ARTICLE テイコク健康推進課

「むくみ」をスッキリ解消!翌日に持ち越さないためのマッサージや改善法を紹介

「むくみ」をスッキリ解消!翌日に持ち越さないためのマッサージや改善法を紹介
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

朝起きたら目が腫れていたり、両足がパンパンになり靴が入りくいという経験は一度はあるかと思います。それを「むくみ」と言います。では何故、顔や足がむくむのでしょう?ここでは、その原因と翌日に持ち越さないマッサージを紹介します。

むくんでいる状態とは?

むくみとは、リンパ管や静脈の流れが悪くなることで、体内の老廃物や不要な水が溜まり、細胞と細胞の間に通常よりも多く水分が残っている状態です。疲れが溜まっている時に起きやすい症状で、朝起きた時や夕方に起きる事が多いです。

むくみの原因は?

むくみの原因は長時間姿勢をキープしていたり、お酒の飲み過ぎ、水分の摂りすぎが原因とされています。また、腎機能や肝機能の低下、高血圧、心臓系の疾患の場合もむくみの原因になります。

むくみを取る方法について

では、むくみが出た時にどのように解消すれば良いのか部位別にマッサージやストレッチ、その他の解消法を紹介します。

部位①:顔のむくみ

  • マッサージの方法

親指以外の指を顎に当て、左右の耳元までゆっくり水分を押し出すイメージで10回程引き上げるだけです。

  • ストレッチの方法

「い」の口の形がむくみ解消に良いとされています。左右の口角を引き上げる感じで20回程行います。むくみ以外にほうれい線予防にも効果がありますよ。

  • その他の方法

朝起きた時の「白湯」はむくみに効果的です。白湯で内臓が温まると血流が良くなり、消化器官も活発に働きます。すると体内の老廃物が排出されやすくなるのでむくみ解消に繋がります。

部位②:足のむくみ

  • マッサージの方法

足の指先からふくらはぎにかけて、指先から上に向かってリンパの流れに沿いながらマッサージをします。強くする必要はなく、皮膚表面をなぞる感覚でマッサージをします。

  • ストレッチの方法

立っている状態の時・・・太ももを上げるように足踏みをする
座っている状態の時・・・椅子に座ったまま爪先を上に向け下ろすを繰り返す

  • その他の方法

寝る時にバスタオルを足の下に置き足の位置を高くします。血液は高い位置から低い位置に流れていくので、足に溜まった老廃物が流れむくみの解消へと繋がります。

シーン別のむくみ対策法

仕事帰り(デスクワークの場合)

原因:同じ姿勢をキープしているデスクワークではむくみやすく、疲労も溜まります。先程書いた通り、血液は高い位置から低い位置へと流れるので、長時間同じ姿勢でいる事が多いデスクワークのでは、足に老廃物が溜まります。

解消法:デスクワーク中で大きく動くことができない場合、爪先を上げたり、軽い屈伸運動がおすすめです。また、時折立ち上がったり、椅子に座りながら足をマッサージするといいでしょう。

飲み会帰り

原因:お酒は血管を拡張させる作用があります。この拡張した血管から水分が細胞に漏れ出てむくむとされています。

解消法:一番は飲み過ぎないことです。また、お酒とお酒の間に水を飲みアルコール濃度を下げ血管の拡張を抑えるか、こまめにトイレに行き排尿し体内に水分を溜めないようにします。

朝起きた時

原因:朝起きた時にむくんでいるのは前日にお酒を飲み過ぎたり、水を大量に飲んでいる時に多いです。お酒は先程の通り血管拡張で水分が細胞に漏れだすことでむくみます。水分の摂りすぎは血管内に多くの水分が溢れてしまい、それが漏れ出す事でむくみとなります。

解消法:トイレに細目にいき、余分な水分を排出します。お酒を飲んだ時は体内の水分が不足しやすいので、軽い脱水症状になるので注意しましょう。

立ち仕事・歩きすぎの時

原因:立ち続けると、デスクワーク時同様、足に老廃物が溜まります。

解消法:立ち仕事中に屈伸運動や爪先を上げたり、太ももを上げたりと体を動かすようにし血流の流れを良くすればむくみ解消に効果があります。逆に歩きすぎの場合、適度に休憩をとり、足をマッサージしたりすると良いです。靴下等で締め付けがある場合、脱ぐだけでもむくみを軽減する事が出来ます。

むくみ解消に良い食べ物と悪い食べ物について

むくみ解消に良い食事

血液中の塩分濃度を下げるとむくみ解消に繋がります。
アボカド・バナナ・ほうれん草などは体内の塩分を外に出す働きがありますので、血液中の塩分濃度も下げる効果があります。また、きゅうり・ごぼうに含まれているサポニンという成分は体内の水分量を調整してくれるので、こちらも効果が期待出来ます。

むくみやすい食べ物

塩分濃度の影響でむくんでしまいますので、塩分が多い食事はむくみやすいと言えます。漬物・梅干し・加工食品等は塩分が多く含まれていますので、むくみやすい人はなるべく避けるのがいいでしょう。むくみを解消する事もですが、予防する事も大事です。普段の生活習慣を見直してみる機会になるといいです。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (1 投票, 平均点: 4.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!外出先でも手軽にできる即効果ありの方法~ツボとその他~
    今すぐどうにかしたい鼻水・鼻づまり!外出先でも手軽にできる即効果ありの方法~ツボとその他~
  2. 【薬剤師監修】便秘に効くお茶の選び方
    【薬剤師監修】便秘に効くお茶の選び方
  3. 【寒暖差に負けない対策法】季節の変わり目に起きる体調不良の原因は?
    【寒暖差に負けない対策法】季節の変わり目に起きる体調不良の原因は?
  4. 【管理栄養士監修】花粉症対策の食べ物・飲み物はこれで決まり!
    【管理栄養士監修】花粉症対策の食べ物・飲み物はこれで決まり!
  5. ゲップが多い人は注意!?体に潜む病気の信号・止める方法はあるの?
    ゲップが多い人は注意!?体に潜む病気の信号・止める方法はあるの?