ARTICLE お役立ちコラム

【アトピーのシャンプー方法】オススメのアトピーのシャンプーを7選

 / 
【アトピーのシャンプー方法】オススメのアトピーのシャンプーを7選
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

アトピーでふけが出やすいから「おすすめのシャンプーを知りたい…」「アトピー専用のシャンプーはないの?」と思ったことはありませんか?

アトピーの人は頭皮が乾燥して、ふけが出やすくなってしまいます。
だからといって、シャンプーをしないということもできません。

そこで今回は、実際にアトピーの筆者が使用して頭(頭皮)の痒みや、乾燥を抑えられたおすすめのシャンプーについて紹介します。

【アトピーのシャンプー】シャンプーを選ぶ時のは5つのポイント

【アトピーのシャンプー】シャンプーを選ぶ時のは5つのポイント
アトピーの人がシャンプーを選ぶ時に、重要なポイントが5つあります。

シャンプーの選び方を間違えると、余計頭皮が乾燥してしまったり、痒くなってしまったりする可能性があります。

実際に筆者もシャンプーの選び方を間違えて、ふけがたくさん出てしまう時期がありました。

このような事態は避けたいので、しっかりとアトピーに合うシャンプーの選び方を知っておきましょう。

【アトピーのシャンプー】ノンシリコンのシャンプーを選ぶ

アトピーの人がシャンプーを選ぶ時は、ノンシリコンのシャンプーを選びましょう。
シリコンを使用すると頭皮の毛穴が詰まるからです。

毛穴が詰まると頭皮に雑菌が増えて、痒く感じやすくなってしまいます。

頭皮を清潔に保つため、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。

【アトピーのシャンプー】低刺激なシャンプーを選ぶ

アトピーの人がシャンプーを選ぶ時は、低刺激かどうかを確認しましょう。

刺激の強いものだと肌のバリアが破壊され、アトピーが悪化してしまうからです。

シャンプーの刺激物を4つ紹介しますので、下記が含まれているシャンプーはなるべく避けましょう。

  • 着色料…シャンプーに色を付けるためのもの
  • 香料…シャンプーに香りをつけるためのもの
  • エタノール…アルコールのことでシャンプーの品質を安定させるために使われる
  • パラベン…防腐剤のことでシャンプーが腐るのを防止するもの

アトピーの人が高刺激なものを使用すると、よりアトピーが悪化します。

【アトピーのシャンプー】薬用シャンプーを選ぶ

アトピーの人には、薬用シャンプーを使うことをオススメします。

薬用シャンプーとは、医薬部外品のシャンプーのことをいいます。

医薬部外品のシャンプーは、ただのシャンプーよりも症状改善を考えて作られたものになります。

頭皮のことを考えて作られているので、肌の弱いアトピーの人は薬用シャンプーを選ぶといいでしょう。

【アトピーのシャンプー】アミノ酸系のシャンプーを選ぶ

アミノ酸系シャンプーを選ぶことでアトピーの症状は軽減されます。
アミノ酸系シャンプーは肌への刺激が少ないからです。

そもそも、シャンプーの種類は「高級アルコール系シャンプー」「石けん系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」の3つに分けられます。

  • 高級アルコール系…硫酸が含まれていて弱酸性~中性です。頭皮のべたつきを抑えやすい
  • 石けん系…ナトリウムなどが含まれて弱アルカリ性です。頭皮のべたつきを抑えやすい
  • アミノ酸系…アミノ酸が含まれてて弱酸性です。頭皮の乾燥を抑えやすい

アミノ酸系シャンプー以外は、頭皮のべたつきを抑えるものになっています。

肌が乾燥しやすいアトピーの人にとっては、頭皮の乾燥を抑えるアミノ酸系シャンプーがオススメします。

【アトピーのシャンプー】パッチテストする

シャンプーを購入する前に、パッチテストするようにしましょう。
紹介した条件をいくら満たしていたとしても、肌に合わないことはあります。

肌に合わないシャンプーを使うと、もちろんアトピーは悪化します。

  • シャンプーを水で20倍に薄めて、絆創膏に垂らして二の腕の内側に30分間貼り付ける
  • 赤みやかぶれが出なければ問題ありません

簡単ですのでアトピーの人は、パッチテストしてから慎重にシャンプーを選びましょう。

【アトピーのシャンプー】オススメのシャンプー7選

【アトピーのシャンプー】オススメのシャンプー7選
アトピーの人に合うシャンプーを7つ紹介します。
※必ずしも全ての人に合うシャンプーだとは限りませんのでご注意ください。

【アトピーのシャンプー】ミノン薬用ヘアシャンプー

第一三共ヘルスケアのミノン薬用ヘアシャンプーは、ふけや痒みを防ぐ効果があります。
実際に使用してみて、頭が痒くなることが減りました。

痒くなることが減れば、頭をかくことが減ります。
頭をかくことが無くなれば、頭皮への刺激が減ります。

このようないい流れができたため、頭皮のアトピーは少しずつよくなりました。

パラベンと香料、エタノールが含まれているため、成分だけで見ると肌に刺激があるように感じてしまうかもしれないです。

第一三共ヘルスケアミノン薬用ヘアシャンプー(アトピーのシャンプー)

第一三共ヘルスケアミノン薬用ヘアシャンプー(アトピーのシャンプー)
価格:1265円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】ミノン全身シャンプー/泡タイプ

第一三共ヘルスケアのミノン全身シャンプー泡タイプは、全身に使える商品なので、頭皮に対しても使っています。

ポンプを押したら最初から泡ででてくるタイプのシャンプーになります。

最初から泡で出てくると、泡立たせる必要がないため頭皮の摩擦が減ります。

摩擦がねければ肌バリアが破壊されることもなくなるため、頭皮を健康に保てるようになります。

最初から泡で出てくるというのは、かなりメリットです。

ミノン全身シャンプー泡タイプ(アトピーのシャンプー)

ミノン全身シャンプー泡タイプ(アトピーのシャンプー)
価格:1611円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】キュレルシャンプー

花王株式会社のキュレルシャンプーは、乾燥性敏感肌向けの商品になります。

使用感は、保湿性があるため洗い流した後の頭皮が乾燥しにくいです。
泡も立ちもいいので、頭皮への刺激が抑えられます。

キュレル シャンプーポンプ(アトピーのシャンプー)

キュレル シャンプーポンプ(アトピーのシャンプー)
価格:1100円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】カウブランド無添加シャンプーさらさら

牛乳石鹸共進社のカウブランドから出ている無添加シャンプーさらさらは、刺激物がすべて無添加となっているシャンプーです。

価格もかなり安く1,000円切っているため、使ったことがない人でも気軽にお試し気分で購入できます。

カウブランド無添加シャンプーさらさら(アトピーのシャンプー)"

カウブランド無添加シャンプーさらさら(アトピーのシャンプー)
価格:772円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】大島椿アトピーコスキンケアシャンプー全身用

大島椿株式会社の大島椿のスキンケアシャンプー全身用は、皮膚科専門医からの要望に応えて開発されたシャンプーです。

全身用ですので、頭皮にも使用できます。
生まれたての赤ちゃんにも使用できるほど低刺激で作られているので、アトピーの人も使いやすいです。

大島椿アトピコスキンケアシャンプー全身用(アトピーのシャンプー)

大島椿アトピコスキンケアシャンプー全身用(アトピーのシャンプー)
価格:1113円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】丹平製薬アトピータ保湿頭皮シャンプー

丹平製薬アトピータ保湿頭皮シャンプー泡タイプは、赤ちゃんでも使える低刺激シャンプーです。

ポンプを押すと最初から泡で出てくるため、頭皮の摩擦を防げます。

また、頭皮トラブルの一因であるシャンプーのすすぎ残しを防ぐ、低付着剤洗浄処方を採用しており、清潔な頭皮を保ちやすいシャンプーです。

実際に使用してみると、頭皮のしっとりさを感じられました。

丹平製薬アトピタ保湿頭皮シャンプー泡タイプ(アトピーのシャンプー)

丹平製薬アトピタ保湿頭皮シャンプー泡タイプ(アトピーのシャンプー)
価格:1058円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ

株式会社ハーベストシーズンのアミノ酸シャンプー アロマのやさしさは、頭皮の健康を第一に考え、優しい成分のみを使用しているシャンプーです。

保湿設計もしっかりとされているため、頭皮が乾燥やすいアトピーの人にとっては嬉しいシャンプーです。

天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」(アトピーのシャンプー)

天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」(アトピーのシャンプー)
価格:3080円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

 

【アトピーのシャンプー】フケを減らすシャンプー方法

【アトピーのシャンプー】フケを減らすシャンプー方法
アトピーの人は、頭皮のふけが大きな悩みになることが多いですよね?

筆者は、普通に過ごしているだけでふけがぽろぽろと落ちてきて、衣服や眼鏡につくので恥ずかしい思いをしていた時期があります。

同じような悩みを持ったアトピーの人に向けて、ふけを防ぐシャンプーの方法について紹介します。

  • シャンプーの前にお湯でしっかり頭皮を洗う

    シャンプーする前に、お湯でしっかりと頭皮を洗う。お湯で洗うだけで頭皮の汚れはほとんど落ちます。また、落ち切らなかった汚れもシャンプーで簡単に落としやすくなります。40℃のお湯で30秒ほど洗うといいです。

  • シャンプーは手で泡立ててから使う

    シャンプーするときは手で泡立ててから使います。最初から泡になっているタイプのシャンプーだと必要ありません。泡立てる前に頭皮につけてしまい、そこから泡立てようとすると頭皮と手のひらの摩擦で肌のバリアが破壊されます。肌のバリアが破壊されると頭皮の乾燥が促されてしまい、ふけが悪化する可能性があります。最初から泡タイプのシャンプーだといい理由は、手のアトピーを悪化させないためです。手で泡立てているときにも摩擦が起きて肌のバリアが破壊されてしまうので、最初から泡立てる必要のないものの方が安心できます。なるべく摩擦を避けた方法でシャンプーしましょう。

  • 頭皮を洗う時は爪を立てて洗わないようにする

    シャンプーする時は、爪を立てて洗わないようにする。頭皮のバリアが壊れてしまい、頭皮に傷がつきます。そうするとまたそこから頭皮が乾燥しやすくなったり、痒くなりやすくなります。指の腹で優しく揉むように頭皮を洗いましょう。

  • シャンプーのすすぎ残しがないようにする

    シャンプー後はしっかりとシャンプーを洗い流しましょう。シャンプーによって浮かび上がった頭皮の汚れが洗い流されずに残ってしまいます。こういった洗い流し残りは、ふけの直接的な原因になります。ふけを残さないためには、だいたい3分くらいかけて洗い流すのがオススメです。

  • シャンプーが終わったらすぐにドライヤーする

    頭皮を洗い終わったらすぐにドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーをすると頭皮が乾燥し、ふけが出るイメージもあるかもしれませんが、乾かさずにいるほうがふけが発生しやすいです。蒸れて痒くなるのと、肌のバリアが緩い状態だと少しの摩擦で頭皮に傷がついてしまいます。すぐに乾かして、ふけの原因を少しでも減らしていきましょう。

アトピーにあったシャンプーを選ぼう!

 アトピーにあったシャンプーを選ぼう!
今回は、実際にアトピーの筆者が使用して頭(頭皮)の痒みや、乾燥を抑えられたおすすめのシャンプーについて紹介しました。

自分にあったシャンプーを、正しいシャンプー方法で使用すれば、頭皮のアトピーやフケの心配事はかなり少なくなります。

フケを気にしなくていいので、好きな色の服が着られます。
ファッションも楽しめますよ。

しっかりとあなたに合ったシャンプーを見つけて、継続して使用してみてください。

そして、かゆみやフケとは無縁のストレスフリーな生活を楽しんでくださいね。

薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
    植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
  2. アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
    アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
  3. 【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
    【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
  4. 【鼻水・鼻づまりを解消する方法】鼻水・鼻づまりに効くツボも知ろう!
    【鼻水・鼻づまりを解消する方法】鼻水・鼻づまりに効くツボも知ろう!
  5. 季節の変わり目に疲労がたまる?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調が大切!
    季節の変わり目に疲労がたまる?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調が大切!