
症状によっても下痢の種類は違います。

悩まされている下痢の原因を知って、根本から改善できるかもしれません。
症状と原因について詳しくご紹介します。

何度も繰り返す下痢の症状と原因は?

何度も繰り返しては突然くる下痢の場合は、過敏性腸症候群(IBS)の場合が多いです。
腸の活動が活発な人が多く、体質にも関係しています。

【症状】

・1日に3回以上の下痢を頻繁にする。

・腹痛を伴い排便をし、排便を終えると一時的に腹痛と下痢から解放される。

・緊張する場面や、出勤時前などによく下痢になる。
ただし、夜中などの寝ている際には、下痢の症状はない。

これらの症状の原因は、全部一貫しています。

主にストレスや睡眠不足などにより、自律神経が乱れ、腸の動きが鈍くなり、腹痛や下痢を引き起こしてしてしまうのが原因です。

私もこのタイプで、会社に出勤する前、会議でプレゼンする前などによく下痢になります。

 

突発的にくる下痢の症状と原因は?

突発的な下痢は、急性的な下痢の場合が多いです。
慢性的な下痢に比べ、症状は重いですが、治りが早いのが特徴です。

【症状】

・急激な腹痛の後に下痢をする。
冷たい物を飲んだり食べたりした時や、クーラーなどでお腹が冷えた事が原因。

・下痢と同時に胃がキリキリもしくは、ムカムカする。
暴飲暴食によって、腸の炎症に伴い、胃の消化機能が落ちるのが原因。

・下痢の他に、発熱や嘔吐を伴う。
食中毒などが原因。

 

下痢になった時に気をつけたいこととは?

下痢の時は、脱水症状に気をつけて下さい。
下痢になり、頻繁にトイレに行く事で、体の水分が失われます。

脱水症状を放っておくと重症になりますのでトイレに行く毎に水分を摂取するよう心掛けましょう。
そして、水なしで飲める下痢止めの薬もありますが、継続して飲むのは避けて下さい。

薬に頼る生活になりますし、時期に身体が薬に慣れてくる為効き目も感じにくくなります。

また、原因が食中毒の場合は、薬で下痢を止めるのではなく体内の悪い物を全部出してしまうのが最善とされていますので、原因別に対処法も変えて下さい。

 

下痢改善に普段から気をつけたいこと

ストレスをためないようにしましょう。
ストレス社会で難しいかもしれませんが、自分のストレス発散方法を作るだけで違いますよ。

その他にも、ヨーグルトを積極的に摂るといいです。

ヨーグルトを食べる事で、腸内環境がよくなりますので、腹痛・下痢の改善になります。

普段の生活から気をつけて、下痢とさよならしましょう。

ちょう明茶
ちょう明茶
Page Top