ARTICLE テイコク健康推進課

いびきを放っておくと大きな病気を見逃してしまうかも。今のうちにいびきの対策を!

 / 
いびきを放っておくと大きな病気を見逃してしまうかも。今のうちにいびきの対策を!
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

家族や周りの人から、いびきをかいていると指摘されて初めて自分がいびきをかいていることに気づく人が多いと思います。いびきの原因は、生活習慣と病気にあることが多いので、しっかり対策することが必要です。今回は、いびきの原因や対策について、詳しく紹介します。

いびきをかくメカニズムは空気のが通る振動音です

いびきをかくメカニズムは空気の振動音です

いびきは、寝ている間に狭くなった喉を空気が通った際、粘膜が振動して鳴る音です。

正常な場合の呼吸では、喉が狭くなっておらず、空気の通り道が広いままなので、粘膜が振動せずいびきは発生しません。しかし、なんらかの原因で喉が通常より狭くなってしまうと、空気の通り道が狭くなり、いびきにつながってしまうのです。

狭い路地などに強風が吹くと、ヒューヒューと音がしますが、それと同じ仕組みです。

そのいびきは大きな病気のサインかもしれません。

そのいびきは大きな病気のサインかもしれません

いびきの原因には、生活習慣が原因のものと、病気が原因のものがあります。それぞれの原因を紹介します。

①生活習慣が原因のいびき

生活習慣が不規則だったり、悪いと、いびきの原因につながってしまいます。具体的には、鼻づまりや過労による疲労蓄積、食べ過ぎによる肥満、飲酒などがいびきの原因としてあげられます。特に、肥満が原因の場合、喉の周りに脂肪が蓄積することにより、どんどん喉が狭くなり、空気の通り道がなくなっていくため、徐々にいびきがひどくなっていってしまいます。

②睡眠時無呼吸症候群

いびきの原因の1つに、睡眠時無呼吸症候群があげられます。

睡眠時無呼吸症候群とは、いびきといびきの間に、急に呼吸が止まってしまった状態になるなど、寝ている間に無呼吸の時間があるという病気です。この睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと、高血圧症や心筋梗塞などの原因になることが多く、危険な病気です。また、いびきをかくことによって睡眠での疲労回復が十分にできなくなり、日中の集中力が低下してしまうことの原因にもなることがあります。

③脳梗塞

脳になんらかの異常があり、喉の周りの筋肉が緩んでしまうことが、いびきの原因になることがあります。これを放置していると、重大な脳の病気の原因に繋がってしまうことがあるため、いびきがなかなか治らず不安に思ったら,医者を受診することが重要になります。

自分に合ったいびきの改善方法が何なのかをまずは知ることが大切

自分に合ったいびきの改善方法が何なのかをまずは知ることが大切

  • 生活習慣を改善する

食べ過ぎによる肥満が原因であれば、食生活を見直して、喉の周りの脂肪を落とすようにしましょう。そうすれば、喉が狭くなることがなくなり、いびきをかかなくなります。また、鼻づまりや飲酒が原因の場合でも、それらの要因をとりのぞけば、いびきをかかなくなるため、まずは、自分の生活を見直して、いびきを対策しましょう。

  • ちょうど良い高さの枕を見つける

いびき対策には自分にちょうどいい高さの枕を見つけましょう
枕の高さが自分に合わず、喉が圧迫されたり、脂肪が詰まったりすると、空気の通り道が狭くなってしまいます。それがいびきにつながることもあるため、高さのちょうど良い枕で、いびきを対策しましょう。

  • いびき対策のグッズを使う

①マウスピース

いびき対策グッズのひとつのマウスピース
マウスピースを使うと、寝ている間に舌が下がって空気の通り道を塞がないようにしてくれるため、空気の通りが良くなり、いびきがおきなくなります。

ドラッグストアなどで販売されており、簡単に入手できますが、自分の骨格等に合ったものでないと、いびきの対策になりませんので、注意が必要です。

②いびき対策用テープ

いびき対策グッズのひとつのいびき対策テープ

いびき対策用のテープを貼ると、口呼吸から鼻呼吸へ強制でき、鼻からスムーズに空気が通るため、いびきの対策になります。

マウスピース同様、ドラッグストアなどに売っているため、簡単に手に入り、対策はしやすいです。ただし、このテープは、人によってはストレスになってしまうこともあるため、自分に合っている場合に使うようにしましょう。

何回かいびき改善方法を試してみても改善されない場合は…

いびきの原因をきちんと知ることによって、できる対策もあります。しかし、何回か改善方法を試してみても効果がない場合は、早めに病院で受診しましょう。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (4 投票, 平均点: 4.25)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘だから下剤成分の入っていない、からだにやさしいお茶を】便秘に効果的なお茶の選び方
    【便秘だから下剤成分の入っていない、からだにやさしいお茶を】便秘に効果的なお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. 季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
    季節の変わり目は寒暖差疲労(ストレス・疲労)に注意!自律神経の乱れを整えて寒暖差疲労を改善する方法
  4. ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
    ゲップが何回も出る人の原因行動と考えられる病気|1日の平均は13回~15回
  5. いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】
    いつもの食事に+αでしっかり花粉症対策を!【管理栄養士監修】【花粉症対策の食べ物・飲み物】