ARTICLE テイコク健康推進課

【風邪は引き始めが肝心】風邪を引いたときに長引かせない方法【厳選7つ】

 / 
【風邪は引き始めが肝心】風邪を引いたときに長引かせない方法【厳選7つ】
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

長引くと辛い風邪は、できれは一刻も早く治したいですよね。そこで今回は、風邪をひいた時に長引かせない方法をご紹介します。

風邪の正式名称は「かぜ症候群(Common Cold Syndrome)」です。

風邪とは、正式には「かぜ症候群(Common Cold Syndrome)」といい、ウィルスによる病気のことです。ウィルスがのどや鼻の粘膜に付着し、炎症を起こすことによってのどの痛みや鼻水、咳などの症状が現れます。

風邪をひくと発熱する場合がありますが、これはウィルスが熱に弱い性質があるので、体温を上げてウィルスの活動を低下させるために起こります。

のどの痛みはウィルスから体を守る防御反応からくる炎症であり、鼻水は鼻の粘膜に付着したウィルスや異物を流すため、咳は肺などの呼吸器からウィルスを取り除くために起こります。

風邪の症状はどれもウィルスに対する体の防御反応と言えるでしょう。

風邪を早く治す方法を厳選7つご紹介!

風邪はひかないにこしたことはありませんが、気を付けていてもひいてしまうことはありますよね。風邪をひいてしまったかな?と思った時には、できるだけ早く治るよう行動することが大切です。そこで、ここでは風邪を長引かせないための方法&風邪に効果的な食べ物・飲み物について解説します。

  • 睡眠をとる

風邪を早く治す方法として睡眠をとることが効果的です
具合が悪い時は何と言っても寝ることです。風邪をひいた時に眠気を感じる人は多いと思いますが、これは「サイトカイン」という物質が原因です。サイトカインは、ウィルスを撃退することに専念するために他の活動を停止させようと眠気を引き起こします。風邪を早く治すためには、いつもより多く睡眠をとるように心がけましょう。睡眠には体の免疫力を高める働きがあるため、風邪の予防にも効果的です。

  • 体温を上げる

風邪を早く治す方法として体温を上げることが効果的です
体温が上がると免疫力が高まることから、風邪のひき始めには体を温めることがポイントです。ウィルスが体内深くに侵入してくると体温調整機能が発熱を促し始めるので、その前に免疫力をアップさせればウイルスを撃退しやすくなります。服装や室温に気をつけて、できるだけ体を温めるようにしましょう。葛根湯や生姜湯などもおすすめです。

  • 加湿する

風邪を早く治す方法として加湿することが効果的です
ウィルスは低温低湿の状態だと活性化してしまうので、室内を乾燥させないようにすることが大切です。また、のどや鼻の粘膜には「繊毛(せんもう)」という器官があり、はウィルスを排除する働きをもっていますが、乾燥すると繊毛の働きが悪くなってしまいます。風邪が長引く原因になりますので、乾燥は大敵です。加湿器や濡れタオルを利用して湿度を50%程度に保つようにしてください。

  • 水分補給をする

 srcset=風邪を早く治す方法として水分補給が効果的です” width=”300″ height=”199″ />
風邪をひくと、発熱や発汗により脱水症状が起こりやすくなります。脱水になると免疫力が低下し、風邪が長引いてしまうので、意識的に水分補給をするようにしましょう。熱がない時でも体の細胞は常にウィルスと戦っているので、水分をとるようにしてください。先ほど説明した繊毛の働きを活性化させるためにも、水分補給は大切です。水分補給には常温の水や冷たすぎないスポーツドリンク、経口補水液がおすすめです。

  • 生姜を食べる

風邪を早く治す方法として生姜が効果的です
生姜には「ジンゲロール」「ジンゲロン」「ショウガオール」という3つの辛み成分が含まれています。これらの成分には殺菌作用や血行促進作用、代謝を上げる作用があります。体の外側と内側の両方を温めてくれる効果があるので、風邪の時にはぴったり。風邪の症状には生姜のすりおろしとハチミツを入れた生姜湯がおすすめです。作る時には熱湯だとジンゲロールの殺菌作用が減ってしまうので、ぬるま湯を使うようにしてください。

  • ブロッコリーを食べる

風邪を早く治す方法としてブロッコリーを食べることが効果的です
ブロッコリーはカロチンやミネラルなど栄養たっぷりの野菜ですが、特筆すべきなのはビタミンCです。ビタミンCの含有量はなんとレモンの2倍。ビタミンCは免疫力をあげて風邪への抵抗力を高めてくれます。ビタミンCは茎の部分に多く含まれているので、茎も食べてバランスよくビタミンをとりましょう。

また、ブロッコリーには粘膜の抵抗力を高めてくれるビタミンAも豊富です。ウィルスの侵入を防ぐ効果があるので、風邪のひき始めや予防にぴったりです。

  • ココアを飲む

風邪を早く治す方法としてココアを飲むことが効果的です
風邪にココアとは意外な組み合わせかもしれませんが、ココアには風邪に有効な成分がたくさん含まれています。

まずはココアに含まれるポリフェノールです。ポリフェノールは抗酸化作用だけでなく、体内で起こっている炎症を鎮めてくれる抗炎症作用も強いのです。そのため、風邪による喉の痛みや発熱にも効果的です。

さらに、ココアは食物繊維も豊富ですが、この食物繊維は水溶性でウィルスを排出する働きがあります。

他にも、ココアのテオブロミンには免疫力アップ、テオフィリンには気管を広げ、咳の症状を抑える効果があります。ココアにはカフェインも含まれていますが、含有量はわずかなので睡眠への影響はほとんどないでしょう。ただし、砂糖は体を冷やす働きがあるので、風邪の時にはなるべく入れないようにしてくださいね。

風邪をひいたかも…と感じたら、対策を万全にして風邪を撃退しましょう!

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (7 投票, 平均点: 4.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】