ARTICLE お役立ちコラム

飲むだけで痩せる?!効果的な紅茶ダイエットの方法

 / 
飲むだけで痩せる?!効果的な紅茶ダイエットの方法
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

紅茶を飲むだけで痩せられると聞いたことがありますか?

「紅茶を飲んで痩せられるって本当?」「紅茶ダイエットって効果あるの?」と思いますよね。
実は、紅茶はダイエットに効果的な飲み物です!夢みたいな話ですが、紅茶の成分を利用して、紅茶を効率的に正しく飲めば誰でもダイエットが出来ます!

紅茶好きな人・ダイエットしたいという方におすすめの内容になっています。

これを読めば、紅茶ダイエットがしたくなる?!おすすめの飲み方や、注意点をまとめました。

紅茶がダイエットに効果的な理由

ダイエット

ダイエット効果の秘密は、紅茶の茶葉の成分にあります。

カテキン

紅茶には茶カテキンというものが含まれており、茶カテキンの糖分分解酵素の阻害作用、そして烏龍茶と同様の脂肪分解作用・脂肪吸収抑制作用があるため、ダイエットに効果的です。

カフェイン

カフェインには体脂肪を分解する作用があり、有酸素運動時に紅茶を飲めば、より一層ダイエット効果が期待できます。
また、カフェインは利尿作用があり、新陳代謝が促進されて体内の毒素や老廃物などを効率的に排泄する働きも持っています。

紅茶を飲んでトイレに行きたくなる人いますよね?それはこの利尿作用のためです。

これら2つの成分については「日本紅茶協会」のホームページでも取り上げられるほどです。

 

脂肪を燃焼させる効果的な飲み方

紅茶

紅茶の成分がダイエットに効果的ということはわかりました。
そんな紅茶も、やみくもに飲んでいてはダイエット効果を得られません。

脂肪燃焼をしさらに、ダイエット効果を得られる飲み方があります。

まず紅茶ダイエットの大前提は「砂糖を入れずに飲む」ことです。
これはダイエットという観点からすると当然といえば当然です。

そして、他の食材を使ったダイエットとは違い、「食事と置き換えるダイエットではない」こと。
食事はいつも通りで構いません。

紅茶ダイエットの飲み方ポイントは、
「1日3杯飲む」
「ホットで飲む」
「食事中~食後30分の間で飲む」

この3つです。
だれでも簡単にできます。

「1日3杯飲む」のは1日の中でいつでも構いません。

しかし、紅茶にはカフェインが含まれており、不眠作用があるので、夜寝る前は避けたほうがよいでしょう。
また、紅茶も摂取しすぎると「カフェイン中毒」になる可能性があるため、1日3杯を目安に飲みすぎには注意してください。

1日のうち、朝起きて、お昼ご飯時、おやつタイムなど、自分のライフスタイルに合わせて無理なく飲むと続けやすいです。

おすすめの飲み方は、「ホットで飲む」ことです。
体温を温め代謝をUPさせてくれます。

さらに、「食事中~食後30分の間に飲む」と脂肪や糖の吸収を抑えてくれます。

これらの3つのポイントを守って効率よく効果的に紅茶を飲むことで、よりダイエット効果が期待できます。

 

ダイエットにおすすめの紅茶の飲み方

次に、紅茶の力をより効果的に発揮するための紅茶レシピをご紹介します。

ショウガ紅茶

しょうが紅茶

温かい紅茶にすりおろしショウガを小さじ1~2杯入れるだけととてもシンプルです。
紅茶はティーパックのものでもよいですし、ショウガもチューブのもので構いません。

ショウガは体を温めて代謝を促進させてくれる働きがあり、紅茶に入れることで相乗効果が生まれ、痩せやすい体質を作ってくれます。
「ショウガ紅茶」は朝・お風呂に入る前・運動する前に飲むのが効果的。

はちみつ紅茶

はちみつ

こちらもいたってシンプルに、紅茶にはちみつを入れるだけです。

もちろん、はちみつにも糖分が含まれているため、大量に使ってはいけません。

ダイエットに甘いものは厳禁!というイメージがありますが、紅茶1杯に対して大さじ1杯程度なら大丈夫です。

はちみつには、ビタミンB2など脂肪燃焼作用のあるビタミンが豊富に含まれています。
はちみつはダイエット中に甘いものを取りたい人の強い味方です。

甘いものが飲みたいという方にはぜひおすすめです。

 

 紅茶ダイエットの注意点

注意点

簡単で手軽にできる紅茶ダイエットにも注意点があります。

まず、紅茶にはカフェインが含まれているということ。
そのため、妊娠中のかたは控えましょう。

さらに、先程もお伝えしたとおり、多量に摂取すると「カフェイン中毒」になる危険がありますので注意しましょう。
カフェインをとると体質的にお腹が緩くなる人、気分が悪くなる人もいますので、そういう方は、自分の体と相談して慎重に始めてみてください。

そして、同じく紅茶に含まれるポリフェノールは、歯の色素沈着の原因になります。
歯の沈着汚れを防ぐために、紅茶を飲み終わったら、うがい、もしくは歯磨きをするなど口内ケアを心がけましょう。

紅茶ダイエット方法まとめ

まとめ

紅茶にダイエット効果があるなんて!と、いつも砂糖とミルクをたっぷり入れたミルクティーにして飲んでいたのを後悔された方もいるのではないでしょうか。

ここまでのことを簡単にまとめると、

①紅茶はホットで1日3杯(はちみつや生姜を入れるとより効果的)

②脂肪や糖の吸収を抑えてくれるので食事中もしくは食後30分以内に飲む

③カフェインが豊富に含まれているので、妊娠している方や飲みすぎには注意

④ポリフェノールの成分が色素沈着の原因になるので飲んだ後はうがいがおすすめ

これからは是非、紅茶にはちみつを入れて飲んでみてください。
飲むタイミングとちょっとしたポイントを押さえればダイエット効果が期待できる紅茶をあなたも飲んでダイエットしてみませんか?

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (まだ評価されていません)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方