ARTICLE お役立ちコラム

【経験談】夜中にオエッ!お酒も飲んでいないのになぜ?それは逆流性食道炎かも!

【経験談】夜中にオエッ!お酒も飲んでいないのになぜ?それは逆流性食道炎かも!
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

夜中にオエッ!お酒も飲んでいないのになぜ?それは逆流性食道炎かも!

お酒も飲んでいないのに夜中にオエッ!と吐き気を催し、眠れなくなったことはありませんか?
それは、逆流性食道炎の症状かもしれません。

逆流性食道炎の正しい知識を学びましょう。

胃食道逆流症と言われる病気の種類に分類されている「逆流性食道炎」とは?

胃食道逆流症と言われる病気の種類に分類されている「逆流性食道炎」とは?
「逆流性食道炎」とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気のことをいいます。

実は筆者も、過去に逆流性食道炎を患った経験があります。

丁度仕事で業務量が激増し毎日帰宅が午前様になっていた時期で、その業務内容にはクレーム処理や非常に複雑な見積業務もあり、当時いた上司のパワハラもあり、未明に布団に入っても、寝入りばなにいきなり胃から食道に甘酸っぱい液体がこみあげてきて、お酒も飲んでいないのに激しい吐き気に襲われます。

この症状が半年間続き、最終的には病院のお世話になりました(いまは完治しています!)。

逆流性食道炎は「胃食道逆流症(GERD・Gastro Esophageal Reflux Diseaseの略)」の一種に分類され、この胃食道逆流の中に「逆流性食道炎」「非びらん性胃食道逆流症(NERD・Non-Erosive Reflux Diseaseの略)」の2つがあります。

いずれの場合も胸やけが起きると言われていますが(逆流性食道炎の場合は無症状の場合もありますが)、大きな違いは食道内に炎症、「びらん」や「潰瘍」が出るか出ないかの違いです。

食道内に炎症が現れる場合は逆流性食道炎、出ない場合は非びらん性胃食道逆流症です。

逆流性食道炎は、放置し悪化すると、最悪は食道がんに発展してしまうことだってあるんです!

逆流性食道炎の代表的な症状はどんなものがある?

逆流性食道炎に代表される症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 呑酸(どんさん)

胃の内容物が、胃から喉元まで上がってきて、再び下がることをいいます。
口や喉に酸っぱい、あるいは苦い感じが込み上げてくる感覚です。

  • 胸やけ

脂っこいものをたくさん食べたり、お酒をたくさん飲んだりしていなくても胸やけがします。

  • 胸の痛み

心臓病にも似た胸の痛みが出ることがあると言われています。
つまり、かなりの激痛です。

  • のどの異常

風邪でもないのによく咳き込む、声が枯れる、常に喉がいがらっぽい等、食道に関係ない症状が現れることがあります。

 

逆流性食道炎で夜中に胃内容物が食道にこみ上げ、呼吸困難で死亡してしまった方もいるそうです。
そう考えると、本当に恐ろしい病気です。

 

※余談ですが、世界的に有名な伝説のロックバンドのドラマーが、大量のお酒(ウォッカ)を飲み、嘔吐物を詰まらせて呼吸困難になり、若くしてこの世を去ったことは、バンドマニアの間で有名です。

このときの死因も、過剰なアルコール摂取による逆流性食道炎が起き、嘔吐物がこみあげてしまったせいではないか?という説もあります。
このドラマーは筆者も本当に大好き、本当に格好良かっただけに、今でも涙が出そうです・・・

 

逆流性食道炎を引き起こす原因【主に生活習慣が原因!?】

逆流性食道炎を引き起こす原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
基本的には、先天性の疾患というよりも、日頃の生活に起因するものが多いようです。

まず、逆流性食道炎が起きてしまう身体のメカニズムを簡単に紹介します。
人間の胃と食道の間をブロックする為、この境目(噴門部・ふんもんぶ)を開け閉めする為の下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉があります。

逆流性食道炎は、この筋肉の力が弱まる為に引き起こされると言われています。

この下部食道括約筋を弱める原因には以下のようなものがあると言われています。

  • 暴飲暴食・不規則な食事・栄養の偏った食事

逆流性食道炎の原因①暴飲暴食・不規則な食事・栄養の偏った食事

これがいちばんではないかと言われています。

お酒をよく飲む人、脂っこい料理・味の濃い食べ物が大好きな人は逆流性食道炎になりやすいと言われています。
また、寝る前にご飯を食べたりお酒を飲むのもよくないと言われています。

逆流性食道炎の患者さんには肥満気味の人が多いというデータがあるそうですが、これは、肥満の方は胃をはじめとした内臓に常に圧力がかかっている状態(腹圧が上がっている状態)ですので噴門を閉める筋力に腹圧が勝ってしまい、胃内容物の逆流を止められない、というメカニズムです。

  • ストレス

逆流性食道炎の原因②ストレス

日頃のストレスにより、腹圧が上がっている状態になってしまう方も大変多いようです。

  • 喫煙

逆流性食道炎の原因③喫煙

喫煙も腹圧を上げる原因の一つと言われています。

  • 便秘

逆流性食道炎の原因④便秘

便秘も腹圧を上げる原因の一つです。

筆者が逆流性食道炎患っていたときのことを考えると、これらがすべて当てはまります!

仕事のストレスから日中はタバコの本数と甘~い缶コーヒーを飲む機会が増え、居酒屋でやけ酒を呑むと一軒でタバコを一箱吸い、家に帰るとお腹が空くので、コンビニのフライドチキンや揚げ物たっぷりの弁当を食べ、満腹で眠くなりそのまま布団へ・・・

当時は独り者でしたが、このような生活を繰り返していくうちに逆流性食道炎になってしまいました。

 逆流性食道炎の治療方法(進行度合い別に紹介)

 逆流性食道炎の治療方法(進行度合い別に紹介)

逆流性食道炎の治療はどのような方法でしょうか?

進行度合いにより治療方法は異なりますが、まずは内視鏡検査で食道の荒れ具合を調べるケースが多いようです。
食道内部の炎症の有無、潰瘍の有無を調べます。
ほかにも、食道内pH測定や内圧測定、上部消化管X線検査を行う場合もあります。

検査の結果、炎症の度合いや潰瘍の大きさがそれほどでもない場合は投薬治療からスタートするケースが多いようです。

胃酸分泌を抑制する(胃内を中和させる)目的で、PPI(プロトンポンプ阻害薬)という薬が処方されたり、胃内容の逆流防止・食道運動促進を目的に、消化管運動機能改善薬が用いられることもあります。

また、食道粘膜を直接保護する薬剤も用いられます。

投薬治療でも症状が改善されない場合や潰瘍がある程度の大きさになると、手術療法になります。
手術が必要になるまで症状が悪化している場合は、食道裂孔ヘルニアを併発しているケースが多いようです。

一般的には腹腔鏡手術、つまり、お腹の皮膚を数ヶ所、3-5mm程度小切開し、そこから内視鏡や細い手術器具を入れて行う手術で行われるようです。
通常であれば手術時間は約90~120分、入院期間は3日程度と言われています。

 逆流性食道炎にならないようにする為の予防法はある?

逆流性食道炎にならないようにする為の予防法はある?

このように、つらい逆流性食道炎にならないようにするにはどうすればよいでしょうか?

逆流性食道炎の予防法①生活習慣を見直す

これがいちばん重要です。

早寝早起き、朝昼晩3食のご飯を規則正しい時間に食べ、適度な運動を行う、これが一番です!
肥満にならぬよう、高カロリー・高コレステロール食を控え、野菜や海藻類、乳製品をバランスよく食べるようにしましょう。

ただし、食事制限は大変つらく、長続きしないのもまた事実です(筆者もできませんでした・苦笑)。
そのような方は、好きなものはあまり我慢せずしっかり食べ、その分、体を動かして消費するようにしましょう!

筆者は逆流性食道炎になる前と後で約10キロ体重が変わりましたが、体重が落ちた時期はむしろあまり食事制限はしませんでした。

その代わり、1日1時間の筋トレ(かつて流行したビ〇―軍曹の下に入隊・笑)を3か月続け、休みの日も銀玉球技や回胴遊戯をやめ、違う楽しみを見つけました。
モリモリ食べても細マッチョ、理想的でしたね~

※今でも筋肉は落ちていませんが、内臓脂肪が増えてきており・・・・(苦笑)

逆流性食道炎の予防法②ストレスを溜めない

ストレスも逆流性食道炎の大敵です。

ストレスはとにかく溜めないことがいちばんです。
ストレスが溜まると腹圧も上昇しますし、ストレス解消の為にお酒やたばこ等、身体に悪い方向に進んでしまいがちです。

何かストレスを発散できる方法を、自分なりに見つけましょう。

※筆者は、あまりにも頭にきてムカムカするときは、家に帰って布団を丸め、憎たらしい上司の名を心の中で叫びながら、膝蹴りやローリングエルボを何発も喰らわせました(笑)。

無論、ボロアパートなので大声や振動はご法度ですが、迷惑にならない程度のトーンで、べらんめぇ口調で汚い言葉を、丸めた布団に投げかけていましたね(笑)。

逆流性食道炎は放置してはダメ!胸やけや吐き気を感じたらすぐ病院へ!

逆流性食道炎は放置してはダメ!胸やけや吐き気を感じたらすぐ病院へ!

逆流性食道炎は、放置すると最悪は食道がんに発展してしまいます。
少しでも逆流性食道炎の疑いがある場合は、すぐお医者さんに相談しましょう。

その上で、まずは生活習慣の改善・ストレスを溜めないようにしましょう!

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方