ARTICLE お役立ちコラム

ヨガにウエアは必要?ヨガに適したウエアの選び方とオススメのウエアを解説

 / 
ヨガにウエアは必要?ヨガに適したウエアの選び方とオススメのウエアを解説

手軽にできそうなヨガを早速始めてみたいという方も多いと思います。

ヨガをする時はどんなウエアを着たら良いのでしょう?
テレビや雑誌で見るような、お洒落で高価なウエアを揃えなければならないのでしょうか?

ここではそんな疑問を解決し、本当におすすめできるヨガウエアを紹介していきたいと思います!

ヨガウエアにはどんな種類があるの?

ヨガウエアにはどんな種類があるの?

まずヨガウエアとはどんなものでしょうか?どんな種類があるのでしょうか?

トップスの種類(Tシャツ・タンクトップ・キャミなど様々)

上半身は、Tシャツ、タンクトップ、キャミソール、ブラトップ、カップ付きトップスなどたくさんの種類があります。

同じTシャツでも首回りが大きく開いていたり、袖周りにゆとりがあったりバラエティー豊かです。
タンクトップやキャミソールでも同様に、背中にデザイン性があったり、カラーもとても豊富です!

ボトムスの種類(レギンス・タイツ・ショートパンツなど様々)

下半身は、レギンス、タイツ、ショートパンツ、タイパンツ、サーカスパンツ、サルエルパンツなどの種類があります。

タイツはぴったりと身体に馴染み、最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れると履き心地抜群です!
かっこよく一枚で履きこなしたいですね。

抵抗がある方はショートパンツの下にレギンスを合わせてコーディネートすることもできます。

お尻や太ももに余裕がある素材で伸縮性のあるサルエルパンツや、オリエンタルな雰囲気のタイパンツやサーカスパンツも人気です。

こちらもデザイン、カラーともにとても豊富で家からそのままヨガ教室に行けたり、普段でも使えそうなものもたくさんありますよ!

ヨガをする時に専用のヨガウエアは必要?

ヨガをする時に専用のヨガウエアは必要?

さあヨガを始めよう!と決めても実際どんな格好をすればわからない、ウエアは必ず揃えないといけないのかな?と様々な疑問を持つ方も多いと思います。

ここでは、そんなヨガウエアに関する疑問を解決していきましょう。

まずヨガをする時の格好について、大部分のヨガ教室はスタジオでは、動きやすく身体を締め付けないようなものが望ましいとされていますので、ヨガウエアは必要です。

ヨガは腕を大きく伸ばしたり、足を伸ばしたりするポーズも多くあるので、特に伸縮性のないジーパンやシャツはおすすめできません。

しかし今後、本当にヨガを続けていけるかどうか不安な方も多いので、最初は全て新しいもので揃えるというより、自分自身が普段着ていてリラックスできるもの、動きやすいものでレッスンを受けることをおすすめします。

動きやすいTシャツ、ジャージでも構いませんので軽く動けるような服装を選びましょう。

ヨガでは、リラックスして呼吸ができるかどうかも非常に大切です。
呼吸ができず、苦しくなってしまうと集中力もなくなってしまいますので、胸やウエスト、お腹周りを締め付けるようなウエアは避けましょう。

ヨガを行うことにだんだん慣れてくると、もう少し動きやすいウエアであったり、かっこ良いウエアやかわいいウエアを揃えたくなったり、同じ教室に通う生徒さんと同士での情報交換なども増えてくると思います。

ウエアを揃えてから!と気持ちを盛り上げることも大切ですが、まずは慌てず様子を見てから行うことをおすすめします。

ヨガウエア選びのポイントを徹底解説!

ヨガウエア選びのポイントを徹底解説!

ウエアにはくさん種類やデザインがありますが、ヨガをする時にはどのようなことに気をつけて選べば良いのでしょうか?

せっかく買ったのに失敗してしまった、と言う悲しいことがないようにポイントを徹底解説していきましょう。

まず、ヨガウエアを選ぶのに一番大事なポイントは動きやすさです。
ヨガの種類にもよりますが、基本的にはお腹を使った腹式呼吸という呼吸をしながらポーズを行いますので、お腹や胸を締め付けないようなウエアが良いでしょう。
ウエストのゴムがキツすぎたり、ブラトップで胸がキツすぎたりするのはおすすめできません。

ヨガポーズには座位の姿勢で行うものや四つ這い、立位の姿勢で行うもの、上級者になると逆立ちをしたりと全身をくまなく動かしていきます。

行うヨガも流派や種類によって様々です。

呼吸法などを主に行うヨガで運動量がとても少ないものから、エクササイズ要素が非常に強く運動強度が非常に高いもの、ホットヨガでたくさん汗をかくものまでその種類によってもウエア選びは変わってきます。

ヨガでは呼吸をとても大切にしますので、呼吸の妨げにならない締め付けないものをおすすめしますが、あまりにもトップスに緩めのウエアを選ぶと、腕や肩周りやお腹に布がたるんでしまい、ポーズのスムーズな動きを邪魔してしまいます。

特に、四つ這いの姿勢では胸が大きく開いたウエアを選んでしまうと、胸元が見えすぎ気になってしまいます。

ボトムスにも様々なヨガウエアがあります。

トップスと同じくシュチュエーションによって選び方は様々ですが、ヨガでは床の上に敷いたヨガマットの上に座ることが多いので、座りやすいウエアで、さらに膝を曲げたり足を上げたり大きく開いて開脚するポーズなどもあり、トップスと同様に動きの妨げにならないものを選びましょう。

個人的にとてもおすすめなのがレギンス、タイツです。

身体にフィットしてくれるので膝の曲げ伸ばしや、ホットヨガで大量の汗をかいても動きの邪魔をせず、とても快適に動くことができます。

しかしぴったりと身体にフィットするので、素材や生地の厚さをしっかりとチェックし、下着などのインナーが透けてしまわないように十分注意しましょう。

ヨガは身体だけではなく心の調整にも役に立ってくれます。
好きなデザインや色のヨガウエアを着てヨガをするときっと楽しいでしょう。

私服では選ばないような色を思い切って選んでみるのも、新しい自分を発見できて良いかもしれません。

厳選!本当におすすめできるヨガウエア

厳選!本当におすすめできるヨガウエア

ヨガのどんな動きにもフィットするような伸縮性や、たくさん汗をかいてもベタつかない速乾性を持つような、ヨガに最適なウエアを厳選してご紹介いたします!

まずはベーシックなTシャツで始めてみましょう。

https://alifeec.com/products/detail/212

適度なフィット感で身体の動きを妨げることはなく、身体のラインが出ることに少し抵抗がある方におすすめです。カラーバリエーションも豊富で、テンションも上がります。

ヨガに少し慣れてきたら、キャミソールタイプのウエアでもっとアクティブに動きましょう!
https://alifeec.com/products/detail/211

キャミソールタイプのウエアは、アクティブに動くヨガにおすすめです。

運動量が多めのヨガやホットヨガで、たくさん汗をかいてもメッシュ切り替えが身体の熱を放出してくれるので、とても快適にヨガすることができるでしょう。

締め付け感のないノンストレスのボトムスを選びましょう。

https://alifeec.com/products/detail/180

こちらは特にリラックス系のヨガにおすすめです。疲労やストレスから逃れたい、リカバリー機能に着目したパンツです。

まとめ【自分に合ったヨガウェアを見つけてより楽しもう】

  • ヨガウエアには様々な種類とデザインがあるヨガウエア
  • ウエアを揃えなくてもあ手持ちのものでも十分始めることはできる
  • ヨガウエアを選ぶ際のポイントは呼吸のしやすさと動きやすさ

ヨガは心身ともに調整してくれる素晴らしいものです。
そのためにも、ヨガウエアは無理なくありのままの自分らしくいれるようなものを見つけて、素敵なヨガライフを過ごしましょう!

よく読まれている記事

  1. 【寝る前に栄養ドリンクを飲むメリット】寝る前に飲む栄養ドリンクの選び方
    【寝る前に栄養ドリンクを飲むメリット】寝る前に飲む栄養ドリンクの選び方
  2. アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
    アトピー肌の筆者がおすすめ!アトピー肌向けボディソープ&石鹸7選
  3. 植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
    植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
  4. セルライトには〇〇〇マッサージが効果あり!間違ったマッサージはセルライトを増やす原因に!
    セルライトには〇〇〇マッサージが効果あり!間違ったマッサージはセルライトを増やす原因に!
  5. 【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
    【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選