ARTICLE お役立ちコラム

健康維持のために大切な数値の基準「血糖値」とは?高血糖・低血糖のリスク

健康維持のために大切な数値の基準「血糖値」とは?高血糖・低血糖のリスク
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

糖尿病のお話の中で、血糖値という言葉がよく出てきますよね。

血の糖の値と書くので、血液に関係する医学用語ということは、なんとなくわかるけれど、いったいどういうことなのか分かっていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、血糖値が高いと、もしくは低いとどんなリスクがあるのでしょうか。

今回は、血糖値について、そのメカニズムも含めてわかりやすく解説します。

 血糖値とは?

血糖値とは、血液に含まれているブドウ糖の濃度のことです。

ブドウ糖は、人間の脳や筋肉・内臓などでエネルギー源として利用されている物質で、英語ではグルコースとよばれています。
ブドウ糖は、血糖という形で動物の体内で血液を通して循環することで、身体中の細胞に届けられる仕組みになっています。

エネルギー源として、ブドウ糖は動物にとって不可欠なものなのですが、血の中に溶け込んでいるブドウ糖の濃度が高すぎるとかえって体に有害となりますので、適切な濃度にコントロールすることがとても重要です。

そこで、ブドウ糖の濃度をコントロールするのに使われるのが、インスリンやグルカゴンというホルモンです。

このインスリンの量や働きが低下しているために、血液中のブドウ糖の濃度を適切な範囲にコントロールできなくなる病気が、糖尿病です。

血糖値が上がるメカニズム

ブドウ糖を食べているという人はいないでしょう。

実は血液中に含まれるブドウ糖は、食べ物を分解することで作り出されています。
どのようにして食べ物を分解しブドウ糖を作り出しているのかご存知ですか?

食べ物を分解する時に活躍するのが、唾液や胃液、腸液などに含まれる消化酵素です。
消化酵素は、食べ物を分解して体にとって吸収しやすい栄養素に変えていく働きを持っている物質です。

例えばブドウ糖を作り出すのに関係しているのは、唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素で、食べ物を分解してブドウ糖に変えます。

こうして消化酵素によって生み出されたブドウ糖は、エネルギー源として全身の細胞に送り届けるために、腸から吸収されて血液中に取り込まれ、血液中のブドウ糖の濃度が上がります。

血液中のブドウ糖の濃度=血糖値ですから、このようにして血糖値が高くなります。

糖尿病で血糖値が高くなるのはなぜ?

血液に含まれるブドウ糖の濃度は、インスリンやグルカゴンとよばれるホルモンによって一定の範囲に収まるようにコントロールされています。

インスリンは、すい臓から分泌されるホルモンです。

血液中のブドウ糖を、筋肉や肝臓に取り込ませることで血糖値を下げる働きをしています。

グルカゴンには、肝臓や骨格筋にグリコーゲンという形で蓄えられたブドウ糖を血液中に放出させて血糖値を上げる働きがあります。

インスリンとグルカゴンは、全く反対の働きをするホルモンといえます。
健康な人の場合、食事によって血糖値が上がると、インスリンがすい臓から分泌されます。
高くなった血糖値は、インスリンの働きで下げられます。

ところが糖尿病の方は、インスリンを作り出す力が弱くなったり、血糖値を下げる働きが低下したりしています。
血糖値を下げる働きをするホルモンは、インスリンだけです。
したがって、インスリンの量や働きが低下すると、血糖値を十分に下げられなくなるのです。

これが、糖尿病の方の血糖値が高いどまりしてしまう理由です。

血糖値のパターン別の対処法

血糖値やヘモグロビンA1C(HbA1C)の数値から、血糖値の状態は、『糖尿病型』『境界型』『正常型』の3パターンに分類できます。

①糖尿病型血糖値

文字通り糖尿病と診断された血糖値です。
まずは、食事のメニューを見直したり、日常生活に運動を積極的に取り入れることで対処します。
食事の見直しや運動を2〜3ヶ月続けても、効果がみられない場合、薬を使った治療にうつります。

診断基準:
・空腹時血糖値=126[mg/dL]以上
または
・ブドウ糖負荷後2時間値=200[mg/dL]以上

・ヘモグロビンA1C=6.5%以上

血糖値とヘモグロビンA1Cのどちらも異常であれば、糖尿病と診断されます。
もし、血糖値とヘモグロビンA1Cのどちらかだけが異常であれば、再検査をします。
2回目の検査でもどちらかが異常なら糖尿病と診断します。

②境界型血糖値

いわゆる糖尿病予備群とみなされているのが境界型です。
正常な血糖値ではないけれど、糖尿病型までには至っていない状態です。
境界型の場合は、食事メニューの見直しや運動などの生活習慣の改善などが行われます。

診断基準:
・空腹時血糖値=110[mg/dL]以上、26[mg/dL]未満

・ブドウ糖負荷後2時間値=140[mg/dL]以上、200[mg/dL]未満

③正常型血糖値

糖尿病型でも境界型でもない、健康な人の血糖値パターンです。

診断基準:
・空腹時血糖値=110[mg/dL]未満
かつ
・ブドウ糖負荷後2時間値=140[mg/dL]未満

・ヘモグロビンA1C=6.5%未満

血糖値が低くなった場合のリスク

血糖値が下がりすぎた、つまり血液中のブドウ糖が少なくなりすぎた状態を低血糖といいます。
具体的には、血糖値が70[mg/dL]以下となった状態です。

血糖値が70[mg/dL]を下回るようになると、汗が出る、お腹が空く、あくびが出る、しびれ感、力が入らない感じなどの症状が現れ、これを低血糖症状とよびます。

更に血糖値が下がると、頭痛や目のかすみも起こります。

このような症状が見られる場合は、低血糖に陥っている可能性があるので、すぐに血糖値を測ってください。

特に血糖値が50[mg/dL]以下にまで下がると、けいれんや意識の消失、異常な行動などの症状が現れますが、これは脳がエネルギー不足状態になっているからで、生命の危険があります。
すぐに砂糖やジュースなどを摂取して、血糖値を高めなければなりません。
意識がなくなり、飲み込めない場合は、砂糖を水で溶かして、唇と歯ぐきの間に塗り込み、救急車を呼んでください。

ただし、中には日常的に低血糖になっている人や、低血糖に陥っていることに気がつかない人などの場合に起こる無自覚性低血糖という状態もあります。

そのような人の場合は、自覚症状が現れることなく、急にけいれんや意識消失を起こすことがあるので、注意が必要です。

低血糖をもたらす原因としては、『インスリンの飲み薬や注射薬をたくさん使いすぎた』『インスリンを使った次の食事の時間が遅くなった』『お腹が空いた状態で運動をしてしまった』などがあります。

つまり、低血糖は、『薬の量や時間を間違えない』『空腹時には運動をしない』などの日常生活での工夫によって予防できるのです。

低血糖に陥らないように、気をつけてください。

血糖値が高くなった場合のリスク

血液中のブドウ糖は、欠かすことができない重要な物質ですが、多すぎる、つまり血糖値が高い状態は、かえって有害となります。

なぜなら、血糖値が上昇した場合に生じる病気から身体を守る機能が備わっていないからです。

血糖値が高くなった場合のリスクは、急激に症状が現れる急性合併症と、ゆっくりと症状が現れる慢性合併症の2つに分けられます。

急性合併症では、高血糖性昏睡という意識障害が挙げられます。

高血糖性昏睡では、早期に大量のインスリンを投与する必要があり、そうしないと生命にかかわります。

一方、慢性合併症では、命に関わることは少ないですが、失明のリスクが高い網膜症・足が腐って切断しなければならなくなる神経障害・透析になるリスクが高い腎症の3大合併症があります。

いずれも日常生活に大きな影響を与え、長期にわたって苦痛をもたらします。

なお、血糖値が180[mg/dL]以上になると、おしっこにブドウ糖が含まれるようになります。

糖尿病という病気の名前の由来は、ここにあるのです。

 血糖値をコントロールする方法

正常な血糖値は、空腹時で60〜110[mg/dL]、食後で100〜140[mg/dL]です。
この範囲に血糖値をおさめるようにコントロールするにはどうすればいいのでしょうか。

そこで大切なのが、生活習慣の見直しです。

まずは、食生活に着目してください。

1日の適切なエネルギー量[kcal]を計算しましょう。

適切なエネルギー量は、体重や身長を基準に定められています。

・デスクワークが主な人:身長([m])×身長([m])×22×25
・肉体労働の人:身長([m])×身長([m])×22×30

1日の摂取カロリーが、この適切なエネルギー量の範囲内におさまるように食べすぎない、そして栄養バランスの偏りのない食事を、1日3食、規則正しく食べるようにしてください。

カロリー計算が難しいという人は、『食事は腹八分目まで』『野菜をたくさん食べる』などから取り掛かるのもいいでしょう。

ついで、運動も重要です。

適度な運動は、身体の新陳代謝を高め、血液の流れを改善させます。
そこで、おすすめしたいのが、ウォーキング・スイミング・サイクリングなど有酸素運動です。
こうした軽くて長時間続けられる運動は、脂肪の燃焼効果が高く、インスリンの働きを改善できるからです。

食生活を整え、運動を日常に取り入れた生活習慣の改善で、糖尿病を予防しましょう。

食後高血糖とは?

食後高血糖とはいったいどのような状態なのでしょうか。
食事を取った後の血糖値を食後血糖値といいます。

食事を食べれば、誰でも食後血糖値は高くなります。
ですが、健康な人なら食事から2時間も経過すれば高かった血糖値も、自然に140[mg/dL]未満になるまで下がっていきます。

ですから、健康な人なら、食後血糖値を気にする必要がありません。

ところが、2時間以上経っても血糖値が下がらず、140[mg/dL]以上の高値を保ち続けてしまう場合があります。
これを『食後高血糖』とよんでいます。

近年のいろいろな研究結果から、食後高血糖が、糖尿病患者さんだけでなく、糖尿病になりかけている、つまり糖尿病予備群に含まれる方々においても、とても重要であることが明らかになってきました。

食後血糖値が重要な理由

食後高血糖は、糖尿病や糖尿病予備群の方々にとって、健康上とても重要な意味をもちます。
糖尿病が軽度の方や、発症初期の方、そして糖尿病予備群の方では、空腹時血糖値が110[mg/dL]を下回り、正常値を示してしまうことがあります。

このような方々に対して、空腹時血糖値だけで糖尿病かどうかを診断してしまうと、糖尿病を見逃してしまう可能性があり、気がつかないうちに、糖尿病が進行していったり、予備群だったのに糖尿病を発症してしまったりするリスクが生まれます。

そこで、食後血糖値を測れば食後高血糖が分かりますから、これを利用して隠れた糖尿病を見つけ出すのです。

糖尿病を発病している方だけでなく、糖尿病予備群の方にとっても、隠れた糖尿病を見逃さないために、食後高血糖はたいへん重要です。

 食後高血糖のリスク

食後高血糖を示している方は、インスリンの量が足りない、もしくは働きが悪くなっています。
そのため、身体の中に取り込まれたブドウ糖を分解して減らすことができず、食事によって高くなった血糖値を正常な値にまで戻せません。

この状態を『耐糖能異常』といいます。

耐糖能異常を示している方は、そうでない方と比べて動脈硬化が進みやすい傾向があることが明らかになっています。
動脈硬化は、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの血管系の病気を引き起こすリスク要因の一つです。
糖尿病に気がつかず、適切な治療が受けられていない場合、心臓や脳の病気を起こしやすくなります。

もちろん、糖尿病性網膜症などの他の合併症のリスクも高まります。
空腹時血糖値だけでなく、食後高血糖かどうかをチェックすることが、糖尿病の方の場合は、合併症を防ぐ、そして糖尿病予備群の方の場合は、糖尿病を予防するという点から、とても重要です。

 最後に【血糖値は適切にコントロールすることが重要】

血糖値は、血液中に含まれるブドウ糖の濃度の値です。

血糖値は、食事によって高くなりますが、インスリンというホルモンの働きで健康な人は自然と下がっていきます。
ところが、インスリンの量が足りない、もしくはうまく働かないことにより、血糖値が下がらず高止まりする病気が糖尿病です。

血糖値は、①糖尿病型、②境界型、③正常型の3パターンに分けられます。

境界型以上になれば、まず食生活の見直しや運動など生活習慣の改善により血糖値の正常化を図ります。

糖尿病型で、生活習慣を見直しても改善しないときは、薬を使った治療に移ります。
血糖値は、低くても高くても健康に悪影響があります。

特に低すぎる、反対に高すぎる場合は、意識障害をもたらし、生命にかかわるとても危険な状態になる場合があるので、注意が必要です。

最近注目されているのが、食後の血糖値です。
食後の血糖値が高い、つまり食後高血糖を見つけ出すことが、見逃されがちだった軽度の糖尿病や初期段階の糖尿病の発見につながるからです。

しかも食後高血糖の人は、動脈硬化を起こしやすい傾向もあり、食後高血糖を見つけ出せれば、心臓や脳の病気を予防できる可能性も高まります。

糖尿病にならないよう、食生活や運動などの生活習慣に気を配ることも大切ですが、もし糖尿病の気配があった場合は、食後高血糖かどうかもチェックし、血糖値を適切な範囲におさめるようにしましょう。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
薬剤師「伊東」
記事の監修 伊東 和子(いとう かずこ)

テイコク製薬社調剤店舗「薬剤師」

35年の薬剤師キャリアを活かし、「健康を知り尽くした調剤マスター」としてテイコク製薬社の調剤業務に従事。

よく読まれている記事

  1. 【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
    【便秘の時こそ下剤成分ゼロの体にやさしいお茶を】便秘に良いお茶の選び方
  2. 鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
    鼻水・鼻づまりを解消する方法!【鼻水・鼻づまりに効くツボもご紹介】
  3. なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
    なぜ、季節の変わり目に疲労が溜まるの?季節の変わり目は寒暖差に負けない体調管理が大切!
  4. ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
    ゲップが多い人の原因と考えられる病気|ゲップが多い場合の対処法
  5. インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方
    インフルエンザは潜伏期間でも他人にうつる!感染を防ぐ方法とインフルエンザの潜伏期間の過ごし方