ARTICLE お役立ちコラム

糖尿病は早めのチェックと生活習慣が重要!健康な毎日を送りましょう

 / 
糖尿病は早めのチェックと生活習慣が重要!健康な毎日を送りましょう
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

自覚症状がないから”私は大丈夫!”と、高をくくっていませんか?

糖尿病は、症状に気づきにくいところに怖さがある病気です。
自覚症状がないからといって油断は禁物ですよ。

ただ、自分でチェックして早期発見すれば、早めに手を打つことができます。

また、糖尿病は、食事や運動といった普段の生活習慣で予防できる可能性が高い病気です。
糖尿病チェックと生活習慣に気をつけることが重要といえます。

そこで今回は、糖尿病や糖尿病のチェックポイント、気をつけるべきポイントなどについて確認してみましょう。
自分の健康は自分で守りましょうね。

糖尿病とはどんな病気?血糖値とインスリンが関係している?

糖尿病とはどんな病気?血糖値とインスリンが関係している?

糖尿病とは血液中のブドウ糖である血糖が多くなり過ぎた状態が続く病気です。
正常な状態であれば、ブドウ糖とインスリンのバランスが保たれており、血糖値が高止まりすることはありません。

しかし、インスリンの分泌量自体が少ないとか、インスリンの働きが悪いと高血糖状態が続いてしまいます。

糖尿病にはインスリンの分泌量や働きが大きく関わっているのです。

糖尿病にはⅠ型Ⅱ型があります。
インスリンの分泌量が不足したり、働きが悪くなるⅡ型の方が圧倒的に多いです。

ちなみに、Ⅰ型は、すい臓のβ細胞が壊れ、インスリンがほとんど分泌できなくなるタイプです。

糖尿病になる原因ですが、遺伝的な体質と食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が主な原因といわれています。

糖尿病が厄介なのは、症状に気づきにくく、知らぬ間に進行していることが多いことです。

主な症状としては、

  • のどが渇く
  • 水分の摂取量が増える
  • トイレが近くなる
  • 尿の量が増える
  • 疲れやすくなる
  • すぐにお腹がすく
  • 体重が減る

などですが、初期症状では、あまり気にならない程度のため、糖尿病を自覚するのは難しいでしょう。

そして、糖尿病の怖さは合併症にあります。
主な症状は、

  • 手足がしびれる
  • 目がかすむ

などです。

原因は、血糖値が高い状態が続くことによる細い血管や大きな血管における障害によるものです。
細い血管における障害では、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害が起こり、大きな血管における障害では、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、末梢動脈疾患などを引き起こす恐れがあります。

糖尿病とは、知らぬ間に進行し、合併症が怖い病気だということを認識しておきましょう。

【何個あてはまる?】糖尿病セルフチェック

【何個あてはまる?】糖尿病セルフチェック

糖尿病は気づきにくい病気です。
糖尿病の可能性があるチェックポイントをあげてみました。
チェックしてみてくださいね。

家族に糖尿病の人がいる
外食が多い
濃い味つけが好き
野菜を食べる機会が少ない
間食をよくする
あまり運動をしない
車に乗る機会が多い
肥満気味
疲れやすい
キズやおできが治りにくい
目がかすむ
のどがよく渇く
トイレが近い

当てはまるチェックポイントの数が多いほど糖尿病のリスクが高まります。

しかし、当てはまるチェックポイントが多いからといって、必ずしも糖尿病であるとは限りません。
不安な方は、試験紙を使ってチェックするか、病院に行って検査することをおすすめします。

糖尿病チェック【家庭でもできる試験紙とは?】

糖尿病チェック【家庭でもできる試験紙とは?】

ご家庭でも試験紙を使って糖尿病のチェックをすることができるのをご存知ですか?

ご家庭で糖尿病をチェックする方法としては、血糖チェックと尿糖チェックの2つの方法があります。

血糖チェックするには、血糖自己測定器が必要です。
専用の器具で指先に針を刺して血液を採り、試験紙と血糖自己測定器を使ってチェックします。

一方、尿糖チェックなら、食後に尿を試験紙にかけるだけで判定ができるのでお手軽です。
ご家庭での尿糖チェックは、夕食後2時間を目安に行います。

チェック結果が陰性の場合でも、月に1度はチェックを続けるとよいでしょう。
陽性の場合は、できるだけ早く医師の診断を受けてくださいね。

ご家庭でできる血糖チェックや尿糖チェックはお手軽ではあるものの、いざ糖尿病の可能性が高まったら、やはり、医師の診断を受けなくてはいけません。

糖尿病の治療方法

病院で糖尿病と診断されれば治療しなければいけません。
糖尿病の治療法には、食事療法、運動療法、薬物療法があります。
それぞれの治療法を確認してみましょう。

糖尿病の治療方法①食事療法

糖尿病にとって非常に重要なのが、カロリー摂取量です。
食事療法は、食事の量や摂り方に気をつけ、インスリンを分泌する膵臓の負担を軽くすることを目的にしています。

食事療法における重要なポイントは次の3点です。

  • 食事療法のポイント

①適切なカロリー摂取量は、年齢、性別、体格、生活により一人一人異なります。
指示された単位数を守ることが極めて重要です。

栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
いろんな種類の食品を食べることが重要です。
1日30品目以上が理想といわれています。

③間食、夜食、飲酒は控え、1日3回規則正しく、ほぼ均等な量を摂るよう心がけましょう。

糖尿病の治療方法②運動療法

運動することにより、血液中のブドウ糖が消費され、血糖値が下がります。
食後に運動すれば、血糖値の上昇を抑えられるのです。

この他、体脂肪を減らし、インスリンの働きをよくすることや、筋肉が衰えるのを防ぐことができます。
運動療法における重要なポイントは次の3点です。

  • 運動療法のポイント

1日30分以上、1日1万歩を目標にしましょう。

②いつでも、どこでも、一人でも運動を心がけ、継続することが重要です。

③エレベーターを使わず階段をのぼる、ちょっとした距離なら歩く等、日常生活に運動を取り入れる工夫をしましょう。

ただし、無理は禁物です。
もしも、激しい胸痛や動悸、めまい、関節・筋肉の強い痛みを感じたら、無理をせず、すぐに医師に相談してください。

糖尿病の治療方法③薬物療法

食事療法、運動療法を行っても血糖がコントロールできない場合には薬物療法も取り入れることになります。
薬物療法には経口血糖降下薬の内服とインスリン注射があり、症状やインスリンの分泌量などにより医師が判断します。

医師の指示に従うことが重要です。

糖尿病予防に心がけたいポイント

糖尿病予防に心がけたいポイント

糖尿病は、症状に気づきにくく、知らぬ間に進行してしまう病気です。
日々チェックして、早期に発見することが望ましいのですが、その前に、日々の生活習慣に気をつけ、予防したいものですね。

そこで、生活習慣における糖尿病予防に心がけたいポイントをまとめてみました。
参考にしてくださいね。

  • 1日3回規則正しく食事する
  • 野菜や海藻類を中心に栄養バランスのよい食事を心がける
  • お酒は適量にする
  • 間食、甘いものは控える
  • 適度な運動を心がける
  • エレベーターを使わず階段を使う
  • なるべく歩いて移動する
  • 日々体を動かす工夫をする
  • ストレスをためない
  • 十分な睡眠をとる

どれもさほど難しくないことなので、日々の生活の中で気をつけましょう。
大事なのは、一時意識するのではなく、継続することです。
継続は力なり!ご自身の健康のため、がんばってくださいね。

糖尿病予防は生活習慣と早期発見で!

糖尿病予防は生活習慣と早期発見で!

糖尿病や糖尿病のチェックポイント、気をつけるべきポイントなどについてご紹介しました。
ご紹介した通り、糖尿病を予防するには、食事や運動など生活習慣に気をつけることが重要です。

また、万が一に備え、定期的に自分でチェックし、早期発見することも重要なことを忘れてはいけません。

症状がないからといって安心せず、常に生活習慣に気をつけ、定期的にチェックするよう心がけましょう。
継続は力なりです。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方