ARTICLE お役立ちコラム

【激痛】口内炎ができる理由・治し方は?痛い口内炎の治し方・改善方法を徹底解説

 / 
【激痛】口内炎ができる理由・治し方は?痛い口内炎の治し方・改善方法を徹底解説

口内炎は、時間が経過すると改善される場合もありますが、長期化すると病の危険性もあるのをご存じでしょうか?
本記事では、口内炎の原因と治し方を徹底的に解説します。

口内炎とは?何故口の中で炎症が起こるの?

口内炎とは

口内炎とは、外気などの影響を受け口の中が炎症することを言います。
口の中は、体内と同じような性質でできているため、ウイルスや細菌などの影響を受けやすくなっています。

細菌だけでなく、口内炎の原因はさまざまで、複合的な原因である場合も少なくありません。
以下をお読みいただき、口内炎の原因を知ることで治し方を知っていきましょう。

口内炎の原因7つ!色々な原因が重なって口内炎になっていることもあります

口内炎の原因

口内炎になる原因は、7つに分けることができます。
原因は7つでも、2つ以上の原因が同時に起こる場合もあります。

原因の組み合わせは、無数に存在するため個人の体質や状況に合わせご判断いただけると良いでしょう。
以下で7つの原因について、ご紹介します。

口内炎の原因①栄養が不足している

最も多い原因は、体内の栄養が不足している場合です。
特にビタミンB群のバランスが良くないときは、口内炎になりやすいです。

ビタミンだけでなく、ミネラルや体内の水分バランスなども影響を及ぼします。
口内炎の原因が栄養不足である場合、食生活の見直しを基本としてビタミンを中心とした食べ物を摂取する必要があります。

「代謝」や「デトックス」を考えるよう意識し、体内の老廃物を排出するよう心がけましょう。
栄養不足と言えど、単に栄養が足りていない場合と、体の吸収力が足りていない場合があります。

栄養がある食事をとり、代謝を高める行動を行うと良いでしょう。

口内炎の原因②ストレスを溜め込んでいる

ストレスを溜め込むと体の免疫力が低下するので、防御できていたはずの刺激が体内へ入り込む場合があります。
その刺激が口内炎の原因となります。

ストレスをなるべく溜めない為に、ストレス解消法などをお試しください。
マッサージやカラオケなど、個人のご趣味に合わせたストレス発散をするのが大切です。

口内炎の原因③睡眠不足がきっかけになることがある

ストレスと同様に、睡眠不足も体へ負担をかけます。
睡眠不足になると免疫が下がる原因となります。
免疫が下がると、口内炎を発症する可能性が高まります。

口内炎ができたら、睡眠をしっかりとることで免疫の回復を行いましょう。
免疫機能が上昇すると、炎症を抑えるよう体が働くため治りやすくなります。

口内炎の原因④ウイルスや細菌に感染している

空気中に含まれるホコリやウイルスを、口や鼻から吸い込むことで、口内が炎症を起こすことがあります。

口内炎の原因⑤唾液の分泌が少なくなっている

唾液は、口の中の抗菌をしてできる限り口内を衛生的に守るため分泌されます。
しかし、年齢と共に唾液の分泌が少なくなっていきます。
また若い人でも生活習慣により、唾液が減少する場合があります。

唾液の分泌が少なくなり、口内の抗菌力が落ちると外気から入ってくるウイルスなどに対応できず、炎症を引き起こしてしまいます。

口内炎の原因⑥歯磨きをしすぎたことが原因になる

歯磨きのしすぎも口内炎の原因となります。

歯磨き粉の中には、研磨剤や口の中の油をしっかり落とす界面活性剤が含まれています。
しかし、歯磨きを過度に行うことで、この界面活性剤が必要以上に油を取り除いてしまいます。

油分が無くなった口の中は、刺激に敏感になり炎症しやすくなります。

歯磨きは大切ですが、磨きすぎにはご注意ください。

口内炎の原因⑦他の病気での薬による影響

インフルエンザなど病気を発症すると、抗生物質を投与することがあります。
抗生物質は、体内のウイルスを撃退するための薬ですが、同時に健全な菌類も死滅させてしまうことがあり、体内の細菌バランスが崩れることで、口内の炎症が起きることがあります。

また、抗生物質はビタミンB2やB6を不足させる副作用も口内炎になる原因の1つです。

ストレスからできる口内炎には要注意

ストレスが口内炎の原因

口内炎ができる原因を紹介したが、中でもストレスからできる口内炎は、対処が難しいので要注意です。
自身でストレスが溜まっていると判断できる場合と、無意識で溜め込んでいる場合があります。

忙しい日常生活の中で、いつもノーストレスでいることは困難です。
ですので、ストレスをなるべく溜め込まない方法を自分自身で知っておくことが大切です。

ストレスの原因がわかっている時

仕事や家事など、生活をしていると疲れやストレスをどうしても溜め込んでしまうことが多くあります。
自分自身ストレスが溜まっていると自覚がある場合は、次の対処法でストレスを少しでも解消していきましょう。

  • 休日は趣味に没頭する
  • 十分な睡眠を確保する
  • 友人などに愚痴をこぼす
  • たんぱく質中心の食事を心がける
  • 温泉やマッサージに行く

ストレスの理由はわかっていても、すぐに取り除けない場合は発散方法を検討しましょう。
休日に趣味に没頭したり、毎日の睡眠時間を長く取るなどが有効です。

精神的にリラックスするには、温泉やマッサージなどを活用すると効果的です。

上記の方法を試してみてもストレス発散ができない人はストレスの原因を取り除く努力をしなければなりません。
仕事がストレスだと判断できる場合、転職などを検討する必要もあるかもしれません。

ストレスを無自覚に溜め込んでいる場合

ストレスは無自覚の内に溜め込んでいることがあります。
ストレスとは、嫌なことだけを指すのではありません。
楽しいと感じたり、ポジティブなチャレンジでもストレスは蓄積されます。

そんな無自覚ストレスを溜めない為には次の方法が効果的です。

  • 時間に余裕を持つ
  • 栄養バランスをいつも気遣う
  • 水分を多くとる
  • 円滑な友好関係を築く
  • 1人の時間を持つ

時間に関係するストレスは、無意識に蓄積されやすく、朝起きるといつも遅刻ギリギリの人は、毎日起きると同時にストレスを溜めてしまっています。

無自覚のストレスは、体内のビタミンを消費している為、ビタミンが豊富な食べ物を中心に取ることもおすすめです。

また、1人の時間を持つことも効果的で、中でも「瞑想」はストレス解消にとても効果的です。
1日の終わりに10分程度で、何があったかを振り返ると良いでしょう。

他にも、次の日の活動予定を計画し直すなども効果的です。
人は意図しない行動によりストレスを感じる生き物です。

日々の振り返りと計画を徹底すると、限りなくストレスを軽減できるようになるでしょう。

口内炎を治すために体が必要とする栄養は何?

口内炎に必要な栄養

まず、口内炎を治すためには、免疫力を高める必要があります。
毎日の食生活を徹底的に見直すと、口内炎ができない生活を送ることが可能です。

既に口内炎ができた場合でも、以下の栄養を主に摂取することで、治る速度が速くなります。

口内炎にはビタミンB2が必要

ビタミンB2は、代謝を支えるビタミンです。
皮膚の免疫力を高めることでも有名で、口内の炎症を抑えていきます。

糖や脂質、たんぱく質などをエネルギーに変える働きがあるため、ダイエットにも効果的と言えます。
体内に栄養が吸収されにくく、栄養不足による口内炎ができている場合にはビタミンB2が必須となります。

一般的に、ドラッグストアなどでもビタミン剤が売られているため、食事からの摂取が難しい場合にはビタミン剤を使用するのも良いでしょう。

体の免疫力を高めるビタミンB6

ビタミンB6は、体の免疫力を高めるビタミンです。
たんぱく質をエネルギーに変える働きがあり、筋肉や皮膚の健康を維持するために使用されます。

体の6割は水分ですが、2割はたんぱく質で構成されています。
良質なたんぱく質を摂取することで、筋肉や皮膚が健康になります。

しかし、ビタミンB6を摂取していなければ、たんぱく質をエネルギーに変換する速度が遅くなり、結果的に不健康な皮膚ができあがります。

ビタミンB2と一緒に摂取することで、代謝を上げながら新しい皮膚を構成することができます。
口内炎は、皮膚の炎症ですので、ビタミンB6の抗炎症性質が効果的です。

口内炎予防にがミネラルが効果的

口内炎予防にはミネラルが効果的です。
ミネラルとは、無機物のことで、食べ物の栄養素でいうと鉄や亜鉛のことです。

鉄は血液を作ることで有名ですが、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。
免疫力を維持し、皮膚の健康を保っています。

亜鉛にも同様の効果が期待でき、ビタミンと一緒に摂取することで皮膚や髪の毛、爪などを清潔に保ちやすくなります。

ストレスに強くなるためにはたんぱく質が必要

ビタミンやミネラルと一緒に、摂取するのが好ましいのはたんぱく質です。
たんぱく質には、動物性と植物性があります。

中でも植物性のたんぱく質は、健康を維持するために必要です。

たんぱく質は、筋肉や皮膚を作り出す主となる成分です。
また、ビタミンやミネラルは、たんぱく質を使用して活動しているので、たんぱく質が無くなるとビタミンやミネラルも活動できなくなります。

反対に、糖はビタミンとミネラルを大量に使用しすぎます。
近年では、抗糖化を意識する人も珍しくありません。

たんぱく質は多めに摂取、糖は少なめに摂取を心がけましょう。

痛みがひどいときは薬や医院を頼ろう

口内炎が酷い時は病院に行く

口内炎の痛みがひどく、長引くと薬治療が必要なことがあります。
可能性は低くても、重症になる病を患っているケースもあるので、痛みがひどく異変を感じたら痛み止めを飲むだけではなく、薬や医院に相談しましょう。

ビタミン剤は、口内炎を治すための効果があります。
しかし、重症の病気を患っている人には効果が期待できません。

口内炎の治し方と予防をするための食生活を見直そう

口内炎を治したいときや、予防を考えるために最も重要なのは食生活の見直しです。
コンビニやスーパーなどで調理済み食品を購入したり、外食が多い人は意識的に考える必要があります。

前述の内容のまとめにもなりますが、口内炎を治すための食生活をまとめます。

規則正しい食事をとるポイント

  • ビタミンB群をバランスよく摂取
  • 鉄や亜鉛などのミネラルを含める
  • たんぱく質を中心とする
  • 糖を少なくする(炭水化物も同じ)

これらの条件を満たす食べ物は、何でしょうか。
朝食から始まり、夕食までに食べると良い食事は、豆腐とわかめの味噌汁です。

味噌汁は、沸騰させず60度程度のぬるいものがおすすめです。
温度を気にするのは、味噌の発酵から得られる栄養を損なわず、口内炎に刺激を与えないようにするためです。

あなたなりに工夫し、食生活を見直すことをおすすめします。

ストレスや刺激が少ない生活を送ろう

口内炎ができた場合は刺激が少ない食生活を送りましょう。
熱い食べ物は、温度だけでも刺激になります。

以下に刺激が強い食べ物をご紹介します。

  • 熱い食べ物
  • 辛い食べ物
  • 甘い食べ物
  • 味が濃い食べ物
  • アルコール類食べ物
  • 糖が多い食べ物

刺激が全く無い食べ物は、存在しません。
刺激を無くす努力とは、それぞれの度合いを調整することにあります。

辛いものを食べてはいけないのではなく、辛さを控えるのです。
熱いものではなく、ぬるいものにするなどを心がけましょう。

まとめ【口内炎の改善は生活習慣の見直しにも繋がります】

  • 口内炎の原因は、栄養やストレスによるものが多い。
  • 栄養はビタミンB群を中心に、ミネラルやたんぱく質もとる。
  • 痛みがひどい場合は、薬や医療機関を頼る。
  • 刺激の強い食べ物は控える。
  • 日ごろから栄養バランスがとれた食事が大切。

よく読まれている記事

  1. アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
    アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
  2. 【寝る前に栄養ドリンクを飲むメリット】寝る前に飲む栄養ドリンクの選び方
    【寝る前に栄養ドリンクを飲むメリット】寝る前に飲む栄養ドリンクの選び方
  3. 植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
    植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
  4. セルライトには〇〇〇マッサージが効果あり!間違ったマッサージはセルライトを増やす原因に!
    セルライトには〇〇〇マッサージが効果あり!間違ったマッサージはセルライトを増やす原因に!
  5. 【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
    【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選