ARTICLE テイコク健康推進課

【胃のムカムカや不快を感じたら】自宅で簡単!胸やけを解消するツボなど10個紹介

 / 
【胃のムカムカや不快を感じたら】自宅で簡単!胸やけを解消するツボなど10個紹介
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

胸のあたりに嫌な違和感を覚えたことはないですか?

「なんだかみぞおちあたりがムカムカする・・・」
「胸のあたりが焼けるような感じ」
といった違和感の正体は胸やけです。

さらにその原因は、『胃酸の逆流』によるものです。

本来、食べ物は口から入り食道を通過後、胃の中で胃酸に消化されますが、その胃酸が食道へ逆流してしまうことがあります。
すると食道が荒れ、胸やけが起ります。
では、どのように対処したらよいのでしょうか?

胃のムカムカを感じた時に!胸やけ対処法10選

胸やけの原因となる胃酸の逆流は、消化器の不調や胃液の逆流を防いでくれる「下部食道括約筋」の衰えなどから起こります。
それらを予防する対処法をご紹介します。

 ①アロエを摂取する

胸やけ解消①アロエを食べる

アロエに含まれる抗炎症成分が荒れた胃や食道を正常な状態へ戻し、胸やけを解消してくれます。
アロエの葉から緑色の部分を取り除いて食べたり汁を絞って飲んだりするとよいですが、なかなか手に入りませんよね。
そんな時は、市販のアロエヨーグルトやジュースも効果的です。

 ②生姜を食べる

胸やけ解消②生姜を食べる

生姜には、胃を活性化させて消化を助ける効果があります。
しかし、摂取しすぎると刺激が強く逆効果なので、1日5グラム程度(小さじ1杯程度)が目安となります。

 ③枕を高くして寝る

胸やけ解消③枕を高くして寝る

頭を低くして寝ると重力が働かなくなり、胃酸が逆流しやすい状態となります。
それを防ぐために、頭の位置が胃の入り口より高くなるようにして寝ましょう。

対処法としては、枕や毛布を重ねて高さを出したり、市販の傾斜がついた枕を購入したりするとよいでしょう。

 ④ゆるい服に着替える

胸やけ解消④ゆるい服に着替える

ベルトやガーターなどの腹部の締め付けがきつい服を着ると、圧力で胃液が食道へ逆流し、胸やけが起こりやすくなります。
極力腹部がゆったりとした服を選びましょう。

 ⑤乳製品をとる

胸やけ解消⑤乳製品をとる

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、食道を保護したり、消化器の調子を整えてくれます。

特に牛乳は、食前に飲むと食道に膜を張り胃液による炎症を防ぎます。胸やけに悩む方は是非、摂取したい食品です。
しかし、脂質の多い生クリームは消化が良くないので逆効果です。低脂肪の製品を選びましょう。

⑥ 決まった時間に食事をとる

胸やけ解消⑥ 決まった時間に食事をとる

朝食を抜いたり、食事のリズムが不規則だと下部食道括約筋が弱まる原因になります。
特に夜食は、胃酸の分泌を増やし胃に負担をかけるので、朝食・昼食・夕食は規則正しい時間に摂り、夜食は控えて下さい。

 ツボを押す(押し方と場所)

⑦胸やけに効果的なツボ:ちゅうかん

お腹にあるツボが胃の消化を助け、胸やけの対処法として有効です。
ツボの場所は、おへそから指4本分上の部分です。
その辺りをさすったり、指で優しく押したりして刺激しましょう。
胃の消化を助けるツボ・ちゅうかん

⑧胸やけに効果的なツボ:かくゆ

背中にある「かくゆ」というツボは、胃の調子を良くしてくれるので胸やけに効きます。場所は、肩甲骨の下側の高さで、背骨から指2本分のところにあります。左右二箇所にあるので、両手押し込む様に刺激します。背中にあるツボなので、ご家族に押してもらうか、床にボールを置き、その上に寝転んでツボを刺激しましょう。
胸やけを改善するツボ・かくゆ

⑨ガムを噛む

胸やけ解消⑨ガムを噛む

意外に思われるかもしれませんが、ガムを噛むことも有効な胸やけ対処法です。
ガムを噛むことで唾液が分泌され、胃へ流れていき、胸やけを引き起こす胃酸を中和してくれます。

出来ればシュガーレスのガムを選び、刺激になる柑橘系の味は避けましょう。

 ⑩薬に頼る

胸やけ解消⑩薬に頼る

今は、胸やけに対処する市販薬が多く発売されています。
ドラックストアでも購入出来ますので、色々試してみても胸やけの症状が改善されない場合は、試してみましょう。

胃酸の逆流の原因になっている?胸やけを起こすNG行動5つ

胸やけを起こすNG行動

次に胸やけを起こすNG行動です。

  • 食べた後、すぐに寝る

胃の中に食べ物が残った状態で横になると、胃酸が食道に長い時間とどまり、胸やけを引き起こします。
とても満腹の状態で寝ると、「ウップ」となることがありますよね。

極力、眠る前の2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。
どうしても寝る前に食事をとる場合は、スープなどの消化がよい物にし、頭を高くして寝ましょう。

  • 食べ過ぎ、飲みすぎ

暴飲暴食は胃に負担をかけ、胸やけの原因になります。
適切な食事量とバランスの良い食事を心がけるとともに、アルコールの摂りすぎは避けましょう。

  • たばこの吸い過ぎ

喫煙は、胃液の逆流を防いでくれる下部食道括約筋の活動を弱めます。
さらに、胃や食道に負担もかけますので、喫煙は出来るだけ控えるようにしましょう。

  • 食べてすぐに運動をする

食後、すぐに激しい運動をすると、消化を妨げてしまい胸やけの原因になります。
食後は、最低でも30分以上空けてから運動をするようにしましょう。

  • 刺激物を摂取する

香辛料やアルコール・カフェインなど刺激が強い食品は、胃を荒らし、胃酸の分泌量が増えるので控えましょう。
胸やけがひどい時は、極力摂取しないのが正解です。

まとめ

胸やけは、健康な人でもなることがあります。
「ただの胸やけだから…」と思ってしまいがちですが、たかが胸やけと高をくくっていると、大きなトラブルが隠れているかもしれません。

まずは、ご紹介した対処法を試してみて、改善されないようでしたら病院の受診をお勧めします。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (6 投票, 平均点: 4.50)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘だから下剤成分の入っていない、からだにやさしいお茶を】便秘に効果的なお茶の選び方
    【便秘だから下剤成分の入っていない、からだにやさしいお茶を】便秘に効果的なお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】