ARTICLE テイコク健康推進課

【繰り返す鼻血の原因とは?】大人と子供で見る鼻血の原因と正しい対処法

 / 
【繰り返す鼻血の原因とは?】大人と子供で見る鼻血の原因と正しい対処法
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

鼻血が繰り返し出ると、「何か大きな病気が隠れているのでは?」と不安になりませんか?
鼻血の原因は、年齢によって違い、子供の鼻血はほとんどが、無意識に鼻をいじることや、体温上昇によるのぼせ、アレルギー性鼻炎などで鼻の粘膜を傷つけていることが原因で起きます。

大人の鼻血もほとんどは、鼻の粘膜についた傷からの出血ですが、時には高血圧・動脈硬化・オスラー病など、怖い病気が隠れていることもあります。
この記事では子供と大人で違う鼻血の原因と対処法、そして鼻血の予防方法をご紹介します!

子供と60歳以上は鼻血が出やすい年齢!その原因は?

子供と60歳以上は鼻血が出やすい年齢!その原因とは?

鼻血が出やすいのは10歳以下の幼い子供と60歳以上の高齢者です。
子供の場合は、季節に関係なく鼻血が出ますが、高齢者は冬から春先にかけて出血しやすいです。

その一つ目の理由として、
鼻の粘膜が乾燥しやすい季節であることとです。
鼻の粘膜が乾燥すると、ムズムズしていじりたくなったり、鼻水が固くなり粘膜を傷つけてしまったりするからです。

そして二つ目に、
気温差が大きく血圧の上下が起こりやすくなるからです。
血圧が上がると血管を流れる血液量が増加し、鼻腔内の傷や、もろくなった血管から出血しやすくなります。

子供の鼻血の原因は粘膜の弱さ

子供の鼻血の原因は粘膜の弱さ

子供が鼻血を出す原因は、鼻の穴から1~2cmにある毛細血管が集まっている粘膜「キーゼルバッハ部位」が傷つきやすいからです。子供の鼻は粘膜が弱く、鼻をいじるとすぐに傷がつき出血します。

一度傷がつくと、完全に治るまでは、軽く触ったりのぼせたりするような、軽い刺激でも再び出血します。なので、繰り返し鼻血を出していても、指圧を行ってすぐに止まるようであれば問題はありません。

また、子供が鼻をいじってしまう原因として、アレルギー性鼻炎などの炎症によりかゆみが出ていることがあります。その場合は、炎症の治療を行うと、鼻血を出す頻度も減っていくでしょう。

注意が必要な子供の鼻血

子供の鼻血は、ほとんどが心配しなくて良いものですがまれに注意が必要な鼻血もあります。

  • 止血をしても20分以上鼻血が止まらない
  • 歯茎からも出血している
  • 手足に、異常な数のアザが見られる

このような症状がある場合は、自然治癒できないほど深い傷がついていたり、白血病などの恐ろしい病気が原因になっていたりする可能性があります。早めに耳鼻咽喉科を受診することおすすめします。

大人の鼻血は動脈性出血が原因かもしれないので注意が必要?

大人の鼻血は動脈性出血が原因かもしれないので注意が必要?

大人の鼻血の原因もほとんどは粘膜の傷です。鼻を強くかんだり、粘膜が乾燥したりすることで傷がつき、鼻血が出ます。この場合は、子供の鼻血と同じ様に指圧をすれば数分で止まりますので心配ありません。

しかし、大人の鼻血には注意が必要なものがあります。
それは、キーゼルバッハ部位ではなく、鼻の奥にある動脈が破れることで出る「動脈性出血」です。
これは、中高年で動脈硬化が始まっている方に多い症状です。

動脈硬化があると、動脈の血管壁がもろくなり、太い血管が破れやすいのが原因です。
また、太い血管が破れるため、血が多量にでることがあります。朝起きた時や入浴後に何度も鼻血が出る方や高血圧が気になっている方は早めに受診をしましょう。

また、以下の様な症状が出たら、太い動脈が破れ出血している可能性があるので、一刻も早く病院へ向かいましょう。

  • 出血が30分以上止まらない
  • 洗面器がいっぱいになるほどの大量出血
  • 鼻だけでなく口からもたくさんの血が出てくる

このような症状で受診すると破れた動脈をレーザーで焼き止血する治療を行います。あまりにも出血が激しい場合は、入院措置がとられることもあります。

また、あまりにも頻繁に鼻血がでる場合、オスラー病が考えられます。オスラー病とは、血管の形に異常がおこり、身体の色々な場所から出血する遺伝性の血管の病気です。その中でも、一番よく見られる出血場所が鼻です。
日本では5000~8000人に1人がオスラー病の遺伝子を持っていますが、遺伝子がある人が必ず発症するわけではありません。

発症した場合、放っておくと貧血や内臓の出血を起こすこともありますので、鼻血が何度も出てしまうのであれば一度検査をしましょう。

3ステップ!鼻血の正しい対処法。慌てず止血をしましょう

鼻血が出た時の正しい対処法をご紹介します。

鼻血の止め方1(原因) (1) 椅子に座り小鼻に固く巻いた脱脂綿やガーゼを入れ、その上からしっかりとつまみます。
鼻血の止め方2(原因) (2) その状態で5~10分ほど様子をみましょう。この時、顔はやや下を向くようにします。
鼻血の止め方3(原因) (3) 冷たいタオルなどで鼻筋を冷やします。

出血量が多く脱脂綿から血が滲んでもカサブタがとれてしまいますので、途中で交換はしないでください。
血が垂れるようであれば、洗面器などを受け皿にしましょう。

このように対処すれば、粘膜からの出血は数分で止まります。

もし、対処をしても30分以上出血が止まらない場合や、のどへ落ちて口からも多くの血が出るようであれば速やかに耳鼻咽喉科へ行きましょう。鼻血が止まってからも、強く鼻をかむ行為、長い時間の入浴、激しい運動は避けてください。

鼻血が出たら「上を向き後頭部をトントンと叩く」という対処法を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これは間違いです。上を向くと鼻血が喉に流れてきて気分が悪くなることもあります。そもそも止血中は刺激を与えてはいけません。

鼻血の予防は鼻の粘膜を保護しましょう!

鼻血を予防するには、鼻の粘膜を傷つけないことが重要です。鼻をいじることは避け、鼻をかむ時も片方ずつ優しくかむようにします。また、粘膜が乾燥しないよう、マスクの着用も有効です。

また、よく言われるチョコレートの食べ過ぎが原因で鼻血が出るというのは迷信です。

全体のまとめ

子供でも大人の鼻血の大半は心配しなくて大丈夫ということを紹介しました。
また次に鼻血が出たときは、落ち着いて正しい対処をしましょう。乾燥する季節は、マスクなどの予防法も有効です。

それでも鼻血の回数が多いと感じることや出血の量が多すぎるという症状があれば、早めに耳鼻科を受診しましょう。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】