ARTICLE テイコク健康推進課

今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!!外出先でもできる即効果ありの方法

今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!!外出先でもできる即効果ありの方法
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

春が近づいてくると気温が暖かくなりうれしいですか、花粉症の方は鼻水が止まらなくなり、つらい季節でもあります。鼻水は鼻の中に付いた花粉を取り除くために出されますが、鼻水が止まらなければ、仕事や家事が集中して行えません。そのため、花粉症の方にとっては、鼻水を止める方法は春の悩みの一つです。
鼻水を止める方法はいくつかありますが、どの方法を行えばいいか迷ってしまいます。そこで、今回は簡単に行える鼻水を止める方法であるツボ押しや、鼻づまりを解消するアロマケアについて紹介します。

なぜ、鼻水・鼻づまりが起きる?

鼻水・鼻づまりが起きる原因は多くありますが、多くの方が思い浮かべるのは、花粉症です。春になるとスギ花粉がたくさん飛び、鼻の中に入ってしまいます。

すると、鼻の中にある細胞に花粉が付き、「サイトカイン」というたんぱく質を放出します。この「サイトカイン」が血管や神経を刺激することにより、花粉症の症状である鼻水や鼻づまり、くしゃみが出るようになります。
鼻水は、血管が刺激され広がることにより、サラサラとした無色の止めることが難しい鼻水が出るようになります。

季節の変化や免疫力が下がることにより起こる、風邪も鼻水・鼻づまりの原因になります。風邪はウイルスにより引き起こされますが、このウイルスを身体の外に出すために、鼻水が大量に出るのです。しかし、鼻の中の粘膜が腫れてしまい、鼻水を鼻からうまく出せずに溜まってしまうと、蓄膿症になってしまいます。蓄膿症は、ひどい鼻づまりを起こし、ドロッとした黄色い鼻水を出るのが特徴です。風邪をひいたときにも黄色い鼻水が出ますが、これはウイルスが含まれているからです。

鼻水を止める方法

花粉症の時期は鼻水が垂れてきてしまい、ティッシュを手放せなくなりますよね。しかし、鼻水をティッシュでかんでばかりいると鼻が赤くなってしまい、ひどい場合には皮膚が切れてしまうこともあります。せっかくの外出も、マスクを取った時に鼻が赤くなっていると、台無しになってしまいます。

そこで、鼻水を止める方法で手軽に行えて即効性がある、ツボ押しを紹介します。ツボ押しは、3000年以上前から中国で行われていた古代中国医学です。東洋医学は医学的根拠が低いとされていましたが、最近ではツボ押しの根拠を説明している論文も発表されています。ツボ押しの良いところは、道具を使用せず気軽に行えて即効性があることです。そのため、外出先で鼻水を止める方法としておすすめできます。

ツボ押しのコツは、身体の中心に向かって押すことです。押す方向が間違っていると効果が現れにくくなってしまいます。押す力は強めに行い、5秒間押したら5秒間離し、時間にゆとりがある場合は5セット行うといいでしょう。

  • 印堂(いんどう)

印堂

鼻水を止めるだけではなく、目の疲労も解消してくれるツボです。左右の眉毛の間の真ん中にある眉間に圧痛点があります。中指を「印堂」に当て、頭の中心に向かって押してください。この時に、指を滑らせて目を傷つけないように注意してください。

  • 通天(つうてん)

通天

頭にあるツボで、「印堂」と同様に鼻水を止めるだけでなく、頭痛を解消してくれます。頭の頂点から左右ともに指の平2本分離れた位置に圧痛点があります。左右のツボに中指を当て、頭の中心に向かって押します。

この2つのツボはすぐに押すことができるので、運転中に赤信号で止まっている時や待ち合わせ中に押すことができます。大切な会議やデートの前にこのツボを刺激することにより、鼻水が気にならなくなります。

鼻づまりを解消する方法

鼻づまりになると鼻で呼吸ができなくなり、口で呼吸をするようになります。口呼吸を続けていると、口の中が乾燥したり、のどにほこりやウイルスが付いたりしてしまい、のどを痛めてしまいます。また、鼻づまりが長時間続くと集中力が低下し、仕事や勉強、家事などの効率が悪くなります。作業中に鼻づまりが気になってしまい、イライラしたことがある方は多くいるはずです。鼻づまりの時に無理に力を入れて鼻水をかんでも、通り道が狭くなっているため思うように鼻水が出ず、反対に鼻の中を傷つけてしまうので注意しましょう。

  • ツボ押し

外出先ですぐに鼻づまりを解消したいときは「迎香」というツボを押すのがおすすめです。
小鼻のわきにある少しへこんでいる場所が迎香のツボです。ここを指先でくるくるとマッサージをするように押します。あまり力を入れすぎないようにするのがポイントです。次第に鼻がすっきりしてきますので、そうなるまで続けましょう。

  • アロマを使う

アロマアロマは嗅覚を利用して鼻づまりを解消することができます。
使用する香りは、「ユーカリ」「ペパーミント」です。自宅にアロマディフューザーがある方は、どちらかのアロマオイルを使用してみてください。アロマディフューザーが無くても、簡単にアロマケアを行える方法もあります。マグカップにお湯を入れて、この中にアロマを入れます。すると、マグカップの中からアロマの香りがしてきます。大きめのバケツに45°~50°のお湯を入れ、この中にアロマを入れて足湯をすることもおすすめです。鼻づまりの解消に加えて、リラックス効果や冷え性対策にもなります。

  • 温める

鼻づまりを解消する方法として、昔からいわれているのは鼻を「温める」ことです。鼻を温めることにより、鼻の中の血流が良くなって、通り道が広がります。鼻を温める方法としておすすめなのは、蒸しタオルを鼻の上に置く方法です。蒸しタオルをつくる方法は、水で濡らしたタオルをしっかりとしぼり、電子レンジで30秒ほど温めるだけです。蒸しタオルを寝る前や作業前に鼻の上に乗せることにより、鼻づまりを解消することができます。また、しっかりと加湿することも大切になりますので、マスクをして外出をしたり、水分補給をしっかりと行うといいでしょう。

続けられる方法を選ぶことが大切

鼻水や鼻づまりを止める方法はいくつもありますが、自分が続けて行える方法を選ぶことが大切です。無理に対策を行うと、身体の他の部分がストレスを感じてしまうこともあります。

毎日コツコツと続けて行うことにより、鼻水や鼻づまりによるストレスを感じることが少なくなります。花粉症によるストレスを解消して、素敵な春を満喫してください。

 

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (5 投票, 平均点: 4.60)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!!外出先でもできる即効果ありの方法
    今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!!外出先でもできる即効果ありの方法
  2. 【薬剤師監修】便秘に効くお茶の選び方
    【薬剤師監修】便秘に効くお茶の選び方
  3. 【管理栄養士監修】花粉症対策の食べ物・飲み物はこれで決まり!
    【管理栄養士監修】花粉症対策の食べ物・飲み物はこれで決まり!
  4. 【寒暖差に負けない対策法】季節の変わり目に起きる体調不良の原因は?
    【寒暖差に負けない対策法】季節の変わり目に起きる体調不良の原因は?
  5. 生理中の悩みを助ける食べ物10選!管理栄養士考案の女子にやさしいレシピも紹介
    生理中の悩みを助ける食べ物10選!管理栄養士考案の女子にやさしいレシピも紹介