ARTICLE テイコク健康推進課

腰痛は筋肉の衰えのサイン?腰痛を解消するおすすめストレッチを紹介

 / 
腰痛は筋肉の衰えのサイン?腰痛を解消するおすすめストレッチを紹介

[su_box title=”腰痛の本当の原因に、きづく” box_color=”#eb6464″ radius=”1″]腰痛が長引くと、重いものを持つことが出来なくなったり、長時間座っていることが出来なくなったり、普段の何気ない動作にも支障が出てしまいます。

言い換えると、腰痛が解消されると生活がぐっと楽になります。

腰痛の原因は主に筋力の衰えだと言われており、腰痛対策ストレッチを継続することで、腰痛を解消できます。

今回は、具体的に腰痛を解消するために効果的な腰痛解消ストレッチや食事について紹介します。[/su_box]

 

辛い腰痛の原因は腰ではなく筋肉の衰え?

腰痛
腰痛は、腰に原因があると考える人も少なくありません。
しかし、実は筋肉の衰えも腰痛の原因の1つだと言われています。

長時間同じ姿勢を続けると、特に腰の筋肉に負担がかかり、その部分の筋肉を硬くして姿勢を保とうとします。
硬くなった筋肉の周りは血行が妨げられ、酸欠状態になります。

酸素が足りなくなるとその部分には痛みの成分が現れます。
この痛みの成分も血流と共に流れるので、長時間同じ姿勢だと腰に痛みの成分が留まり、腰痛という症状となって体に現れます、

また、腰痛が続くと姿勢も悪くなり、更に腰に負担がかかるようになります。
姿勢を保つ筋肉は腰の周りにある筋肉なので、筋肉が弱くなると姿勢を保つことが難しくなり、悪循環を繰り返しやすくなります。

 

腰痛を解消!筋肉をほぐすストレッチ

腰痛

筋肉をほぐす際に、簡単で続けやすい方法が、腰痛解消ストレッチです。
続けて行うことで、腰痛は和らぎ、解消されます。
下記に、おすすめストレッチを紹介します。

腸腰筋ストレッチ

①膝立ちの状態から左の膝が90度になるように前に突き出します。
②次に両手を左ももの上に乗せて右の股関節を押し出すように動かし、その状態を10秒キープします。
③これを2~3回繰り返しましょう。

このストレッチは血行不良・背骨の歪みに特に効果的です。
継続すると、硬い筋肉もほぐれていきます。

 

腰痛解消に効果的な食事

ナッツ類
腰痛は、筋肉や神経が疲労して起きることもあります。

以下に挙げる筋肉や神経の疲れに効果的な食事を積極的に摂ることで、腰痛解消につながります。

疲れを解消するために効果的な栄養素は、ビタミンB1やビタミンEと考えられています。

ビタミンB1は豚肉や豆類に多く含まれており、体内の新陳代謝を活性化し、糖質の利用効率が高まり、身体の中からエネルギーが沸いてきやすくなります。

ビタミンEは疲労の元となる活性酵素や疲労物質である乳酸を取り除く働きがあります。
体の中の疲労物質が取り除かれるので、疲労感が軽減されます。
ビタミンEを摂取したいときは、アーモンドをおやつ代わりに食べると手軽で簡単でしょう。
また、飲み物を水から緑茶にするのもベストです。

食事を改善することで、筋肉や神経の疲労も解消されていきます。

 

どうしても痛いと感じた場合

腰痛
腰痛がひどいときは、筋肉をほぐすストレッチや食事の見直しをしましょう。

腰痛になる原因は人それぞれですが、原因が特定できるもの(椎間板ヘルニアや、臓器の病気など)は、わずか15%と考えられています。
残りの85%は、画像検査などで腰痛の原因がはっきり分からないことがあります。
身体的影響や心理的影響など、複雑な要因が重なり痛みが慢性化することも、少なくありません。

痛みを我慢しすぎてストレスを溜め込まないように、自分に合った腰痛解消方法を探していきましょう。

 

監修
飯澤 宣尚(いいざわ のぶひさ)
作業療法士として精神科病院を勤務後、単身豪州で精神科デイケア施設で勤務。
帰国後、病院でのリハビリ、通所デイケア・訪問リハビリ施設、老人保健施設で勤務。
理学療法士の免許を取得後、急性期病院で勤務。
現在は、小規模多機能型居宅介護施設の施設長として勤務している。

 

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
読み込み中...

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】