ARTICLE テイコク健康推進課

花粉に負けない強い身体になろう!きっと役立つ花粉症対策を紹介!

 / 
花粉に負けない強い身体になろう!きっと役立つ花粉症対策を紹介!

くしゃみ、鼻水に目のかゆみと、つらい症状の花粉症。
中には、身体が重くなり、頭もボーっとしてくるほど症状の重い人がいます。

花粉症を和らげる薬はたくさん販売されていますが、花粉症の抜本的な対策として、アレルギー症状を和らげ、花粉症を改善するアレルゲン免疫療法を受ける人も増えています。

アレルゲン免疫療法は、アレルギー症状を根本から治したり、長期にわたって症状をおさえる可能性のある治療法です。

特に、舌の下に治療薬を投与する舌下免疫療法は、2014年10月から保険適用となった治療法です。
しかし、低確率ではありますが、アナフィラキシーショックのような重大な副作用が出る可能性が否定されていません。

ここでは、副作用も心配なく安心の花粉症対策、お薬に頼らずに自分でもできる花粉症対策をご紹介します。

花粉症の原因について

花粉症

花粉症の原因は、花粉に対する身体の過剰反応によるものです。

人には、外界のウィルスや細菌等が身体の中に入ってきたとき、自分の生命を守るために、これらの異物を対外に排出しようとする仕組みである免疫が備わっています。

この免疫が、ある特定の物質に対して過剰に働き、身体に不愉快な症状をもたらすことをアレルギーといいます。

アレルギー性の病気には、アトピー性皮膚炎、じんましん、食物アレルギー、気管支炎ぜん息があげられ、花粉症もこのうちの一つです。

花粉症は、花粉への過剰な免疫反応が原因ですが、免疫システムにはストレスが大きく関係していることがわかっています。

強いストレスを抱えていると、免疫の働きが乱れ、今までは問題がなかった物質に対してもアレルギー反応がおきる場合やアレルギーの症状がいつもより悪化することがあります。

特に、腸には免疫細胞が身体の60%も存在しており、さらに、腸は敏感にストレスに反応することが知られています。

 

花粉症を悪化させる要注意の行動パターンと食事

花粉症

花粉症で鼻がつまっていると食べ物の香り、味がよくわからなくなります。そのため食欲が低下し食事量が減る人がいます。

また、鼻づまりや、目のかゆみといった症状があると、なかなかぐっすり眠ることができません。

このように、生活のリズムが不安定になると自律神経が乱れます。
すると、身体は花粉症のアレルギー症状を和らげる力を発揮することができず、症状を悪化させます。

また、生活習慣の乱れ以外にも飲み物や食べ物で花粉症を悪化させるNGな物があります。

激辛食品や、熱すぎるもの、お酒などの刺激物は、鼻の粘膜の毛細血管を広げ、うっ血や充血を引き起こすことから、鼻づまりをひどくします。

肉や卵などの高タンパク食品も、食べ過ぎは花粉症の悪化につながります。

 

今日から実行できる!花粉症対策

花粉症対策

花粉症対策として、第一に大切なのは、原因である花粉を極力身体の中に入れないようにすることです。

花粉との接触を減らす手段

①外出時のマスクやメガネの着用

②花粉がたくさん飛んでいる際は外出を控える
→最近では、花粉飛散量が分かるアプリがあります。

③帰宅時の手洗い・うがい

④ペットの毛についた花粉をしっかり払う
→ペットの毛は花粉の温床になっている為しっかり払います。

しかし、完全に花粉をシャットアウトすることは不可能です。
そこで、身体に入ってしまった花粉に対するアレルギー反応を、いかに抑えるかが重要な花粉症対策となります。

花粉のアレルギー反応を抑える対策

①疲労をためない
→睡眠を十分にとり疲労からくるアレルギー反応を抑えます。

②ストレスをためない
→運動して気分転換するなど、上手にストレスを解消してリラックスするようにします。

③アルコールや刺激物を避ける

人によって反応に違いがあるため、何が花粉症を悪化させているかよく観察するようにします。
花粉症の時期にはご自身にとってのNG食品や飲料を避けるようにして、少しでも楽に過ごせるようにしましょう。

 

基本の食事の見直しで花粉症対策!花粉に負けない身体づくり

健康

日本ではじめて花粉症が報告されたのは1960年代です。

そして、1980年代から爆発的に増え、今では日本人の5人に1人は花粉症を発症しているそうです。

日本で最も多いのはスギ花粉症で、戦後の植林による花粉飛散量の増加が一因だといわれています。
しかし、実は、スギ花粉症だけではなく、現在、アレルギー患者の数が多く増えています。

その原因が食生活の乱れが影響を与えているといわれています。
この問題は、食生活の見直しが重要です。そして、腸細菌の最適なバランスを保ち免疫力を上げることが大切です。

腸内細菌のバランスを保つには、日本に昔からある発酵食品や食物繊維を多く含む食べ物を日常的に食べることが有効です。
この基準を簡単に満たす食材が、玄米・ご飯・お味噌汁のように、ちょっと前の日本人の食事です。
さらに、有機野菜をふんだんに取り入れると鉄板食!となりますが、これは、海外セレブに実践者が多いマクロビオティックの食事と似ています。

実際、某ビッグネームのマクロビアンである海外歌手の息子は、マクロビ食を食べて10日でアレルギー症状が改善したともいわれています。
即効性の発揮には個人差がありますが、味噌や玄米が入手困難な海外と違い、日本ではこれらの食品がどこでも手に入るのが魅力です。

マクロビ食で腸細菌のバランスを整え、自ら免疫アップを目指す花粉症対策を実践するにはとても恵まれた環境にあります。

 

自分を変えていこう!花粉症対策のカギ

カギ

昔はなかった花粉症。

もちろん、今飛んでいる花粉の量は昔の何倍もの量になっています。
一方、私たちのライフスタイルも大きく変わり、現代人の免疫力は低下しているといわれます。

今のところ、花粉の飛散量を一気に少なくすることは難しいので、自分で自分を守るしかありません。

薬に頼らない花粉症対策は、次の3つにまとめられます。

花粉症対策POINT

・花粉を体に入れない
・花粉へのアレルギー反応を悪化させない生活習慣を身に付ける
・食生活をの見直しから腸環境を整え、免疫力を上げる

これらの対策にトライして、花粉症に悩まされない身体に変えていきましょう!

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
読み込み中...

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】