ARTICLE お役立ちコラム

頭がかゆいのは怖い疾病?簡単にできる頭がかゆい時のセルフケア方法

頭がかゆいのは怖い疾病?簡単にできる頭がかゆい時のセルフケア方法

「ちゃんと頭を洗っているのに、頭がかゆい……」
「ケアしているのにフケが出る」

このような症状に困っている人もいるのではないでしょうか。
頭皮は自分では見ることができませんし、人にも相談しづらい悩みですよね。

実は頭がかゆい状態は、放っておくと「抜毛」「薄毛」につながることもある危険な状態だということを知っていますか?
頭がかゆい時の正しい対処法を知って、頭皮にも髪にもいい快適な生活を送ってみませんか?

頭がかゆい!頭皮トラブルの症状とは?

頭がかゆい頭皮トラブル

しっかりと洗っているにもかかわらず出てくる頭のかゆみ。
頭がかゆい原因は主に炎症を始めとした頭皮トラブルです。

頭皮トラブルには「かゆい」「フケが出る」「湿疹」「赤み」「乾燥」「チクチク痛む」など様々な種類があります。
皮膚がかゆい時、顔や手足など一目で分かるところは対応しますよね。

しかし、一見分からない頭皮は放置しがちになってはいませんか?

実は、頭皮トラブルは放置していると薄毛や抜毛の要因となることもあるやっかいな症状なんです。
中には医師に相談する必要がある感染症の可能性もあります。

「え、禿げるかもしれないの?」
「病院に行かないといけないくらい怖い症状なの?」
と驚いた方もいるかもしれません。

頭がかゆいと感じた時は、後回しにせずに頭皮の状態をチェックしましょう。
そして、原因に合わせた適切な頭皮ケアをすることが大切です。

頭がかゆい原因にはどのようなものがあるの?

頭がかゆい原因

頭皮トラブルの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

頭がかゆい原因<セルフ対処法ができるもの>

原因1:「汗・汚れ」
帽子をかぶっていたり、洗髪不足などが原因で汚れが溜まり刺激が発生。
それにより頭皮に炎症が起こり、かゆみを感じる。

原因2:「紫外線」
頭皮に紫外線を浴びることにより皮脂が酸化し「皮脂酸化物」が発生。
これが地肌に影響して炎症が起こり、かゆみを感じる。

原因3:「シャンプー」
洗髪の時に量を使いすぎて頭皮が乾燥したり、洗い残しで刺激が発生。
それにより頭皮に炎症が起こり、かゆみを感じる。

原因4:「皮脂」
皮脂分泌が多く皮脂自体による刺激が発生。
それにより頭皮に炎症が起こり、かゆみを感じる。

原因5:「乾燥」
頭皮が乾燥することにより、バリア機能が低下。
刺激に弱くなったことにより、かゆみを感じる。

原因6:「ストレス」
ストレスを感じることにより、皮脂のバランスが崩れ皮脂分泌が活発化。
頭皮を刺激し、かゆみを感じる。

頭がかゆい原因<医師への相談が必要なもの>

原因1:脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)
皮脂分泌が盛んな場所に起こりやすい疾病。
カビなどの真菌の増殖が引き金になることが多い。
皮脂の代謝物が炎症を起こし、かゆみや湿疹を起こす原因になる。

原因2:乾癬(かんせん)
皮膚の表面の角質に炎症が起こる。
皮膚の生まれ変わりが早くなり鱗屑(りんせつ)と言われる白いフケに。
人には移りませんが、フケが落ちる原因となる。

原因3:アタマジラミ
「シラミ」という昆虫が頭に寄生して住み着くことで、激しいかゆみを感じる。
90年代から主に子どもたちの間で流行。
清潔にしていても、寝具・衣類・帽子・タオルの共有などで感染。
その為、感染症としての対応が必要となる。

などがあげられます。

「頭がかゆいってなんか不潔そう……」
「髪の毛洗ってないから起きるんじゃないの?」

そう思っていた方もいるかもしれません。
しかし、原因を見てみると誰にでも起こりうる症状だということが分かります。

自分には関係ないと思わずに、日頃から頭皮のケアをすることが大切です。
そして、もし「頭がかゆい」と感じた時は適切な対応ができるようになりましょう。

頭がかゆい?頭皮トラブルのセルフ対処法とは?

頭皮トラブルのセルフ対処法

もし「頭がかゆい」と感じたら、まず何をすれば良いのでしょうか。

とりあえずすぐに病院に行くこともできますが、身近なところから自分にできる対応策もあります。
症状が急を要するほど酷くない場合は、まずセルフケアをするのも良いでしょう。

そこで、まず日常生活の中でできるセルフ対処法を紹介します。

頭がかゆい時の対処法①医薬品で炎症を治療する

かゆみを感じるということは、炎症などのトラブルが起きている証拠です。
頭皮専用の医薬品でしっかりとケアしましょう。
今はスプレータイプのものやピンポイントで直接塗れるタイプ、ロールオンタイプなど、さまざまなものが市販されています。
その為、使用感や効能など自分の好みに合ったものを選ぶのがおすすめです。
また、かゆみをすぐに抑えたい時は「かゆみ止め成分配合のもの」や「清涼感を感じる成分配合のもの」を使うと良いでしょう。

頭がかゆい時の対処法②薬用シャンプー剤を使う

シャンプー剤を見直しましょう。
「カビやダニの過剰な増殖を抑える」
「皮脂を適度に取り除いて頭皮環境を整える」
「抗ヒスタミン成分が入っていてかゆみを抑える」
など、症状に合わせたさまざまな薬用シャンプー剤があります。
その為、自分の症状に合った薬用シャンプー剤を選ぶことが重要です。

特に乾燥で頭皮がかゆい場合やフケに悩んでいる人には「乾燥する人向け」の薬用シャンプーがおすすめです。

また、頭がかゆいと洗髪時に爪でかきたくなりますよね。
「なんか頭がかゆいなぁ……」
そう思って爪でかいてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、爪で強く頭皮をかく行為は、皮膚のバリアが壊れるため更に症状が悪化する原因です。
シャンプーをする時は爪でかかないようにし、症状に合った薬用成分のあるものを使用して正しい洗髪ケアをしましょう。

正しい洗髪ケアの方法:脂性

洗髪が足りていない可能性がある為、洗髪の頻度を増やしたり洗浄力の強いシャンプー剤を使う。
また、洗い終わったらすすぎ残しがないように、しっかりとすすぐ。

正しい洗髪ケアの方法:乾燥

洗髪のしすぎに注意し、洗髪間隔を空けたり弱めの洗浄力のシャンプー剤を使う。
体質的に乾燥肌の人は、毎回シャンプー剤を使うのではなシャワーで洗い流すだけの日を設定する。

また、ドライヤーの熱は頭皮も髪も傷める為、しっかりとタオルドライを行いできるだけ短時間で済むようにしましょう。

頭がかゆい時の対処法③頭皮マッサージをする

適度に頭皮の血行を良くし、頭皮環境を整えるために頭皮マッサージをするのも効果的です。
洗髪前や寝る前に、頭皮マッサージ用のフケやかゆみを抑える成分の入ったローションなどをつけると、より効果を感じられます。

また、マッサージする時は爪を立てずにゆっくりと行うように気を付けましょう。

マッサージする時のポイント

  • 指の腹で頭の地肌全体を優しく抑える
  • 生え際から頭頂部にかけて指圧する
  • 指先で頭皮を軽くつまむようにしてほぐす
  • 頭を抱えるように両手でつつみ、円を描くように揉む

頭がかゆい時の対処法④ストレスを溜めない

ストレスが溜まると皮脂の分泌が盛んになります。
その為、ストレスも頭がかゆいと感じる原因の1つです。
常日頃から十分な睡眠や休息を取ることを心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。

かゆい所が禿げる?本当に怖い頭のかゆみの原因は?

かゆい所が禿げる?本当に怖い頭のかゆみの原因は?

頭皮のかゆみを放置していると、抜毛に繋がることがあります。
それは頭皮に起きた炎症が、地肌や毛根にダメージを与えるためです。

その結果、カビやダニの増殖だけではなく頭皮に発生する水虫などに繋がります。

「水虫って足にできるんじゃないの?」
そんな疑問を持った方もいるでしょう。

しかし、水虫菌にはたくさんの種類があり中には頭にできる水虫もあります。

あまり知られていませんが、例えば

・柔道・レスリングなどの格闘技を介して海外から入ってきた「トンズラスキン」
・主に犬や猫がかかるが人にも感染する「ミクロスポルム・カニス」

なども水虫菌です。

そして、それらが頭皮にできると、抜毛が起きやすくなります。

またその他にも、冬に皮膚が乾燥しやすくなると増える乾燥性皮膚炎
乾燥性皮膚炎も頭皮に起きるとかゆみやフケを生じて頭皮環境を悪化させ、脱毛を引き起こします。

アレルギー反応によって皮膚に発疹やかゆみを引き起こすアトピー性皮膚炎も、症状が頭皮に現れれば抜毛の原因となるでしょう。
ストレスや生活環境の変化が原因の円形脱毛症も、髪が抜ける前にかゆみを感じることがあると言います。

このように頭がかゆいと感じているまま放置していると、大切な髪の毛が抜ける原因になるかもしれません。
「最近なんだか頭がかゆい」
そう思った時は、まずすばやくセルフ対処法を実践することが大切です。

病院に行ったほうが良い?頭がかゆい時の症状と見分け方

頭がかゆい時の症状と見分け方

頭皮のかゆみにはまず、セルフ対処法を実践することが大切とお話しました。
しかし、中にはセルフ対処法だけではなく医師に相談する必要があります。

主に「カビ・ダニ」「カビ・ダニが原因となった脂漏性湿疹」「アタマジラミ」「乾癬」などです。
これらは感染症であったり慢性的な皮膚炎が原因であったりする為、病院での早期治療が必要となります。

「セルフ対処法で済む頭のかゆみ」と「病院にいかなければならない頭のかゆみ」見分けるのは難しいと思うかもしれません。
そこで主に医師に相談が必要な疾病について、見分け方をご紹介します。

また、疾病の特徴に当てはまらなくても症状が重い場合は迷わず病院を受診したほうが良いでしょう。
もし病院に行く場合は頭皮に関することなので「皮膚科」を受診するのが一般的です。

<カビ・ダニ/脂漏性湿疹>

  • 乾燥した、もしくは脂っぽいフケがでる
  • 頭がかゆい状態が長く続く
  • 地肌が赤くなる

薬用のシャンプー剤を使っても症状が続く場合、脂漏性湿疹の可能性があります。
症状が重くなる前に、病院を受診しましょう。
酷くなると頭皮にうろこ状の厚い湿疹ができ、はがれ落ちてくることがあります。

<アタマジラミ>

  • 頭がかゆい
  • 髪の毛の根元にフケのようなものがあるが、全然落ちてこない

このような場合はアタマジラミの可能性があります。

感染症の際に必要な連絡を済ませ、すぐに病院を受診しましょう。
流行拡大を防ぐための注意喚起も必要です。
また、早期であれば市販のアタマジラミ用の薬で完治することもあります。
しかし完治したかどうかの判断をしてもらうためにも、医師に診断してもらうことが必要です。

<乾癬>

  • 頭皮にはっきりとした紅斑がある
  • 頭が猛烈にかゆい
  • カサカサしたかさぶたのようなものが頭皮にできて、はがれ落ちる

このような症状が見られる場合は、乾癬の可能性があります。
乾癬は人に移る可能性はありませんが、慢性の皮膚病です。
所説ありますが、免疫の以上によって起きると考えられていて再発を繰り返すので早めに病院を受診しましょう。

食べすぎや生活習慣の乱れも頭がかゆい原因に?

不規則な食生活はフケやかゆみ増加の原因の1つです。

特に気を付けたほうが良いのが「食べすぎ」「飲みすぎ」と言えます。

高カロリーなものを摂取すると肥満に繋がったり、ニキビができたりしますよね。
それと同じで、高カロリーを摂取していると皮脂の分泌が促進されます。

中でも皮脂の分泌を促す効果のある「脂質」「糖質」「ナッツ類」などには要注意です。
脂性フケで悩んでいる人は、高カロリーな食事は避けたほうが良いでしょう。

まとめ【頭がかゆみは、自分で対処できるものと病院にいくものがあります】

今回は「頭がかゆい」と感じた時の原因とセルフ対処法、そして危険な頭皮のかゆみの見分け方をお話ししました。
普段あまり意識していない頭皮のかゆみですが、セルフ対処法をしながら医師に相談する必要があるかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

  • 頭皮のトラブルには主に「ふけ・かゆみ・湿疹・乾燥・赤み」などがある
  • 頭がかゆい原因は「汗・汚れ」「紫外線」「シャンプー」「皮脂」「乾燥」「ストレス」「脂漏性湿疹」「アタマジラミ」「乾癬」
  • 頭がかゆい時は最初にセルフ対処法を行うことが大切である
  • 頭がかゆいまま放置すると、抜毛や薄毛の原因になる
  • 「脂漏性湿疹」「アタマジラミ」「乾癬」は病院の受診が必要である
  • 食べすぎや生活習慣の乱れも頭がかゆい原因になる

頭皮のセルフケアを日頃から心がけ、生活習慣を整えて「頭がかゆい」「フケがでる」などの悩みがない、快適な生活を手に入れましょう。

 

よく読まれている記事

  1. 【鼻水・鼻づまりを解消する方法】鼻水・鼻づまりに効くツボも知ろう!
    【鼻水・鼻づまりを解消する方法】鼻水・鼻づまりに効くツボも知ろう!
  2. 【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
    【便秘のお茶】下剤成分ゼロの優しいものを!便秘にいいお茶オススメ5選
  3. 季節の変わり目に疲労がたまる?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調が大切!
    季節の変わり目に疲労がたまる?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調が大切!
  4. ゲップが多いなら注意!ゲップが多い人の「原因」と「考えられる病気」
    ゲップが多いなら注意!ゲップが多い人の「原因」と「考えられる病気」
  5. 植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方
    植物油脂は「体にいいもの」と「危険な物」の2種類ある!植物油脂の選び方