大丸京都店にてIFMC.を使用した膝サポーターのイベントブースを出店します

大丸京都店のイベントブースで、IFMC.を使用した膝サポーターを京都大丸限定デザインで販売いたします!

期間:5月24日(金)~5月29日(水)
場所:大丸京都店 7階催会場(https://www.daimaru.co.jp/kyoto/

是非お越しくださいませ!

【寝る前にNG飲み物】ホットミルクはダメ!?寝る前の飲み物でオススメは?

カフェインを含んだコーヒーを寝る前に飲むと眠りが浅くなるということは、知っている方も多いですよね。

しかし、なぜカフェインは眠りに影響をもたらすのでしょうか?

今回は、睡眠を妨げる飲み物や、睡眠前に飲むといいオススメの飲み物についてご紹介します。

【寝る前にNG飲み物】カフェインが眠りを妨げる理由

カフェインが眠りを妨げる理由【寝る前に避けた方がいい飲み物】

【寝る前にNG飲み物】アルコール飲料

寝酒という言葉が有名なので、深酒はともかく、少しくらいお酒を飲んだ方が睡眠にいいと思っている方は少なくありません。

ですが、基本的にアルコール飲料は、質の高い睡眠に適していないので寝る前に飲むのはNGです。

アルコールは大なり小なり脳を覚醒させるので、たとえすぐ眠れてもその浅さから通常よりも疲労の回復が遅くなります。

また、睡眠の浅さに加え、水分を欲することから、寝ている途中で目覚めてしまうことも多くなります。

寝る前に飲む飲み物として、デメリットが目立ちます。

【寝る前にNG飲み物】カフェインが含まれる飲み物

カフェインが含まれる飲み物にはコーヒーが有名ですが、緑茶にも多く含まれているので注意が必要です。

しかし、何故カフェインが睡眠によくないかはあまり知られていません。

実は、カフェインが睡眠を阻害するメカニズムについては、長い間、正確には解明されていませんでした。

現在では、最新の研究によってその実態が少しずつ明らかになっています。

私たちの脳では、睡眠物質と呼ばれる「アデノシン」と、覚醒物質といわれる「ヒスタミン」が日々、生成されています。

「アデノシン」は蓄積されていくと、脳から「ヒスタミン」の放出を抑える性質があります。

そして段々と「アデノシン」が溜まった脳は、体を休息させるモードに入り、やがて睡眠につながるという流れになります。

しかし、カフェインは、この「アデノシン」の生成を阻害する働きがあります。

カフェインと「アデノシン」の構造が、とても似ていることが理由といわれています。

すると、「ヒスタミン」の放出が止まらないので、脳は覚醒を続け、体が中々休まらない状態になります。

これが、カフェインの睡眠阻害作用です。

昔から言われるように、寝る前にカフェインを多く含む飲み物は、飲むのは避けましょう。

【寝る前にNG飲み物】寝る前はホットミルクがいい!?

寝る前の飲み物で有名な「ホットミルク」実は…条件があった!?

寝る前に飲むといいと言われる飲み物には、色々なものがあります。

しかし中には、民間伝承レベルで伝わってしまい、科学的な根拠に欠けるものも少なくありません。

寝る前に飲む飲み物として、幅拾い世代に有名なのはホットミルクです。

小さいころから「、眠れない時は牛乳を温めて飲みなさい」と教わった覚えがある方は多いでしょう。

しかし、温かい飲み物が寝る前にいいのは確かですが、ホットミルク自体の効果については、実は色々な方面から疑問視する声も上がっています。

牛乳には、睡眠のために必要なホルモン「メラトニン」を生成する元となる「トリプトファン」が多く含まれています。

これが睡眠にいいといわれるようになった理由といわれますが、食事から摂取したトリプトファンから体内でメラトニンが生成されるには、実は半日以上の時間が必要です。

ぐっすり眠りたいからという理由で、飲む飲み物ではないかもしてません。

【寝る前の飲み物】寝る前にオススメの飲み物を2つ紹介

寝る前におすすめの飲み物を紹介!寝る前の一工夫でぐっすり!

【寝る前の飲み物】ホットのハーブティーやお茶

カモミールティー、ルイボスティー、ローズヒップティー、黒豆茶、ごぼう茶、三年番茶などを温めて飲むのがいいでしょう。

ハーブティーの選択として、まずノンカフェインであることが第一条件です。

そして、抗酸化作用のある成分(ポリフェノールなど)や、食物繊維を多く含むものがオススメです。

寝ている間に、血行や、腸の働きを整える作用が期待できます。

【寝る前の飲み物】しょうが湯

しょうが湯も新陳代謝を促進して、体を温める作用があるので、寝る前の飲み物として効果的です。

【寝る前の飲み物】飲むタイミングは寝る〇時間前に!

飲み物を飲むタイミングは寝る〇時間前に

気持ちよい睡眠をとるには、寝る1時間ほど前から副交感神経を落ち着かせるため、TVやパソコンなどを使うのをやめ、脳と体をリラックスさせることが重要です。

小さめの音でクラシックを聴いたり、本を読んだりするのもいいでしょう。

この時は頭を使うビジネス書ではなく、気楽に読める小説やエッセイなどを読むようにしましょう。

そして、安眠のために飲み物を飲む場合、この就寝~1時間前のタイミングに合わせて飲むのが一番効果的です。

その時は体に刺激を与えないように、ゆっくりと味わうことが大切です。

そのためにもリラックスタイムに入る前に、飲み物の準備をしっかりしておくことをオススメします。

逆に、寝る直前に一気に飲んだり、寝る2~3時間に飲むのは控えましょう。

寝る直前に大量に飲むと、落ち着いた副交感神経を刺激してしまい、あまりに時間が早すぎると温めた体が冷えてしまい、効果が薄れてしまうためです。

寝る前に飲む飲み物を選べば睡眠の質は変わります!

今回は、睡眠を妨げる飲み物や、睡眠前に飲むといいオススメの飲み物についてご紹介しました。

寝る前の飲み物は、ホットハーブティがオススメです。

体を刺激しないように、寝る1時間ほど前から、ゆっくり味わって飲みましょう。

「食後」と「眠気」の関係性は?食後に眠気がくる原因や予防方法を解説

食後は眠気に襲われませんか?
特に昼食後に眠気に襲われるという人は多いと思います。

昼食後に仕事を開始しようと思っても、眠くて集中できなかったり、だるくてやる気が起きなかったり、食後の眠気はとても厄介です。

しかし、食後の眠気は食事の摂り方を少し工夫するだけで防げます。

食事中~食後にかけての血糖値の変化が主な原因です。
血糖値を意識して食事を摂ることで、食後の眠気やだるさを予防しましょう。

そこで今回は、食後の眠気に襲われる原因や、食後に眠気に襲われ時の眠気対策グッズについてご紹介します。

【食後の眠気】食後に眠たくなりやすい人の10の特徴

【食後の眠気】食後に眠たくなりやすい人の10の特徴
食後の眠気には色々な原因がありますが、特に食事に関するものが多いです。

食後に眠気に襲われるという人は、以下に心当たりがあるのではないでしょうか?

【食後の眠気】朝ご飯を食べない!

朝ご飯を食べないと、昼食時に血糖値が急激に上昇するため、インスリンが多量に分泌されます。
すると血糖値が急降下し、眠気を引き起こします。

【食後の眠気】食べ過ぎている!

食べ過ぎると「オレキシン」という脳内物質が活性化し、脳内が覚醒状態から睡眠モードに切り替わります。

【食後の眠気】丼物やパスタなどの単品料理が多い!

炭水化物(=糖質)は、血糖値を上げる作用があります。

丼物やパスタなどの単品料理は、炭水化物を多く摂取することになりますので、血糖値が上がり、その後の急降下により眠たくなります。

【食後の眠気】玄米や雑穀米より白米、蕎麦よりラーメンが好き!

白米やラーメンなどの「白い」炭水化物は、玄米や雑穀米・蕎麦に比べてGI値が高いです。

GI値が高いものは、血糖値を急激に上昇させる働きがあるため、その後の急降下により眠気が起こります。

【食後の眠気】食物繊維をあまり摂らない!

食物繊維には、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

食物繊維を摂ることで血糖値の上昇が緩やかになりますが、あまり摂らない人は血糖値が急激に上昇する可能性が高いです。

【食後の眠気】早食い!

早食いは、血糖値の急上昇に直結します。

食べ物が一気に腸内に運び込まれることで、短時間で血糖値が上昇するため、注意が必要です。

【食後の眠気】果物やデザートなど甘いものをよく食べる!

果物やデザートには、糖分が多く含まれています。

糖分は血糖値を上昇させますので、食後のデザートが日課になっている場合は要注意です。

【食後の眠気】1人で食べることが多い!

一人で食事をすると食べ物に対する執着心が大きくなり、食べ過ぎにつながるという研究結果があります。

【食後の眠気】間食をしない!

間食はしないほうがいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、空腹状態を続けた後に食事を摂ることで、血糖値が急上昇するため眠気が起こります。

【食後の眠気】睡眠不足になっている!

睡眠不足の場合は、午前中は頑張れても、午後になると体力が持たずに眠気に襲われることがあります。

【食後の眠気】食後に眠気に襲われる原因は3つ!

【食後の眠気】食後に眠気に襲われる原因は3つ!
食後に眠くなるのは「なぜだろう?」と思っている人は少なくないと思います。

気候がいいから「眠たくなる」と思うかもしれませんが、それだけではなく他にも原因があります。

主な3つの原因について紹介します。

【食後の眠気】食事性低血圧が原因です!

食事性低血圧とは、食後に急激に血圧が低下することをいいます。

明確な定義はありませんが、食事摂取後1時間以内に平均血圧が20mmHg以上低下する場合などがこれにあたります。

自律神経失調症、パーキンソン病、アルツハイマー病、脳血管障害、高血圧などの既往があると、食事性低血圧が起こりやすいとの報告があります。

食後は、食べたものを消化するために胃や腸の血管が拡張し血液が胃腸に集まり、結果として心臓の血液量が減り血圧が低下します。

この時、健康な人の体では血圧を維持・調整できますが、上記に挙げたような病気がある場合は、自律神経などがうまく働かなくなり、急激な血圧低下が起こりやすくなり眠気が生じます。

【食後の眠気】オレキシンという脳内物質の活動が鈍るのが原因です!

上記で少し触れましたが、食事をして心身とともに満たされた状態になることで「オレキシン」という脳内物質の活動が鈍くなります。

動物はお腹がすくとエサを求めて脳が覚醒しますが、この時はオレキシンの活動が活発になっています。

しかし、エサを捕らえて空腹が満たされると、今度はオレキシンの活動が鈍くなり、眠気が現れます。

これは人間も同じで、お腹がいっぱいになるとオレキシンの活動が鈍くなり、食後に眠たくなります。

【食後の眠気】血糖値の乱高下のが原因です!

炭水化物や甘いものをたくさん食べたり、大食い・早食いをしたりすると、血糖値が乱高下する可能性が高くなります。

血糖値の乱高下というのは、食事により急激に上がった血糖値が、その後急激に下がることをいいます。

本来なら血糖値は食後緩やかに上昇し、その後緩やかに低下していきます。

グラフに表すと緩やかな波のような波形を描きますが、血糖値が乱高下している場合は、とがった釘(スパイク)が刺さっているような波形を描き、これを「血糖値スパイク」と呼びます。

このように血糖値を急上昇→急降下させるような食生活をしている場合は、食後の眠気を感じやすくなります。

【食後の眠気】食後の眠気と血糖値の関係性を知ろう!

【食後の眠気】食後の眠気と血糖値の関係性を知ろう!
血糖値スパイクは糖尿病の前段階であり、通常は食事をすると緩やかに上昇するはずの血糖値が、急激に上昇するようになります。

この血糖値スパイクが生じている可能性のある日本人は1400万人以上いるといわれており、9人に1人が血糖値スパイクの疑いがあることになります。

この血糖値スパイクは、放っておくと糖尿病になる可能性が高いため、できるだけ早く発見することが早期治療のカギになります。

食後の眠気とも深い関わりがあり、血糖値スパイクのリスクが高い人は、食後に眠気を感じる確率が高くなります。

血糖値スパイクは糖尿病の前段階とだとお話ししましたが、何らかの原因で食後短時間の間に血糖値が急上昇することをいいます。

血糖値が急上昇すると体が驚き、血糖値を下げようとしてインスリンが多量に分泌されます。
すると今度は一気に血糖値が下がり、低血糖状態になります。

低血糖状態になると、眠気、倦怠感、イライラが現れやすくなります。

どのような人が血糖値スパイクを抱えているのでしょうか?

以下の質問に答えていくことで、そのリスクを診断できます。

【食後の眠気】血糖値スパイクのセルフチェックリスト

  • 朝食は食べない
  • 週3回以上の外食やコンビニ食
  • BMIが25以上
  • 血のつながった家族に糖尿病の人がいる
  • 3食のうち1食以上は10分以内に食べ終わる(早食い)
  • 食後はあまり動かず椅子に座っていることが多い
  • 運動の頻度は週3日以下
  • 3回以上ダイエットに取り組んだことがある
  • 6時間以下の睡眠が週3回以上ある

上記の項目に5つ以上当てはまる人は、血糖値スパイクのリスクが高いです。

3~4つの人は中リスク、2つ以下の人は低リスクになります。

健康診断では空腹時の血糖値を測りますので、血糖値スパイクの場合は検査値に異常がないと診断される可能性が高く、糖尿病になって初めて気づくケースが多いです。

もしかして…?と思う人は、食後すぐに血糖値検査をすることをオススメします。

【食後の眠気】血糖値スパイクの原因と予防方法

【食後の眠気】血糖値スパイクの原因と予防方法
セルフチェックリストにあったように、下記に当てはまると食後の眠気=血糖値スパイクの原因になります。

  • 朝食を食べない
  • 早食い
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 太り気味

この他にも、下記に当てはまると血糖値スパイクの原因になります。

  • 甘いお菓子やジュースをよく食べる
  • 炭水化物メインのメニューをよく食べる
  • お酒を大量に飲む
  • 野菜不足
  • 食事の時間が不規則
  • 食後すぐに就寝する(2時間以内)
  • たばこを吸う
  • 移動はもっぱら車でする
  • 怒りっぽい性格

血糖値スパイクの根本的な原因は、血糖値の急上昇なので、血糖値を急上昇させない生活をすることが予防につながります。

6つの予防方法について紹介します。

【食後の眠気】よく噛んでゆっくり食べて予防する!

早食いや大食いをすると血糖値が急上昇するので、よく噛んでゆっくり食べることで、早食いと食べ過ぎを防ぎます。

【食後の眠気】ベジタブルファーストを意識して予防する!

空腹の状態で炭水化物を食べると、血糖値が急上昇しやすくなります。

食事の際は、主食(糖分)より先に野菜を食べて、小腸に膜を作ることで糖分の吸収が緩やかになります。

食べる順番としては、野菜→タンパク質(肉・魚など)→炭水化物の順番で食べるのがオススメです。

【食後の眠気】1日3食しっかり食べて予防する!

食事を抜くと、血糖値はどんどん下がっていきます。

血糖値が下がりすぎた時にドカ食いすると、一気に血糖値が上がる原因になります。

朝昼晩しっかり食事を摂って、血糖値の急上昇を防ぎましょう。

【食後の眠気】間食を有効活用して予防する!

1日3食食べていてもお腹がすいてしょうがない時もあると思います。

そんな時は食物繊維が豊富なドライフルーツやナッツ類を少しつまむようにするといいです。

食物繊維は糖の吸収を緩やかにする働きがありますし、空腹による食後の血糖値の急上昇を防げて一石二鳥です。

【食後の眠気】食材選びに気を付けて予防する!

主食にはご飯や麺類、パンなどがありますが、「白」のものより「黒」「茶色」のものを選ぶようにしましょう。

ご飯なら玄米や雑穀米、麺類なら蕎麦、パンなら全粒粉のパンというように、色の濃いものを選びましょう。

精製されていないものは食物繊維が豊富なので、糖の吸収を抑える効果があります。

【食後の眠気】おやつは糖質オフにして予防する!

最近は糖質オフの食べ物が多く売られています。

ケーキなどの甘いものは血糖値を急上昇させる原因になるので、食後のデザートなどがどうしても食べたい場合には、糖質カットや糖質オフのものを選ぶことをオススメします。

糖質オフのレシピはたくさんありますので、ネットや本で調べて手作りするのも1つの手です。

食事に関する簡単な予防法をお話ししましたが、生活習慣を良い方向へと変えることで、血糖値スパイクリスクを下げれます。

生活のリズムを整え、健康的な生活をすることが何よりも大切です。

【食後の眠気】血糖値スパイクは体が出す危険信号!?

【食後の眠気】血糖値スパイクは体が出す危険信号!?
血糖値スパイクは糖尿病の原因になりますが、糖尿病のほかにも多くのリスクがあります。

心筋梗塞や脳梗塞、認知症、がん、集中力の低下などが挙げられます。

血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つき、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

また、血糖値の急上昇によるインスリンの過剰分泌は、脳の老廃物の蓄積を促進し、アルツハイマー型認知症の原因にもなります。

このインスリンはがん細胞を活性化させる働きもあるため、がんの発症リスクも高くなります。

そして、食後の眠気や倦怠感が起こり、その結果集中力が低下し、イライラや判断力の低下を伴うことがあります。

どうしても食後に眠気に襲われたら眠気対策グッズを活用

どうしても食後に眠気に襲われたら眠気対策グッズを活用
食後にどうしても眠くなった場合は「眠気対策グッズ」を活用しましょう。

ここでは、職場や学校に持ち運びやすいグッズについて紹介します。

【食後の眠気】眠気対策グッズのクール系の目薬

刺激の強い、爽快感のあるタイプの目薬を使うことで眠気対策になります。

目のショボショボ感も解消できるので、普段から持ち歩いていると良いかもしれません。

【食後の眠気】眠気対策グッズの炭酸飲料

こちらも、刺激の強いタイプの炭酸飲料を飲むことで、気分がリフレッシュします。

ウィルキンソンの強炭酸や、コカ・コーラのカナダドライ強炭酸がオススメです。

【食後の眠気】眠気対策グッズのアロマの香り

レモンやユーカリ、ローズマリーなどの、眠気が覚める香りがオススメです。

精製水にアロマオイルを混ぜてスプレーボトルに入れたり、ハンカチにしみ込ませておいたり、無香のハンドクリームに混ぜたりすると、持ち運びやすく使いやすくなります。

食生活や日常生活を改善しても、どうしても眠気に襲われる…という場合に是非ご活用ください。

気分転換ができることで気持ちがリセットされて、眠気が吹き飛ぶと思います。

食後の眠気はちょっとした工夫で予防しよう!

食後の眠気はちょっとした工夫で予防しよう!
今回は、食後の眠気に襲われる原因や、食後に眠気に襲われ時の眠気対策グッズについてご紹介しました。

食事の摂り方や生活習慣を改善することで、食後の眠気は予防できます。
仕事の効率もグンと上がるのではないでしょうか?

食生活や生活習慣の改善は、眠気の予防だけでなく体にもいいことがたくさんあるので、これを機に健康的な生活習慣を身につけましょう。

【睡眠障害の特徴】睡眠障害のタイプや症状について知っておこう!

みんさんはしっかり睡眠が取れていますか?

睡眠障害は、日常生活にも様々な支障をきたします。

そこで今回は、睡眠障害の1つの不眠症の原因や、睡眠障害の対策についてご紹介します。

また、不眠症以外の睡眠障害についても紹介しますので、睡眠で悩んでいる方は、まずは自信と照らし合わせて症状のタイプや原因を確認しましょう。

【睡眠障害】睡眠障害の1つの不眠症の特徴を知ろう!

【睡眠障害】睡眠障害の1つの不眠症の特徴を知ろう!
不眠症とは睡眠障害のうちの1つで、「寝つきが悪い」「眠ってもすぐに起きてしまう」「朝早くに目が覚める」など、よく眠れない症状が続き、それが原因で起こる体調不良の状態のことです。

具体的には、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つです。

不眠症以外の睡眠障害では、過眠症、概日リズム睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群、睡眠時随伴症、むずむず脚症候群などがあります。

不眠症は、「本人が眠れずに困っている」「眠れる環境にあるのに眠れない」「眠れないことで倦怠感や注意力散漫になり、日常生活に支障がでている」の3つの基準をもとに判断されます。

不眠といっても種類や症状は様々なので、改善するためにはまず自分の不眠タイプを知ることが大切です。

不眠症や他の睡眠障害の症状と対策について解説します。

【睡眠障害】不眠症の4つのタイプを知っておこう!

【睡眠障害】不眠症の4つのタイプを知っておこう!

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】なかなか眠れない入眠障害

【症状】
布団に入ってから寝付くまで30分〜1時間以上かかる症状のことです。
【原因と対策】
ストレスや不安など精神的問題を抱えている場合に起こりやすく、他にも身体的な疾患や生活習慣が原因である場合が多いです。
  • ストレスを溜め込まない
  • 日光を浴びて睡眠リズムを整えるホルモンを増やす
  • 寝る前に明るい光を見ないようにする(寝る前のスマホは避ける)

【ストレスを溜めこまない】
対策としては、緊張やストレスなどが原因である場合はとにかくストレスを溜め込まないことです。

ストレスが眠れない原因になってしまうのは、ストレスをためる事によって自律神経が乱れてしまうからです。

自律神経とは、呼吸器、内臓器官の働き、血液の流れなどを調整するために必要な神経です。

おもに交感神経と副交感神経から成り立っていて、昼間の時は交感神経が優位の状態で、リラックスしている時は副交感神経が優位の状態になっています。

しかし、ストレスがかかっている状態では、交感神経が優位になり、目が冴えてしまいます。

そのため、就寝前に交感神経が優位にならないよう、リラックスできる環境で寝ることが大切です。

ストレス発散法を見つけたり、家族や友人、もしくはカウンセラーに相談するなど、とにかくメンタル面を良好にすることが改善の第一歩です。

同時に、ストレスを受けるのではなく回避する方法を見つけるのも大切です。

【日光を浴びる】
日中に日光を浴びていないことも入眠障害の原因となります。

日光を浴びるとメラトニンという睡眠リズムを整えるホルモンが増えて夜寝付きやすくなるので、日光を浴びる時間を意識的に増やすようにしましょう。

【寝る前に明るい光を見ない】
夜に明るい光を見ないようにすることも効果的です。

人は明るい光を見ると覚醒するようになっています。

夜間はパソコンやスマートフォンの画面の明るさを下げる、家の照明を暗めにするなど、目に刺激を与えないことを心がけてみてください。

他には、運動して体を疲れさせる、カフェインの摂取を控える、寝る前はお酒を飲まないなど生活習慣を見直してみるのも大切です。

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】何度も夜中に目が覚める中途覚醒

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】何度も夜中に目が覚める中途覚醒

【症状】
睡眠中に何度も目が覚めてしまい、一度起きるとなかなか眠れなくなる症状です。不眠症のうち最も多い症状で、高齢者に多くみられ、60歳以上の高齢者のうち20%以上が経験しています。
【原因と対策】
主な原因は加齢、ストレス、生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群などの病気、頻尿などです。加齢が原因である場合は深く心配する必要はありません。歳をとるにしたがって睡眠と覚醒の間隔が短くなるのはごく自然なことです。
日常生活に支障がないのであれば特に問題ないでしょう。
  • ストレスを溜め込まない
  • 起床時間と就寝時間を一定にする
  • 就寝1~2時間前に入浴する
  • 生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群、うつ病などの病気が原因の場合は病院に行く

【ストレスを溜め込まない】
やはり途中で目が覚める人もストレスが原因です。

【起床時間と就寝時間を一定にする】
起床時間と就寝時間がバラバラな人は、一定にして生活リズムを整えてみてください。

決まった時刻に起きて寝ることを体が覚えると、自然に眠くなり、途中で起きる回数も減っていきます。

【就寝1~2時間前に入浴する】
さらに、入浴も効果的な対策法です。

人間は、体内の温度(深部体温)が下がった時に眠くなります。

深部体温を下げるには、一度深部体温を上げる必要がありますが、これには入浴が効果的です。

ぬるめのお湯にゆっくり入ることで深部体温が上がり、1〜2時間ほどで下がっていきます。

就寝時間から逆算して、入浴するようにしてみると良いでしょう。

【病院に行き相談をする】
また、生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群、うつ病などの病気の方は、病気が原因で深い眠りにつきにくくなり、睡眠途中で起きてしまうことが多くなります。

この場合は病気の改善が一番効果的なので、専門医にかかって治療することをオススメします。

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】予定より早く目が覚める早朝覚醒

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】予定より早く目が覚める早朝覚醒

【症状】
予定していた起床時間よりもかなり早く目が覚めてしまう症状のことをいいです。
【原因と症状】
高齢になると起こりやすくなりますが、これも自然な老化現象なので日中の活動に影響がなければ心配はいりません。
他の原因としては生活習慣やストレスが考えられます。
  • ストレスを溜め込まない
  • タバコやアルコールを控える
  • 寝る前に明るい光を見ないようにする(寝る前のスマホは避ける)
  • 生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群、うつ病などの病気が原因の場合は病院に行く

他の入眠障害や中途覚醒の部分でもふれましたが、ストレスを減らす工夫やタバコ、アルコールを控える、寝る前に強い光を見ないようにするなど生活習慣の見直しがとても重要です。

一方で、うつ病が原因である場合もあります。早朝覚醒や中途覚醒はうつ病の典型的な症状です。

不眠症状だけでなく、気分が落ち込む、何にも興味がもてない、注意力が低下するなどの症状がある場合は、医療機関を受診するようにしてください。

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】寝ても寝てもすっきり感が無い熟眠障害

【睡眠障害(不眠症のタイプ)】寝ても寝てもすっきり感が無い熟眠障害

症状
睡眠時間は多いはずなのに熟睡したような気がしない症状のことです。

原因と対策
熟眠障害には、深い眠りであるノンレム睡眠と浅い眠りであるレム睡眠のリズムが関係しています。
熟眠障害では、睡眠時間が長いにもかかわらずノンレム睡眠の時間が短いため「熟睡した」という満足感を得ることができないのです。
  • ストレスを溜め込まない
  • 日光を浴びて睡眠リズムを整えるホルモンを増やす
  • 寝る前に明るい光を見ないようにする(寝る前のスマホは避ける)
  • 昼寝を控える

こちらもストレスや生活習慣が原因である場合が多いです。

日光を浴びる、夜は家の明かりを暗めにする、軽度の運動をする、昼寝をしないまたは短い時間にするなどの対策が効果的です。

【睡眠障害】強い眠気に襲われる過眠症について知ろう!

【睡眠障害】強い眠気に襲われる過眠症について知ろう!
過眠症は不眠症以外の睡眠障害です。

睡眠はとっているのに、日中、強い眠気に襲われ起きているのが困難になる症状です。

昼間に何度も強い眠気に襲われ、状況に関わらず眠り込んでしまう「ナルコレプシー」が代表的です。

他にも特発性過眠症、反復性過眠症などのタイプがあります。

原因は脳内の睡眠調節機能の異常や、睡眠中の運動障害(睡眠時無呼吸症候群など)による慢性的な睡眠不足が考えられます。

いずれも睡眠専門の医療機関にかかることが一番ですが、生活習慣の見直しも大切です。

ナルコレプシーの場合には、夜間睡眠をしっかりとり生活リズムを整えたり、短時間の昼寝をしたり、数時間に1回15分程度の昼寝したり、カフェインは適量摂取するの4つが効果的です。

睡眠時に大きないびきをかく方は睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

呼吸が止まると体が酸素不足になり、心不全や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まるので、医療機関での検査をオススメします。

【睡眠障害】昼夜逆転する睡眠障害について知ろう!

【睡眠障害】昼夜逆転する睡眠障害について知ろう!
概日リズム睡眠障害とは、昼夜の生活サイクルと体内時計のリズムが合わなくなることで、望ましい時間帯や自分が眠りたいと思った時に眠れなくなり、それによって生活に支障が出る睡眠障害のことです。

昼夜逆転の勤務体系や生活習慣の乱れによって起こります。

昼夜が逆転している生活を送っている方であれば、生活リズムを正して、適切な睡眠習慣をとることで改善が期待できます。

しかし、夜間勤務やシフト制などの仕事でどうしても夜に寝ることができない場合もあると思います。

そのような場合は、仕事後の運動や入浴などを上手に使って、眠りやすくなる工夫をしてみましょう。

光を浴びると覚醒してしまうので、帰宅時には遮光サングラスをかけて明るい光を見ないようにするのも、帰宅後入眠しやすくなる方法の1つです。

それでも症状がひどい場合は医療機関で適切な治療を受けるようにしてください。

【睡眠障害】睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群

【睡眠障害】睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に10秒以上も呼吸が止まってしまう病気で、心臓病や脳卒中、高血圧などの合併症を招きます。

主な症状は睡眠中のいびきですが、他にも寝ている間に息苦しさを感じたり、呼吸が乱れたり、起きた時に口が渇いたり、頭痛などの症状が現れます。

熟睡したような気がしないので、日中も強い眠気や倦怠感を感じやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群の患者さんのほとんどが、喉や気道がふさがってしまうために呼吸ができなくなるタイプで、肥満や首回りの骨格の大きさが関係して起こります。

  • 肥満体系の男性
  • 首が短い
  • 下あごが小さい

などの特徴がある人に見られます。

この症状は、肥満体型の人や隠れ肥満の人が発症しやすい症状です。

脂肪によって気道(呼吸する時の通り道)が狭くなり、その狭い状態で首を横にしたら呼吸が止まりやすくなります。

また、寝る前のアルコールにも注意です。

アルコールは筋肉を弛緩させる腹書きがあります。

首や喉の周りの筋肉が緩くなると、空気の通り道である上気道が狭くなります。

呼吸が止まりやすい状態になってしまうので、就寝前の習慣的なお酒は控えましょう。

睡眠時はいびきなど自覚がないこともあり、発見が遅れる可能性があります。

家族やパートナーに聞いてみて、気になる症状があったら医療機関に相談するようにしましょう。

【睡眠障害】睡眠中に起こる異常行動の睡眠時随伴症

【睡眠障害】睡眠中に起こる異常行動の睡眠時随伴症

睡眠時随伴症とは、睡眠中に起こるさまざまな異常行動のことです。

ノンレム睡眠時に起こります。

  • 夜驚症(睡眠中に突然泣き叫ぶ)
  • 睡眠時遊行症(夢遊病。睡眠中に起きて歩き回る)
  • 夜尿症(いわゆるおねしょ)

レム睡眠時に起こる

  • レム睡眠行動障害(睡眠中に大声を出す、殴る、蹴るなどの暴行をする)

ノンレム睡眠中に起こる症状は10歳未満の子供に起こりやすく、脳の未発達が原因だと言われています。

そのため、特に対策は必要ありません。

通常であれば発達とともに収まりますが、成長しても治らなかったり、大きくなってから発症した場合は専門医に相談しましょう。

レム睡眠行動障害の場合は高齢者に多く、パーキンソン病やアルツハイマー病の人によくみられます。

暴れてケガをしてしまう場合もあるので、医療機関にかかるようにしてください。

【睡眠障害】脚が痒くて眠れない「むずむず脚症候群」

【睡眠障害】脚が痒くて眠れない「むずむず脚症候群」
眠ろうとする時に足にかゆみを感じてしまって、眠れない原因になってしまうのは「むずむず脚症候群」を発症しているからです。

この症候群は、別名で「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれていて、>脚がムズムズしたりピリピリしたりします。

残念ながら、この病気を発症する原因は現代の医学では分かっていません。

しかし、中高年の女性が発症する割合が多く、鉄欠乏症貧血の方に出やすい傾向があるので、鉄分の補給や脚のマッサージなどを念のためにすることをオススメします。

【睡眠障害】寝つきが悪い原因は4つあります!

【睡眠障害】寝つきが悪い原因は4つあります!

【睡眠障害】睡眠は寝具の寝心地が大切です!

怪我をしていなくても眠っている時に体が痛く感じてしまうのは、マットレスまたは敷き布団が体に合わない可能性があります。

寝具には、大きく分けて「高反発タイプ」と「低反発タイプ」があります。

高反発タイプは、寝具が硬めになっていて、低反発タイプは寝具が柔らかめになっているのです。

寝具の硬さを表す単位で「N(ニュートン)」があります。
Nの数値が大きいほうが寝具は硬めになっています。

もしも、寝具の硬さが眠れない原因になっている可能性があれば、違う寝具に買い換えることをオススメします。

【睡眠障害】腰が冷えると腰痛で寝つきが悪くなる!

冬の季節で腰が痛くて眠れない時は、腰が冷えてしまいそこから生じる痛みが原因で眠れなくなります。

身体が冷えたら血管が収縮してしまい、体内で疲労物質がたまってしまうことにより痛みが生じます。

お風呂あがりのあと、1時間以内に眠れば湯冷めしにくいのでできれば<1時間以内に眠りましょう。 1時間以上たってしまうと、身体を冷やしてしまう場合があるので注意して下さい。

【睡眠障害】酔った状態は寝返りが打てずに寝付きが悪い!

【睡眠障害】酔った状態は寝返りが打てずに寝付きが悪い!
お酒を飲んだあとはアルコールの作用で眠りやすくなりますが、これが睡眠不足に陥る原因にもなるので注意が必要です。

なぜなら、お酒を飲んだら、眠るというよりも気絶に近い状態になるため、寝返りが打ちづらくなります。

寝返りを打たなければ同じ姿勢で眠り続けてしまうので、同じ身体の部分が下のほうになり圧迫され続けてしまいます。

そうすると、身体が痛くなり途中で起きてしまうので、お酒を飲んだ場合には酔いがさめるまで寝ないようにするんのも睡眠不足を防ぐ一つの方法です。

【睡眠障害】たばこのニコチンは覚醒作用がある!

【睡眠障害】たばこのニコチンは覚醒作用がある!

タバコに含まれるニコチンには覚醒作用があります。

実際に、ニコチンが体内に入ったら、アドレナリンが分泌され脳が覚醒します。

すると、血圧や心拍数まで上昇してしまうので覚醒作用は強いものになっていきます。

ニコチンは鎮静作用があり、少量の本数を吸う場合であれば気持ちを落ち着かせる事ができますが、吸いすぎたら眠れない原因になるので喫煙者の方は気を付けましょう。

睡眠障害のことを知ってから合った対策しましょう!

睡眠障害のことを知ってから合った対策をしましう!

そこで今回は、睡眠障害の1つの不眠症の原因や、睡眠障害の対策についてご紹介しました。

眠れないと、明日に支障をきたしてしまうのではと思ってさらに焦ってしまい眠れなくなりますよね。

眠れない場合には、まずは原因が何なのかを考えることが大切です。

そうすることで、その原因を取り除けば不眠が治るのか、それとも病院に行くべきなのかが見えてきます。

まずはこの記事で紹介している原因を自分に当てはめてみてはいかがでしょうか?

【倦怠感と原因】やる気が出ない倦怠感が長引く時は病気に注意しよう!

日常生活や仕事のなかで、誰でも一度や二度は「身体にだるさを感じたり」「何もやる気が起こらない」「すべてが嫌になってしまった」など倦怠感を覚えたことがあると思います。

そこで今回は、倦怠感を引き起こしている原因や、倦怠感の背後に隠れている重大な疾病についてご紹介します。

原因や予防法を知り、なるべく早くその倦怠感から解放されましょう。

【倦怠感の原因】倦怠感を引き起こす原因は色々あります!

【倦怠感の原因】倦怠感を引き起こす原因は色々あります!
身体のだるさや、倦怠感の原因はいろいろあります。

例えば「過労や睡眠不足・不規則な生活」「ストレスの蓄積」「栄養バランスの欠如」などが主な要因です。

しかし、なかには何らかの病気によって、身体にだるさや倦怠感がある場合も少なくありません。

【倦怠感の原因】過労や不規則な生活からくる寝不足

長時間労働でなかなか休憩時間がとれなかったりすると、当然、身体に疲れがたまります。

不規則な生活からくる睡眠不足も疲れやだるさを蓄積します。

そうすると、何をするにも億劫になって、やる気が起きなくなります。

ひどくなると何もかもが嫌になって、倦怠感にさいなまれてしまいます。

【倦怠感の原因】ストレスがたまりすぎる

感の原因】ストレスがたまりすぎる

どんな病気や症状にもストレスは影響するといわれています。

身体のだるさや倦怠感は、ストレスの蓄積によって引き起こされることがあります。

仕事面では社内の人間関係がうまくいかない、取引先との担当者と相性が悪いなど、日常生活だと近所とのトラブルなどで、ストレスを抱えることが少なくありません。

そうしたストレスが毎日積み重なっていくと、身体や精神の疲れの原因になり、身体のあちこちにだるさを感じたり、何をやるにもやる気が起きなくなるなど、倦怠感に悩むことになります。

倦怠感やだるさが重くなってくると、鬱病や不安症、心身症などを発症する可能性が高くなります。

【倦怠感の原因】好き嫌いが激しく栄養が偏っている

【倦怠感の原因】好き嫌いが激しく栄養が偏っている

人間の身体をかたちづくるのは、なんといっても食事が重要になってきます。

出された食事をなんでもおいしく召し上がる人は問題がないのですが、食事に好き嫌いがある人は、好き嫌いの度が過ぎると栄養不足を生じる可能性が高くなります。

身体にだるさや倦怠感を芽生えさせるのは、身体に必要な栄養が不足している証拠です。

そのため、身体に必要なタンパク質やビタミン類、鉄分などは十分に接種するようにしましょう。

ビタミン類や鉄分などが不足すると、身体のだるさや倦怠感もそうですが、他の疾患や疾病を引き起こすことがあります。

鉄分が不足すると貧血を引き起こしやすくなります。

貧血になると身体がふらふらしたり、歩くこともやっとという状態になります。

貧血がひどくなってくると、輸血をしなければならなくなります。

倦怠感の背後に隠れている重大な8つの病気を知ろう!

倦怠感の背後に隠れている重大な8つの病気を知ろう!

だるさや倦怠感が原因で、疾患や疾病を引き起こす可能性があります。

どんな疾病や疾患が考えられるかと言えば、風邪、インフルエンザ、急性肝炎です。

この3つの病気がだるさや、倦怠感によって引き起こされる代表的な疾病や疾患です。

この他にも、腎臓、心臓疾患、貧血、更年期障害、低血圧症、うつ病、心身症、慢性肝炎、肝硬変、糖尿病、結核、慢性腎盂腎炎、胃がん、大腸がんなどがあります。

だるさや倦怠感が原因と考えられる疾病や、疾患は多岐にわたっているのが特徴です。

また、だるさや倦怠感によって出現する身体の症状は、痛み、貧血、不安、不眠、気分の落ち込み、栄養状態の変化、筋力低下、感染症、脱水、電解質異常(ナトリウムやカルシウムなど電解質の体内でのバランスが悪くなること)が考えられます。

【倦怠感】倦怠感が原因で貧血になる!

貧血は、血液中のヘモグロビンが減少すると起こります。

一般的には、男性は13.0g/dl以下、女性は12.0g/dl以下になると、貧血を発症するといわれています。

ひどい貧血になると、ちょっと動いただけでも息切れした状態になります。

立っていられなくなり、座るのもやっとの状態になることもあります。

身体から冷や汗がでたり、身体が浮いているように感じて、歩いていても自分の足で歩いているような感じがしなくなります。

目の下をめくると白くなっていたり、顔が青白くなるのは赤色のヘモグロビンが減少しているからです。

【倦怠感】倦怠感が原因で風邪になる!

風邪は万病の基と言って、決して軽んじていい病気ではありません。

風邪をひくと多くは発熱したり、咳が出たり、頭痛がしたり、鼻水、鼻づまりになったり、身体がだるくなったり、動きにくくなったり、ひどいときには何もやる気がおきなくなるほどの倦怠感に見舞われることがあります。

こうした症状がでるのは、体内に進入した風邪のウィルスを、免疫作用によって排除する動きが活発になるためです。

通常は免疫機能のおかげで1週間、長くても10日ぐらいで風邪は完治します。

【倦怠感】倦怠感が原因で更年期障害になる!

男性にもありますが、女性特有に現れるのが更年期障害です。

特に、閉経後に発症しやすくなります。

女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因と考えられていさすが、更年期障害になると身体や精神面でいろいろな症状が発症するケースが少なくありません。

不眠症、肩こりの悪化、身体の火照り、気分の落ち込みなど、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

【倦怠感】倦怠感が原因で睡眠時無呼吸症候群になる!

睡眠時無呼吸症候群は、眠りが浅いときに発症します。

睡眠中に呼吸が停止する状態が何度もおこるわけですが、本人は自分が睡眠時無呼吸症候群に陥っているのは、なかなか気がつかないものです。

本人より、周りがびっくりします。

睡眠時無呼吸症候群が続くと、眠りが浅いものですから、身体の疲れがなかなかとれなくなります。

そうすると身体にだるさを感じたり、それがもとで何もやる気が起きないという倦怠感にさいなまれたりします。

だるさや倦怠感がひどくなると、日常生活や仕事面にも悪影響を及ぼすことになります。

睡眠時無呼吸症候群をそのまま放置しておくと、深刻な疾病や疾患を招くこともあります。

高血圧をはじめ糖尿病や、心臓病、脳卒中などです。

睡眠時無呼吸症候群の人は、睡眠中にものすごく大きないびきをかくのが特徴なので注意しましょう。

【倦怠感】倦怠感が原因で慢性疲労症候群になる!

この病気はいつも身体に疲れを感じていたり、なかなか疲れがとれない状態が長く続くのが特徴です。

疲れがとれないと、どうしても仕事に影響をしたり、家事をするにも億劫になってきて、家のなかが乱雑になったり荒れます。

この病気の特徴は疲労がなかなかとれないことですが、疲労が続くと全身の筋肉にコリや痛みが生じたり、眠れなくなったり、果ては記憶が低下したり、ものを考える力が失われてきます。

精神的にも不安定になり、ひどくなると精神疾患などを引き起こすことがあります。

【倦怠感】倦怠感が原因でうつ病になる!

身体のだるさや疲れ、倦怠感が長く続くと、人によってはうつ病を発症することがあります。

うつ病になると気力が低下し、何もやる気が起きず、ぐっすりと眠れなくなり、食欲も減退します。

集中力が欠如し、仕事など何も手に付かなくなります。

身体が鉛のように重くなって立っていられなくなったり、料理、掃除などの家事も億劫になります。

理由もなく落ち込んで周囲を心配させます。

笑うこともなくなり、楽しいことも見いだせなくなり、ひどくなると世の中をはかなんで自ら命をたとうとすることもあります。

うつ病を自力で回復することはなかなか難しく、精神かを受診して薬物療法に頼るのが一般的ですが、うつ病は精神的にも身体的にも大きな影響を及ぼすことにつながります。

【倦怠感】倦怠感が原因でビタミンB1の欠乏にる症状がでる!

身体のだるさや倦怠感、動機や息切れ、身体のむくみなどを発症する要因の一つが、ビタミンB1の不足です。

ビタミン類は身体にとって必要な栄養素ですが、とくに、B1の不足はいろいろな症状を身体に引き起こす可能性があるので、常日頃から気を付けて、意識をしながらビタミンB1の接種が重要になってきます。

また、ビタミンB1の欠乏は脚気を引き起こすとも言われており、飲酒しすぎるとビタミンB1欠乏症になります。

【倦怠感】倦怠感が原因で糖尿病になる!

生活習慣病の代表といったら糖尿病ですが、糖尿病も身体のだるさや倦怠感を引き起こす要因となります。

糖尿病は膵臓でつくられるインシュリンの量が慢性的に不足して、作用しにくくなることで血液中の血糖値が異常に高くなり発症します。

糖尿病を発症すると完治することはありません。
一生仲良くつきあっていかなければなりません。

糖尿病は身体のだるさや倦怠感の引き起こす他に、のどの渇きをしょっちゅう覚えるようになります。

そのため、多くの水分を接種するため、必然的に尿の量も多くなります。

【倦怠感】倦怠感が原因で統合失調症になる!

統合失調症になると、幻覚や妄想をみることがあり、それが重なってくると緊張感が強くなったり、不安感が強くなったり、それがもとで疲労が蓄積することがあります。

統合失調症の症状が深く、長くなると、家の外に一歩でただけで不安に陥ったり、目にするものの刺激が強すぎて、その刺激に耐えられず非常に疲れることもあります。

適応障害や不安障害なども同じような症状を示します。

心身共に疲れ切ってしまうのが特徴だといえます。

常に倦怠感を感じているなら病気を疑おう!

常に倦怠感を感じているなら病気を疑おう!
身体が疲れる時というのは、休みもなく長時間労働したり、ひっきりなしに運動を続けた結果から起こることが多いのは誰もが認めるところでしょう。

例えば、運動をすれば筋肉が疲労します。

腕、足、肩や背中の筋肉など、全身の筋肉に疲れがたまり、筋肉にコリや張りができて、筋肉が固まってしまいます。

そうした筋肉の疲れを取り除く有効な方法がストレッチです。

一方、長時間の運動や労働は肉体だけではなく、脳も疲れます。

脳の機能でわかっているのは1割ぐらいだといわれますが、脳も疲れることは確かです。

さらに、不規則な生活や睡眠不足、運動不足などでも疲労が蓄積して、倦怠感の要因になります。

しかし、これらの疲れはストレッチをしたり、規則的な食生活に切り替えたり、十分な睡眠をとったり、湯船にゆったり使ってリラックスすることで疲れはとれます。

疲れがとれず、常に倦怠感を感じている状態がつづくのであれば、何らかの精神疾患や、身体内の病気を疑いましょう。

疲労がなかなかとれず、常にだるさや倦怠感に陥っている人は、貧血、糖尿病、高血圧、ガンなどの悪性腫瘍などの疑いがあります。

内科を受診して、血液検査や胃カメラの検査など、身体に疾病や疾患を抱えていないかどうかを診断してもらいましょう。

何らかの病気が発見されることがあれば、それは早期発見にもつながり、疾病や疾患の回復、緩和にもつながります。

倦怠感がなかなか抜けきれないものと密接に関係する精神性疾患には、うつ病があることは上記で説明をしました。

しかし、うつ病以外の精神疾患も関係しているのも事実です。

統合失調症や、適応障害、不安障害、身体表現性障害などがこれにあたります。

【倦怠感の対処方法】倦怠感を取り除く方法はない!?

【倦怠感の対処方法】倦怠感を取り除く方法はない!?
倦怠感を取り除くには、どうしたらいいでしょうか?

一過性の疲れであれば、十分休憩を取れば疲れは取れます。

しかし、なかなか倦怠感が取れずに、悩んでいる人はどうしたらいいでしょうか?

一番いいのは内科を受診して、しっかり診断をしてもらうことです。

疲れがなかなか取れなくて、倦怠感が続いているなと感じたら、早めに医療機関を受診することをオススメします。

倦怠感の原因は、精神的、身体的な疾病や疾患が潜んでいるケースは少なくありません。

うつ病を患っている人は、うつ病の治療をすれば倦怠感は軽減します。

しかし、医療機関を受診する暇がない、受診したくないという人は、日常生活で倦怠感を軽減する努力するしかありません。

適度な運動をしたり、栄養バランスのいい食事をしたり、睡眠時間を最低6時間以上とったり、栄養補給のためサプリメントを飲んだり、日常生活でやれることはいろいろあります。

倦怠感を完全に払拭する有効な対処方法は、まだ確立していません。

医学はそこまで進歩していません。
しかし、倦怠感を緩和できます。

倦怠感によって引き起こされる貧血、筋肉の痛み、睡眠不足、食欲不振などは、個別に治療が可能です。

症状を改善することで、倦怠感を緩和できます。

病状によっては、ステロイド薬を処方することも考えられますが、副作用の問題があるので、医師と十分に相談した上で服用しましょう。

【倦怠感の予防方法】倦怠感の予防は症状の把握です!

【倦怠感の予防方法】倦怠感の予防は症状の把握です!
倦怠感を予防するためには、自覚をもって日常生活のライフサイクルを負担のないものに変える必要があります。

倦怠感も元はといえば、不規則な生活を続けていることが根本的な原因です。

生活を改めることによって、倦怠感を感じないように予防できます。

最初に把握しなければいけないことは、自分の症状です。

倦怠感は常に感じるのか?どんな時に倦怠感を感じているか?など、自分の症状を把握することから始めましょう。

医療機関を受診した時に、自分の症状をうまく説明できないと、医者も判断に困り適切な治療を施される可能性が低くなるかもしれません。

次に、十分な休息時間、休憩時間をとることです。

やはり、疲れからくる倦怠感を軽減するには、身体をリラックスして、精神的にもゆとりや余裕を持つことが大事です。

気分転換もいいかもしれません。

仕事や日常生活の範囲からはずれて、普段なかなかできないことをやってみたり、精神的仁もリラックスする場所に行ったり、ひとときでもいいので日常を忘れることです。

体調にもよりますが、適度な運動をするのもいいでしょう。

運動のやりすぎはかえって筋肉を疲れさせることになるので注意ですが、軽い運動であれば気分転換にもつながります。

そして、何よりも実践したいのは、規則的に正しい生活スタイルを取り入れることです。

暴飲暴食はしない、夜更かしはしない、早寝早起きを心がけたり、適度な運動(散歩)を心がけたり、バランスの取れた食事をするなど、身体や精神にとっていいことをしましょう。

倦怠感が続く場合は病院に受診しよう!

倦怠感が続く場合は病院に受診しよう!
今回は、倦怠感を引き起こしている原因や、倦怠感の背後に隠れている重大な疾病についてご紹介しました。

倦怠感が続いていると思ったら、迷うことなく医療機関を受診しましょう。

自分の症状を説明して、適切な処置をしてもらうことをオススメします。

医療機関を受診しなくても大丈夫だと思ったのであれば、生活面を見直して、身体や精神医負担をかけない生活スタイルを実践しましょう。

【疲れを取る方法】疲労度チェック!疲れを取る方法と取れない原因

最近忙しくて「休んでも疲れが取れない…」疲れを取るために色々と試しているけど「中々疲れは取れない…」と感じることはありませんか?

疲れには大きく分けて、脳の疲れ(中枢性疲労)と筋肉の疲れ(末梢性疲労)があります。

それぞれ、疲れの取り方が違うので、まずは疲れのタイプを知り、それに合った改善法を試しましょう。

【疲れを取る方法】あなたの疲労レベルを14項目でチェック

【疲れを取る方法】あなたの疲労レベルを14項目でチェック

まずは、この数週間の状態において当てはまるものを選び、合計点を確認しましょう。

①疲労(疲れた感じ)に悩まされることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

②もっと休みたいと思うことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

③眠くなったりボーっとすることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

④何かをやり始めるのに支障が出ることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑤物事のやり始めは問題ないが、続けていくうちに気力がなくなることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑥活力がないと思うことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑦筋力低下を感じることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑧自分の体が弱々しいと感じることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑨集中できないことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑩考えが上手くまとまらないことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑪会話の中で舌が回らなくなることがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑫会話の中で適当な言葉が見つからないことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
多い・・・・・・2点
非常に多い・・・3点

⑬記憶力について

良い・・・・・・0点
ふつう・・・・・1点
悪い・・・・・・2点
非常に悪い・・・3点

⑭今までやって来たことに興味を失うことがある

ない・・・・・・0点
あまりない・・・1点
ある・・・・・・2点
時々ある・・・・3点

以上の合計点数で疲労度を確認しましょう。

0~12点:疲労レベル1

【一般成人の約18%が疲労レベル1の状態】
疲れはあまり見られず、この状態を維持しましょう。

13~18点:疲労レベル2

【一般成人の約34%が疲労レベル2の状態】
多少の疲れが見られます。

これ以上疲れを溜めないように注意しましょう。

19~24点:疲労レベル3

【一般成人の約28%が疲労レベル3の状態】
疲れているようです。

疲れを軽減する対策を始めましょう。

25~30点:疲労レベル4

【一般成人の約15%が疲労レベル4の状態】
疲れが取れておらず、かなり疲労が溜まっています。

早急に疲れを取る対策を取りましょう。

31点以上:疲労レベル5

【一般成人の約5%が疲労レベル5の状態】
疲れきっている状態です。

十分な休養を取り、医療機関の受診も検討しましょう。

【疲れを取る方法】2つの疲労タイプの特徴

疲労タイプは大きく2つに分かれ、「中枢性疲労」と「末梢性疲労」があります。

中枢性疲労とは脳が疲れを感じている状態(脳疲労タイプ)で、休んでも疲れが取れないことがあります。

それに対して末梢性疲労は、脳以外の体や筋肉などに疲労感覚を感じる状態(筋肉疲労タイプ)です。

末梢性疲労は大抵の場合、休んだり、睡眠を取ることで疲れが取れます。

疲れを取るにあたってまずは、あなたの疲労がどちらに当てはまるのかを確認し、その疲労タイプに合った適切な回復方法を心がけましょう。

【疲れを取る方法】中枢性疲労(脳疲労タイプ)

頭の使いすぎや精神的な緊張状態が続くと起こりやすい脳の疲労

  • 睡眠時間が短い
  • 食事が不規則である
  • ストレスを感じることがある
  • イライラすることが多い
  • 夜中に目が覚める
  • 倦怠感がある
  • パソコン、スマートフォンを長時間使う

【疲れを取る方法】末梢性疲労タイプ(筋肉疲労タイプ)

体の疲労。運動や立ち仕事をしたときに感じる筋肉の疲れ

  • スポーツをすることが多い
  • 立ち仕事が多い
  • 肉体労働がある

自身の疲労タイプが分かれば、そのタイプにあった疲れを取る対策をしましょう。

【疲れを取る方法】疲労タイプに合わせた疲れのとり方

【疲れを取る方法】中枢性疲労の回復方法

中枢性疲労は休養や睡眠では疲れが取れないタイプの疲労です。

対策

①運動をする
運動は脳の血流を良くし、ストレスを軽減させる効果があります。
②栄養を取る
栄養による回復は脳にエネルギーを補給する目的があります。
③脳をコントロールする
脳は目や耳から入ってきた情報を常に処理しています。スマートフォンを長時間使っていたりするのも脳の働きを刺激しますので注意が必要です。
脳が疲れている時は、脳に入ってくる情報量をあえて減らす時間を作りましょう。

休養や睡眠で疲れが取れやすい【末梢性疲労】の回復方法

対策

末梢性疲労の場合は、十分な休養や、睡眠で疲れを取ることが可能です。

【疲れを取る方法】疲れが取れない時に試したい回復方法

疲れが取れないと感じている方にぜひ試して欲しい疲労回復方法をご紹介します。

【疲れを取る方法】疲れが取れない時の「食べ物」

疲れが中々取れない体は栄養を欲しています。

疲労回復に効果があるものを食べて体に栄養を届けましょう。
【豚肉、レバー】
【疲れを取る方法】疲れが取れない時の「食べ物」
ビタミンB群が豊富に含まれており、玉ねぎやにんにくと一緒に摂取することで、吸収が高まります。

【緑黄色野菜や柑橘系のくだもの】
【疲れを取る方法】疲れが取れない時の「食べ物」
ビタミンCが豊富に含まれており、疲労の原因である活性酸素を取り除いてくれます。

また、クエン酸にも疲れを和らげる効果があることからおすすめです。
【ナッツ類】
【疲れを取る方法】疲れが取れない時の「食べ物」
疲れていて食欲が無いときでも手軽につまめるナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれています。
こちらも疲れの原因となる活性酸素を取り除く効果があります。

【疲れを取る方法】頭皮のツボを刺激する「ヘッドスパ」

【疲れを取る方法】頭皮のツボを刺激する「ヘッドスパ」

足つぼのようなイメージで、頭にもたくさんのツボがあります。

頭皮のツボを刺激することによって全身の血行も良くなり、なかなか疲れが取れないと感じている時には、効果的な回復方法です。

【疲れを取る方法】でリラックスと血行を促進「入浴」

【疲れを取る方法】でリラックスと血行を促進「入浴」

疲れていたり忙しい時は、シャワーだけで済ませがちですが、そうすると疲れが中々取れません。

疲れている時こそ、ゆっくりと湯船に浸かりましょう。

血行が良くなり肩凝りなどの改善や、老廃物の排出に繋がります。また、リラックス効果でストレス解消にも役立ちます。

湯舟は熱い温度よりも、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで夜寝るときに、質の高い睡眠が取れます。

【疲れを取る方法】脳を休める「睡眠」

【疲れを取る方法】脳を休める「睡眠」

疲労回復において、十分な睡眠はとても大切です。

睡眠中は脳が休まるので疲れを取る絶好のタイミングです。

しかし、睡眠の質は大切で、浅い睡眠を繰り返していては、体も脳も休まりません。

入浴やリラックス効果で質の良い睡眠を取ることを心がけましょう。

【疲れを取る方法】疲れにくい体を作るおすすめサプリ

【疲れを取る方法】湧永製薬キヨーレオピン(医薬品)

【疲れを取る方法】湧永製薬キヨーレオピン(医薬品)

キヨーレオピンの主成分は熟成ニンニク抽出液(AGE)です。

昔からニンニクは「スタミナアップ効果」として有名ですが、万能野菜といえるニンニクも実は「生」で食べると刺激が強すぎて胃を荒らしたり、悪臭がしたりします。

キヨーレオピンは湧永製薬が北海道の自社農園でひとつずつ手作業で植え付けた完全無農薬のニンニクを使用し、収穫してから2年間熟成させています。

2年間熟成させることでニンニクとは全く違った有効性の高い物質(AGE)に変化します。

例)「大豆」が「しょうゆ」に変化するように
「ぶどう」が「ワイン」に変化するように

ニンニクも熟成ニンニク抽出液(AGE)に変化することで疲労の回復効果はもちろん、

・血行促進
・胃腸の働き改善
・免疫力調節
・老化予防
・動脈硬化予防
・新陳代謝促進
・抗ストレス効果
・抗疲労効果
・コレステロール低下作用

などの効果があります。

【疲れを取る方法】クロレラ工業バイオリンク(健康商品)

一緒に飲むとさらに効果的な栄養サプリ:クロレラ工業バイオリンク(健康商品)

「健康は食事から」といいますが、どれだけ心掛けていても栄養が偏りがちだったり、食品添加物を摂ってしまいます。

そこでおすすめなのがバイオリンクです。

福岡県産のチクゴ株天然クロレラをギュッと凝縮した栄養満点の小さな粒になっています。このバイオリンクは上質な食事だと思って下さい。

このバイオリンクを毎日食べて頂くと

・69種類の栄養が摂れる
・中性脂肪・コレステロールを下げる
・胃腸の粘膜修復&余分な酸を吸収
・有害物質の解毒
・免疫力を高め、風邪を引きにくくする
・アトピー・アレルギーの体質改善
・老化防止・若返り効果
・疲れ・ストレスの緩和
・血管のお掃除

以上のようなことが期待出来ます。

木で例えると…
根っこを元気にしてくれるのが「キヨーレオピン」
幹・枝・葉を元気にしてくれるのが「バイオリンク」

ぜひ、「キヨーレオピン」と「バイオリンク」を一緒に飲んで疲れ知らずの毎日を過ごして下さい。

【疲れを取る方法】疲労感が長く続く原因は慢性疲労?

「疲れを取る方法】疲労感が長く続く原因は慢性疲労?

倦怠感や、疲労感が長く続き疲労が取れない場合は、慢性疲労の可能性があります。

適切な休息を取っていても疲れが取れない場合は、治療を必要とする、慢性疲労症候群という病気の可能性があります。

慢性疲労症候群とは、強い疲労感が6ヶ月以上継続する原因不明の病気です。

倦怠感や睡眠障害、身体が思うように動かないなどといった症状があり、血液検査をしても原因がわからず、精神疾患もない場合には、この病気が疑われます。

漢方薬などで治療を進めるものですが、放置していると、10年以上も慢性疲労の症状が続いてしまう危険があります。

疲れを取る方法をお試しても長期疲れが取れない!

疲れが取れない時、まずはその疲労がどのタイプかを知り、それにあった回復方法を試してみて下さい。

それでも疲れが取れない場合や、長期間続く場合は、医療機関の受診を検討しましょう。

【イライラの原因】イライラの解消方法は生活習慣の見直しです!

「最近、すぐにイライラするね?」「なんでそんなにイライラしているの?」と言われたことありませんか?

理由もなくイライラしたり、怒ったり、ドキドキしたりしませんか?

昔はそんなことはなかったのに、どうしてイライラするようになったのだろうと悩んでいませんか?

そこで今回は、イライラする原因や、イライラした時の解消方法についてご紹介します。

【イライラの原因】自分を見つめなおして原因を探そう!

【イライラの原因】自分を見つめなおして原因を探そう!
イライラしやすくなる原因について紹介します。

自分のストレスの根源は何か?当てはまるものがないか?を見てみましょう。

【イライラする原因】栄養バランスの偏り(マグネシウム不足、ビタミン不足)

栄養バランスの偏りが、イライラを引き起こすこともあります。

例えば、マグネシウムという栄養素です。
マグネシウムには、心を落ち着かせ、ストレスを和らげる働きがあります。

他にも体温調節やホルモン分泌、筋肉の収縮など身体のいろいろな働きに関与しています。

そのためマグネシウム不足に陥ると、精神的なイライラだけでなく、体にも悪影響をもたらします。

また、ビタミンCにはストレスを緩和する働き、ビタミンBには気分を落ち着かせる働きがあります。

ビタミンは身体の中に溜めにくく、ストレスを感じるとたくさん消費されるため、イライラしているとすぐにビタミン不足に陥ります。

このようにビタミン不足もイライラを引き起こす原因となります。

イライラには体の栄養バランスも関係しています。

【イライラする原因】ストレスが溜まりやすい生活(心配性、負けず嫌い、せっかち)

イライラしやすい人の中には、他人からどう見られているのか、他人の目を気にし過ぎているタイプがいます。

こうした性格タイプの人の多くは、心配性な性格で、悪いように思われていると捉えてしまいやすいです。

そのために自信をなくし、マイナス思考に陥りやすいです。

日常的に我慢に我慢を重ねて、そのストレスからイライラしやすくなります。

また、競争心が強い人、せっかちな人も、イライラがつのりやすいです。

反対に、自己主張しないで従順な性格の人は、自分の主張を抑え過ぎてイライラしてしまいます。

このように、イライラの原因が性格の場合もあります。

【イライラする原因】自律神経の乱れ

自律神経とは、ヒトが生きていくために、心臓や胃腸などの臓器、血管などをコントロールしている神経です。

心臓を動かそうと意識しなくても、心臓が動いているように、自律神経は無意識のうちに身体の状態をコントロールしてくれています。

自律神経は、活発に活動する交感神経と、身体を休める副交感神経に分かれており、どちらかが活発に働いているときは、片方が働かないといったように2つの神経は交互に働いています。

この自律神経は、ストレス、体調不良、不規則な生活習慣などの影響を受けやすく、受けると容易に不調をきたすことがわかっています。

自律神経が不調になると、イライラしやすかったり、お腹を下しやすくなったりと、身体だけでなく精神的な面にも悪影響が出ます。

【イライラの解消方法】自分でストレスを解消する方法

【イライラの解消方法】自分でストレスを解消する方法

【イライラの解消方法】食べ物を見直す!

ストレスを和らげ、イライラしにくくする効果がある食べ物についてご紹介します。

卵はビタミンCと、食物繊維以外のほとんどの栄養素が含まれている優れた食材です。

お料理のメニューもいろいろあります。

  • 野菜

野菜は、季節の野菜がオススメです。

春は玉ねぎ、夏はきゅうりやトマト、秋はキノコ類、冬は白菜やほうれん草などがあります。

特に春の玉ねぎは、新玉が美味しいです。

そのままでポン酢で食べるとおいしい上に、血液もサラサラになります。

  • お肉

お肉はタンパク質も多く、ビタミンBも豊富に含まれている豚肉がおすすめです。

日々の食事に、卵、野菜、お肉を意識的に組み合わせて食べてみるのもいいでしょう。

【イライラの解消方法】日記を書いて心の整理する!

日記を書いてみると、後から自分に起きたこと、その時の気持ちなどを客観的に評価できるようになります。

日記を書く時に、その時の気分やイライラ度合いを10段階で数字に表していると、より比較しやすくなります。

どうしてイライラしていたのか、怒っていたのかを知ることにより、イライラしやすくなる傾向、環境、条件などが少しずつ把握できるようになります。

そうすると、イライラの発散法だけでなく、予防方法もわかってきます。

【イライラの解消方法】自分の性格を見直す

自分はイライラしやすい性格だと思っている人がいます。

そんな人は、自分を見直すことで性格を変えてみませんか?

性格は遺伝や小さいときに育った環境で決まったところは変えにくいですが、考え方や行動に関わる性格は変えられます。

まずは、自分の考え方のクセやその時の感情を冷静に見つめ直してください。

イライラしやすい人には、他人の目を気にし過ぎている傾向が見られます。

そこで、他人の目を気にして自分を傷つけるようなマイナス思考が出てきたら、視点を切り替えて、なるべくポジティブな思考にしてください。

これを繰り返すことで、マイナス思考を減らし、全体的にポジティブな方向に持っていきましょう。

そうすると、イライラしにくい性格に自然に変わっていきます。

マイペースでいいので、あくまでも無理のないようにしてください。

【イライラの解消方法】アロマの香りで心も体もリラックスする!

アロマの心地よい香りもイライラ解消にオススメです。

イライラを解消して、リラックスした気持ちに変えてくれます。

オススメの香りは、イライラ解消効果だけでなく、リラックス効果も高い「ラベンダー」「ローズ」「カモミールジャーマン」などです。

【イライラの影響】イライラが体に及ぼす影響は?ストレスは体の毒

【イライラの影響】イライラが体に及ぼす影響は?ストレスは体の毒

イライラは体にとって悪い影響を及ぼします。

【イライラの影響】血圧が高くなる!

イライラがたまると、血圧が高くなります。

血圧の上昇は、血液を固めて、血管を詰まりやすくしてしまいます。

そのため、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった心臓や脳の血管が詰まることで起こる病気を引き起こしやすくなります。

2002年のアメリカでの研究結果によりますと、心筋梗塞で亡くなるリスクが男性で約1.6倍、女性で約2.7倍、脳卒中は約2倍に増加していたそうです。

イライラは、生命をも脅かす可能性があります。

【イライラの影響】うつ病になる可能性が高い!

人生いろいろなことがありますから、気分が落ち込んだり、塞ぎ込んだりすることもあります。

うつ病はこれによく似ていますが、うつ病は単なる気分の落ち込みではなく、脳に何らかの異常が発生して、起こる病気と考えられています。

うつ病の原因は、いろいろ指摘されていますが、その一つにストレスがあります。

脳の中では、さまざまな情報が送られ、そして処理されています。

この時、脳の中では神経伝達物質というものが行き交い、情報をやりとりしています。

ストレスがたまっている人は、神経伝達物質の伝わりが悪くなり、うつになりやすくなると考えられています。

イライラしやすい人は、日常的にストレスがたまっている傾向がありますので、うつ病になるリスクもまた高いと言えます。

【イライラの影響】胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる!

神経性胃炎という病気を聞いたことありませんか?

神経性胃炎は、ストレス性胃炎ともよばれ、ストレスを長期にわたって受け続けることで発症する病気です。

日本人の25%ほどが経験しているとも言われていますので、かなり高頻度と言えます。

この病気は胃のなかで食べ物を消化するために出されている胃酸と、胃酸から胃を守るために出されている粘液のバランスが崩れることで起こります。

ストレスを感じ続けて、日常的にイライラしているような方の場合、胃酸がたくさん作られることで、胃酸と胃粘液のバランスが崩れるのが原因です。

軽度なうちは、胃の痛みや胸やけなどが主な症状ですが、進行すると胃潰瘍になってしまいます。

【イライラの影響】喘息になるかもしれない!

風邪やインフルエンザ、大気汚染やアレルギーと同様に、ストレスで喘息が悪化することがあります。

ストレスが喘息を悪化させる原因は明らかではありませんが、ストレスを感じることで、身体の細胞から喘息を悪化させる物質が出されるからではないかと考えられています。

日常的にストレスを感じて、イライラしがちな場合も、喘息を引き起こしてしまう恐れがあります。

【イライラする生活習慣】イライラしやすい人の生活習慣の特徴

【イライラする生活習慣】イライラしやすい人の生活習慣の特徴

【イライラする生活習慣】夜更かしして睡眠不足になる!

毎日、十分な時間睡眠が取れていますか?

夜更かしにより睡眠不足がちになると、疲れが取れないだけでなく、ストレスも解消されず溜まったままになります。

ストレスからイライラしやすくなるので、睡眠不足はよくないです。

こころ当たりのある方は、いつもより早めに眠りについてみてください。
きっと身体も楽になりますよ。

【イライラする生活習慣】不規則な食生活をしている!

暴飲暴食やアルコールのとり過ぎは、問題であることはわかりやすいでしょう。

規則正しく1日3回食べる習慣がないというのもよくないです。

また、外食が多い人は、野菜や果物が不足して、肉類が多くなる傾向もあります。

外食に偏りがちな食生活もよくありませんが、いきなり自炊も大変です。

例えば、朝食はサラダや果物を多めにする、外食する時も脂っこい料理は避けて、野菜や新鮮な魚をメインにした料理にするなど、少し工夫をしてみてください。

そして、1日3食規則正しく食べるような食生活に切り替えていきましょう。

【イライラする生活習慣】運動不足】

日常の適度な運動は、体力を高めるだけでなく、精神的にもリラックスさせる効果があります。

普段からあまり運動しない方は、精神的なリラックスが得られにくくなり、イライラしやすくなります。

普段運動しない人がいきなり運動すると、しんどいのでなかなか続けられなくなります。

そこで、運動負荷の少ないウォーキングやサイクリングなどから始めるのがオススメです。

そんな時間はとれないという場合は、駅までバスで通っていたのを自転車に切り替える、バスを一つ手前の停留所で降りて歩くようにする、エレベーターではなく階段を使うようにするのもいいでしょう。

女性がイライラしやすい!原因や緩和方法を知ろう!

女性がイライラしやすい!原因や緩和方法を知ろう!

【女性がイライラしやすい原因】PMS(月経前症候群)

もし、イライラする時期が、生理と一致しているなら、それはPMSという病気かもしれません。

「PMS」とは、月経前症候群と訳される女性独特の症状です。

女性の生理は、およそ28日のサイクルで回っており、生理が始まってから次の生理が始まるまでが、一つのサイクルとなっています。

生理が始まる数〜10日前ごろから現れる不快症状によって起こりますが、生理が始まると同時に解消していくのが特徴です。

生理のある女性の大多数は、この不快症状を感じているとされていますが、全ての女性がPMSになるわけではありません。

特に不快症状が強い女性をPMSとしています。

主な精神的な症状としては、イライラ感、不安感、緊張感、不眠、やる気がなくなるなどが挙げられます。

症状が強い場合は、日常生活に悪影響を及ぼし、人に当たったり、攻撃的になったりすることもあります。

【女性がイライラしやすい原因】PMSの原因

PMSにはホルモンのバランスが大きく影響しています。女性は、生理の期間中、14日目ごろに排卵を迎えます。
この時、妊娠しやすくするために、プロゲステロンというホルモンがたくさん作られます。

PMSは、この時期によく起こることから、プロゲステロンが影響しているのではないかとも考えられていますが、詳細なメカニズムの解明にまでは、まだ至っていないようです。

【女性がイライラしやすい原因】PMSの解消方法

PMSの症状が現れた場合は、まずは生活習慣の見直しから始めましょう。例えば、運動する習慣がない方の場合は、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動に取り組んでみましょう。

ストレスがたまっているという方は、何かしらの趣味に打ち込んでみたり、森林浴でマイナスイオンを浴びてみたりと、気分転換でストレスの発散を試みてください。体調を圧して仕事をすることでPMSがひどくなることもあるので、体調がしんどい時は、無理をしないことも大切です。

アルコールやタバコの習慣がある方の場合は、アルコールを減らしたり、禁煙グッズや禁煙外来を利用>して禁煙をしましょう。生活習慣の見直しでは、あまり効果が見られない場合は、医療機関を受診することをオススメします。医療機関では、ピルを使ったり、イライラ感を解消するのを目的に漢方薬などを使ったりと、薬を使った治療が行われます。

【イライラから考えられる病気】4つの病気と対応方法を知ろう!

【イライラから考えられる病気】4つの病気と対応方法を知ろう!

イライラを引き起こしやすい病気もあります。

【イライラから考えられる病気】アルコール依存症

アルコール依存症は、長期にわたり大量のアルコールを摂取し続けているうちに、アルコールなしでは過ごせなくなる病気です。

アルコールが切れるとイライラしたり、不安に苛まれたり、手が震えるなどの症状が現れます。

アルコールだけではく、覚醒剤などの薬物依存症でも、薬物の効果が切れてきたタイミングでイライラ感や不安感が強まる傾向があります。

【イライラから考えられる病気】統合失調症

統合失調症は、ストレスや体質、生活や職場環境などから受ける重圧により、脳がバランスよく機能できなくなる病気です。

症状はいろいろですが、イライラしやすくなったり、何かに挑戦しようという意欲が無くなったり、幻覚を見るようになったりと人それぞれ異なります。

100人に1人の割合で起こると言われていますから、珍しい病気ではありません。

【イライラから考えられる病気】躁うつ病

躁うつ病は、気分が昂るそう病と気分が滅入って、やる気がなくなるうつ病を繰り返す病気です。

人によって異なりますが、躁うつ病では半月〜数ヶ月、うつ病は数ヶ月〜1年ほど続きます。

躁うつ病でのイライラは、そう病の時に起こります。

気分が高まるだけでなく、ちょっとしたことで怒りやすくなり、イライラとしてしまいます。

【イライラから考えられる病気】解離性障害

解離性障害とは、同じ人に複数の人格が現れる病気です。

Aという人格であったときの記憶は、他の時には全く思い出されません。

「24人のビリーミリガン」「ジキルとハイド」などの本でも紹介されています。

解離性障害では、いろいろな人格が登場しますが、攻撃的な人格に入れ替わったり、イライラ感が強く生じることがあります。

イライラの原因を知ることが解決の近道です!

そこで今回は、イライラする原因や、イライラした時の解消方法についてご紹介しました。

もし、イライラしやすくなったなと思ったら、まずは、食事を見直し、日記をつけて心を整理する、性格を変える、アロマを使うなどできる範囲で取り組んでみましょう。

イライラを解消し、健康生活を送れるようにしてください。

 

  • イライラする時は、「栄養バランス」「性格の見直し」「自律神経」を見つめ直す
  • 「睡眠不足」「食生活の乱れ」「運動不足」もイライラの原因になる
  • アルコール依存症や躁うつ病などの病気によってもイライラしやすくなる
  • 女性の場合は、月経前症候群(PMS)の可能性もある
  • イライラが溜まると高血圧、うつ病、胃腸炎のリスクが高まる

インフルエンザは潜伏期間も他人にうつる!インフルエンザの潜伏期間の過ごし方

インフルエンザの病原体に感染してから症状が現れるまでの期間は約3日と言わています。

この潜伏期間にもインフルエンザの場合は感染力がすでにあるので、疑わしい症状が出た時には他人にうつさない対処が必要です。

この記事では、インフルエンザの潜伏期間に見られる症状や、潜伏期間の過ごし方や、またインフルエンザの感染を防ぐ方法について紹介します。

子供やご老人などと一緒に住んでいる人は特に参考にしてみてください。

【インフルエンザの潜伏期間】年齢や性別で個人差はある?

【インフルエンザの潜伏期間】年齢や性別で個人差はある?

潜伏期間とは、病原体に感染してから症状が現れるまでの期間のことです。

インフルエンザの潜伏期間は年齢や性別によって違いがあるのでしょうか?

答えは「NO」です。
潜伏期間の差はほとんどありません。

インフルエンザウイルスに感染すると、多くの人が1~3日ほどの潜伏期間の後に症状が現れ始めます。

ただし、免疫力が高い人や予防接種を受けている人は、感染しても症状がほとんど出ないこともあるので、感染したことに気づかない人もいます。

【インフルエンザの潜伏期間】症状は風邪に似てる!

【インフルエンザの潜伏期間】症状は風邪に似てる!

インフルエンザが発症する前兆になると次のような症状が現れます。
基本的に風邪と似たような症状が現れます。

時期 風邪の症状 インフルエンザの症状
発症前 喉に違和感がある 強い寒気
鼻がムズムズする 体がだるい
胃腸の調子が悪い
発症後 微熱 37℃~38℃ 高熱 38℃~40℃
頭痛 軽い 頭痛
関節痛
筋肉痛
強い
喉の痛み
咳/たん
軽い 咳/のどの痛み 強い
くしゃみ
鼻水
鼻づまり
ひき初めに出る くしゃみ
鼻水
鼻づまり
後から出てくる

 

しかし、風邪との大きな違いはインフルエンザの場合は、急激に強い症状が出るというところと全身に症状が現れるところです。

個人差はありますが、これらの前兆の症状が出て、ほぼ同時に高熱や関節痛などのインフルエンザの本格的な症状が現れはじめます。

インフルエンザが流行する11月~3月の寒い時期は、風邪っぽいかな?と思ったらまずインフルエンザを疑い外出を控えてください。

ただし、インフルエンザも型によって症状の出方が少し変わります。

A型の場合は38.0℃~40.0℃高熱や関節痛などがみられますが、B型の場合は37.0~38.0℃程度の発熱で高熱が出にくいとされています。

実際ただの風邪だと思い様子をみていたものの微熱と、体のだるさが続き病院行った時に検査をして貰ってB型インフルエンザと分かり驚く人もいます。

インフルエンザの特徴的な症状が現れなくても周りでインフルエンザが流行っている時は、病院で検査してもらうことをオススメします。

【インフルエンザの潜伏期間】感染力があるから注意しよう!

【インフルエンザの潜伏期間】感染力があるから注意しよう!

インフルエンザは感染力がとても高い病気で、症状が現れる1日前潜伏期間中にも感染力があるので注意が必要です。

特に小さな子供やお年寄りは、インフルエンザ脳症や肺炎など命に関わる合併症を起こすことがあるので一緒に住んでいる場合は、あなたがインフルエンザと診断される前のにも疑わしいと感じた時は、人との接触をなるべく避けるようにしましょう。

そして、ウイルス飛沫をなるべく抑えるマスクを装着して、感染率を下げるよう心がけてください。

このインフルエンザの潜伏期間でどれだけ早く適切な対応をするかで感染率をぐんっと下げることが可能です。

また、インフルエンザの診断が下りると、熱が下がってから2日間保育園や学校をお休みするように一定期間外出を禁止することが法律で決まっています。

これは、発症後1週間は熱が下がっていてもウイルスの感染力はまだ残っているからです。

【インフルエンザの潜伏期間】感染する前に予防対策しよう!

【インフルエンザの潜伏期間】感染する前に予防対策しよう!
インフルエンザの感染は、咳やくしゃみなどでウイルスが飛ぶことによる「飛沫感染」と、ドアノブなどに付着したウイルスが手などについてそこから口や鼻などの粘膜などから感染する「接触感染」があります。

インフルエンザの感染を予防することが一番大切ですが、感染した時に他人にうつさない為の対策もとても大切です。

【インフルエンザの潜伏期間】インフルエンザの予防接種を受けて感染を防ぐ!

インフルエンザはワクチン接種を受けることで、インフルエンザウイルスに対する抗体ができ発症しにくくなります。

予防接種を受けた後は2週間ほどで効果が出始め、5ヶ月くらい効果が続きます。

ただし、インフルエンザワクチンはその年に流行る型を予測して作られており、ワクチンとは違う型に感染することもあるので、予防接種だけでなくその他の予防法も必ず一緒に行ってください。

インフルエンザの予防接種は毎年10月頃から始まり、1歳~12歳までの子供は年2回(2~4週間の間隔を置いて2回目を接種)13歳以上は年1回接種します。

ただし、受験生や旅行や結婚式など大切な行事が控えている人は13歳以上でも2回接種することを勧めています。

【インフルエンザの潜伏期間】こまめに手を洗いしてウイルスを持ち込まない!

【インフルエンザの潜伏期間】こまめに手を洗いしてウイルスを持ち込まない!
手に付いたインフルエンザウイルスは洗い流すことで予防できます。

しかし、正しい洗い方をしないと感染予防にはならないので注意しましょう。

【正しい手の洗い方】

① 手を水で濡らして石鹸を手のひらにつけ、しっかりこすって泡立てる
② 手の甲をのばすようにこする
③ 指先や爪の先を手のひらにこすりつけるようにして洗う
④ 指の間を洗う
⑤ 親指と手のひらをねじるように洗う
⑥ 手首を洗う
⑦ 流水できれいに石鹸を洗い流す
⑧ 清潔なタオルやペーパータオルなどでしっかり水分をふき取る

という手順です。

全部で30秒ほどかかり「ぞうさん」の歌を2番まで歌うのと同じくらいの時間になります。

小さなお子さんは「ぞうさん」を歌いながら手洗いをすると楽しくできるのでオススメです。

【インフルエンザの潜伏期間】人ごみを避けて感染を防ぐ!

【インフルエンザの潜伏期間】人ごみを避けて感染を防ぐ!

インフルエンザが流行している時期に人が多い場所に行くとうつる確率が高くなります。

それこそ、中にはすでにインフルエンザの潜伏期間中の人もいるでしょう。

小さなお子さんやお年寄り、疲れがたまっている人、糖尿病などの基礎疾患がある人などは、なるべく人ごみを避けるようにしましょう。

どうしても人が多い場所に行かなければならない時は、マスクを付けたり、外出時間を短くするなどの対策しましょう。

【インフルエンザの潜伏期間】免疫力を付けて感染を防ぐ!

【インフルエンザの潜伏期間】免疫力を付けて感染を防ぐ!
体が弱っていると、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

インフルエンザが流行る時期こそぐっすり眠って疲れが残らないようにし、バランスのいい食事を取って免疫力が落ちないようにしましょう。

【インフルエンザの潜伏期間】加湿でインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ!

【インフルエンザの潜伏期間】加湿でインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ!
インフルエンザウイルスは空気が乾燥した環境を好み、活発に増殖していきます。

逆に湿度が高くなるとウイルスの増殖力や感染力は低下していき、湿度が50%以上あればウイルスの生存率が3~5%にまで低下するので予防効果は抜群です。

冬はエアコンなどで空気が乾燥しやすくなるので、加湿器や濡れたタオルを干すなどして室内の湿度を50~60%に保つようにしましょう。

【インフルエンザの潜伏期間】まめなうがいで喉の乾燥を防ぐ!

【インフルエンザの潜伏期間】まめなうがいで喉の乾燥を防ぐ
以前までは、うがいは手洗いに並ぶ風邪やインフルエンザの有効な予防法と言われていました。

しかし、最近の研究結果では、うがいは予防効果があるのかどうかハッキリしないとされています。

インフルエンザウイルスは喉の粘膜に付くと数分~20分以内に洗い流さないと体内に入ってしまいます。

20分以内の外出ならうがいも有効かもしれませんが、学校や会社などの外出先で数分~20分おきにうがいをすることは難しいため、うがいで洗い流すよりマスクでウイルスの侵入を防ぐ方が有効です。

ただし、喉の粘膜が乾燥していると感染しやすいので、喉を潤すという意味ではうがいは有効と言えます。

【インフルエンザの潜伏期間】他人にうつさない対策も大切です!

【インフルエンザの潜伏期間】他人にうつさない対策も大切です!
インフルエンザの発症後1週間は感染力が残っており、発症してから3日目の感染力が一番強いとされています。

インフルエンザをうつさないようにする方法としては次のようなことが有効です。

  • 咳やくしゃみが出る時にはマスクをつける
  • ティッシュで口や鼻を押さえて人のいない方に顔を向けて咳する
  • 使ったティッシュはすぐに捨てる
  • こまめに手を洗う
  • インフルエンザと診断されたら外出しない

ウイルスは目に見えるものではないので、うつしたり貰ったりしないように普段から一人一人が気を付けるようにすることが大切です。

インフルエンザの疑いがある時の診察を受けるタイミングは?

インフルエンザの疑いがある時の診察を受けるタイミングは?
インフルエンザに感染したかもしれないと思ったら、必ず病院で診察を受けましょう。

インフルエンザは症状が出てから48時間以内に抗ウイルス薬を投与することで発熱期間が1~2日短くなりより早く回復します。

しかし、現在使われている検査キットだと、体内である程度ウイルスが増殖してからでないと正しく診断できず、潜伏期間や初期症状の段階ではインフルエンザかどうか確定はできません。

そのため医療機関では、発熱してから12時間後~48時間の間に検査を受けるように勧めています。

インフルエンザと診断されたら、お医者さんの指示のもと抗ウイルス薬を服用して自宅で安静にしておきましょう。

  • インフルエンザの検査は、発熱してから12時間後~48時間の間に受ける
  • 抗ウイルス薬を投与すると回復が早くなる

インフルエンザの潜伏期間中の過ごし方

インフルエンザの潜伏期間中の過ごし方
今回は、インフルエンザの潜伏期間に見られる症状や、潜伏期間の過ごし方や、またインフルエンザの感染を防ぐ方法について紹介しました。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日間です。

そして、インフルエンザ発症前の1日前からは他人にうつしてしまう程度の感染力があります。

インフルエンザが流行している時期は、いつでも感染する可能性があると思いましょう。

普段から外出する時は必ずマスクを付けて、帰宅後や食事前などマスクを外す時を目安としてこまめに手洗いをするなど予防と対策を心がけましょう。

そうすることでインフルエンザの感染を最小に抑えられます。

【インフルエンザb型の特徴】インフルエンザb型の症状や治療方法を知ろう!

インフルエンザは、主に冬場に流行するウイルス性の病気です。

高熱が出るというのが大きな特徴で、「38度近く出たらインフルエンザを疑う」という方も多いでしょう。

インフルエンザには「a型」「b型」「c型」といった種類があるのはご存知でしょうか?

この記事では、インフルエンザb型の特徴や、インフルエンザb型の治療方法や、インフルエンザb型の予防方法について紹介します。

【インフルエンザb型】風邪と違う?インフルエンザb型の症状

【インフルエンザb型】風邪と違う?インフルエンザb型の症状

インフルエンザ全般の基本的症状として挙げられるのは、38度以上の高熱、関節の痛み、ひどいのどの痛み、咳などの風邪に似た症状です。

風邪との違いは、その症状の1つ1つが重篤ということでしょう。

例えば関節の痛みの症状では、布団の上で体を動かすことすら困難で、「受診しなければならないけれど、体が動かない」という状況に陥ることもしばしばあります。

しかし、特にb型インフルエンザの場合は、高熱が出ないケースもまれにあるため、その場合はインフルエンザと気付かないまま完治してしまうこともあるようです。

b型インフルエンザは、インフルエンザの一般的な症状に加えて、お腹の痛みなどの消化器系の症状を伴うことがあります。

高熱症状があらわれ、さらにお腹の痛みを伴うようならば、b型のインフルエンザを疑ってみてください。

気を付けなければならないのは、高熱・腹痛があっても激しい下痢を伴う場合や、お腹の痛みが我慢できないほどの限局的なものの場合は、ウイルス性腸炎や虫垂炎など別の病気の可能性も考えられるということです。

自己判断でb型インフルエンザと決めつけて対応せず、専門医にかかって正しい診断をしてもらうことが重要です。

また、インフルエンザの大きな特徴としては強い感染力が挙げられます。

特にb型インフルエンザは人から人へ感染する病気なので、家族全員がインフルエンザでダウンしてしまうということはよくあることです。

普通の風邪にかかったときよりも格段に体調が悪くなることがほとんどで、周囲に流行の兆しがあることが多いことから、「インフルエンザかもしれない」と自覚するのは一般的にそこまで難しいものではありません。

【インフルエンザb型】いつから警戒するべき?

【インフルエンザb型】いつから警戒するべき?

b型インフルエンザの流行の特徴は、a型と比較して遅めの流行であることです。

具体的には2月下旬~春先までの、インフルエンザの流行がすでに終わったと思われがちな期間に流行する傾向があります。

なぜa型とb型の流行時期が異なるのかはまだわかっていません。

しかし、確実に言えるのは秋の終わり~冬にかけて流行するa型と、冬の終わり~春にかけて流行するb型がメインのインフルエンザは、冬の間ずっと警戒しなければならない病気ということです。

「どの型がいつ流行だから対策を取ろう」ではなく、「冬の間はインフルエンザにかからないように対策を取ろう」という心構えでいることが重要であると言えるでしょう。

【インフルエンザb型】他のインフルとの違いは?

b型インフルエンザの見分け方は、特徴的な症状と腹痛の有無、そして流行時期の遅さが判断材料になるでしょう。

これらの特徴が見られれば、インフルエンザの中でもb型であると推測できます。

インフルエンザa型、c型、新型の特徴を知ってb型と見分けよう!

その他のインフルエンザの特徴を覚えておくことも、見分けるポイントになります。

インフルエンザは「a型」「b型」「c型」のほかに、「新型インフルエンザ」が存在します。

  • a型インフルエンザ

a型とb型インフルエンザとの見分け方

毎年流行するのは、必ずといってもいいほどa型、b型で、これらの症状は広く知られているインフルエンザの症状と理解しておいて間違いはありません。

a型インフルエンザがb型と異なる点は、b型よりも高熱で、激しい症状があることがほとんどであるということです。

また、a型インフルエンザの中にも複数の「型」があることも特徴です。

基本的にインフルエンザは1シーズンに1回しか、かからないという認識のある方がほとんどですがこれは誤りです。

一度インフルエンザにかかると免疫を得られるため、確かに1シーズンに2回以上同じ型のインフルエンザにかかることはまれです。

しかし、複数の「型」があるa型インフルエンザは、この「型」の異なるウイルスが存在することで、同じシーズン中でも複数回インフルエンザにかかる可能性があります。

もちろん、a型とb型のインフルエンザも「型」が異なるため、1シーズンにどちらもかかる場合もあるでしょう。

同シーズン中に1度b型インフルエンザにかかっているのにも関わらず、再びインフルエンザにかかってしまった場合は、a型インフルエンザを疑ってみてください。

  • c型インフルエンザ

c型とb型インフルエンザとの見分け方

c型インフルエンザは、聞いたこともないしかかったこともない、という方が多いかもしれません。

この型の場合は、他の型のインフルエンザと比較して、症状が軽いことがほとんどであるためです。

発熱も37度程度だったり、他の症状も無いか軽いかだったりすることが多いので、普通の風邪であると思い受診しないケースがあります。

こうなるとインフルエンザと診断できないばかりか、気付かないまま完治してしまうことがほとんどです。

さらに、c型インフルエンザは1度かかるとそのシーズンどころか、一生の免疫を得られると言われています。

つまり、1度かかると生涯かからないことが多いため、このこともc型インフルエンザの影を薄くしている一因と言えるでしょう。

  • 新型インフルエンザ

新型とb型インフルエンザとの見分け方

新型インフルエンザは、従来のどの型にも当てはまらない型のインフルエンザのことを指します。

新型といっても、全く新しい病原体とは限らず、長らくヒトの間で流行しなかったウイルスが原因のものも含んでいるのが特徴です。

新型インフルエンザの症状は、a型やb型のインフルエンザとそこまで変わりません。
発熱や関節痛を伴う、風邪をひどくしたような症状である場合がほとんどです。

新型インフルエンザの大きな特徴として挙げられるのが、その感染力です。

a型やb型のインフルエンザと比較すると、日本人は新型インフルエンザの免疫を持っておらず、日本で一般的な型でないウイルスのため、ワクチンの接種もままならない場合がほとんどです。

この理由により、新型インフルエンザが一度流行しだすと、爆発的に患者数が増えます。

症状は他のインフルエンザと変わらなくても、新型インフルエンザが恐れられ、一度流行がはじまると大騒ぎになるのは、この日本での感染力の強さが理由と言えるでしょう。

新型インフルエンザが流行すると、必ずと言っていいほど全国ニュースに取り上げられます。

このニュースが持ち上がった年にインフルエンザにかかったら、新型インフルエンザを疑うべきです。

インフルエンザの診断は病院での検査が正確で早い!

流行の傾向を分析することで、どのインフルエンザの型であるのかを見分ける助けになります。

例えば、家族がb型インフルエンザにかかっているのなら、自分もb型インフルエンザにかかる可能性が高いでしょう。

その他にも学校や職場の流行を見ておくことで、症状と併せてどの型にかかっているのか判断することが可能です。

また、ほとんどの医療機関でインフルエンザの検査ができます。
鼻の奥を綿棒でこすってウイルスを採取し、15分程度で結果を知れるのが一般的です。

この検査で、インフルエンザにかかっているか否かだけでなく、どの型にかかっているのかまで知れます。

どの型か見分けるもっとも確実な方法は、この検査を受けることと言えるでしょう。

【インフルエンザb型】小児は特に合併症に注意しよう!

【インフルエンザb型】小児は特に合併症に注意しよう!

b型に限らず、どの型のインフルエンザであっても、注意すべき合併症があります。

中耳炎などの感染症にさらにかかってしまったり、気管支炎や肺炎などの呼吸器の合併症にかかってしまったりする場合があります。

発熱が長く続いたり、熱が下がっても喉などの痛みや咳がしばらく続いたりするようなら、合併症を疑うようにしましょう。

また、小児の場合は特別に気を付けなければならない合併症があります。
それは、「インフルエンザ脳症」と呼ばれる神経系の病気です。

インフルエンザにかかった際に、通常の症状に加えて、呼びかけに応えない、うわごとのような言葉を繰り返す、けいれんを起こすなどの症状があらわれるのが特徴です。

主に5歳以下の小児に起こりやすい症状なので、インフルエンザにかかったお子さんにこれらの症状が見られた場合、すみやかに医療機関を受診するようにしましょう。

夜間などで近医があいていない場合でも、総合病院の救急外来などに相談することをおすすめします。

インフルエンザ脳症は、強めの解熱・鎮痛剤を使用することで悪化する場合があります。

お子さんにインフルエンザ脳症の兆しが見られた場合、解熱剤の使用は医師に相談してからにしてください。

そもそも、お子さんへの解熱鎮痛剤の使用は、体重などで厳密に定められているため、「熱でかわいそうだからとりあえず」などの理由からの、自己判断での投与は危険であると覚えておきましょう。

【インフルエンザb型】予防接種を受けるには?

【インフルエンザb型】予防接種を受けるには?

インフルエンザの予防接種は、内科などをはじめとした町の医療機関で受けられます。

予防接種には予約が必要な場合が多いので、事前に電話などで確認してから受けに行くと確実です。

「今年はb型が流行しているからb型の予防接種を受けに行こう!」というものではなく、一般的に行われているインフルエンザの予防接種は、a型の代表的な型、b型インフルエンザそれぞれに対応したものになっています。

インフルエンザの予防接種といえば、日本で流行の多い型はおおむね対応してくれているので、「a型の予防接種に行こう」「次はb型」というような予防接種は行いません。

ただし、特に小児の場合は1回の予防接種では免疫が十分につかない場合があります。

余裕があれば、お子さんは1シーズンに2回ほど予防接種を受けるうにすると安心でしょう。
もちろん、大人が2回受けるのでも問題ありません。

大流行防止のためにも、かならず毎年予防接種に行くことが大切です。

学校や職場の集団接種がある場合は、積極的に参加するようにしてください。

【インフルエンザb型】治療方法を知ろう!

【インフルエンザb型】治療方法を知ろう!

b型に限らず、インフルエンザにかかってしまった場合、多くの場合は自宅での薬物治療が行われます。

一般的な飲み薬のほか、吸入などさまざまな摂取方法があります。

吸入にしても飲み薬にしても、1日2回、5日間継続することが基本です。
この際、飲み忘れ・吸い忘れのないように、きっちり5日間継続することが完治への近道です。

熱が下がったからといってやめてしまうと、体の中に残っていたウイルスが再燃しないとも限りません。
周囲への感染予防のためにも、必ず指示通りに使用してください。

5日間継続する薬だけでなく、1回だけで済む吸入や、1回飲めば効果のある抗インフルエンザ薬も開発されました。

これらは処方されたらすぐに使用すればよいだけなので、飲み忘れや吸い忘れの心配はありません。

続けることが不安な方は、処方医にこれらの薬が使えないか相談してみるのもいいでしょう。

これらのインフルエンザウイルス自体を叩く薬だけでなく、辛い症状を緩和するための薬も多く処方されています。

熱が高くて苦しい場合には解熱剤、咳がひどいのなら咳止め、またインフルエンザの症状に効果がある漢方薬も存在します。

水分が摂れないほどの症状なら、脱水予防のために点滴をする場合もありますので、受診の際にきちんと食べられているか、水分を摂れているか医師に伝えましょう。

インフルエンザのウイルスをやっつける根治療法、辛い症状を緩和する役割のある対症療法、このどちらもインフルエンザの治療においては大切なものです。

インフルエンザは型に関係なく早めの予防と治療が大切!

この記事では、インフルエンザb型の特徴や、インフルエンザb型の治療方法や、インフルエンザb型の予防方法について紹介しました。

インフルエンザは、健常な人がかかる分には命の危険は少ない病気ですが、高齢者や小児がかかり、対応を間違えると命の危機が及ぶ場合があります。

何よりも大切なのは、インフルエンザにかからないように予防を心掛けることです。
しかし、かかってしまった場合は必ず医療機関を受診して、検査、治療する事をおすすめします。

  • b型インフルエンザは一般的な症状に加え、消化器症状があらわれることも
  • b型インフルエンザの予防法や治療法は他のインフルエンザと同じ
  • インフルエンザの長期化と症状の変化に注意。合併症になっていることも。
  • 子供がインフルエンザにかかった場合は、インフルエンザ脳症に注意

今回は、b型インフルエンザの見分け方や治療、予防方法について紹介しました。
しっかりインフルエンザ対策をして、家族みんなで元気に冬を迎えましょう。

【インフルエンザa型】インフルエンザa型の症状や検査方法を知ろう!

この時期になると気になるのがインフルエンザですよね?

インフルエンザの正しい予防法を知ればインフルエンザにかかるのを防げますが、インフルエンザにかかったらどうしたらいいのかも知っておきたいですよね。

インフルエンザa型の症状は激しく、合併症にかかる危険性があります。

また、ワクチン接種などインフルエンザの予防方法を事前に知っておくことが大切です。

今回は、インフルエンザa型の症状の特徴や、検査の方法や、インフルエンザの予防方法について紹介します。

症状が強いといわれているインフルエンザa型にかからないためにも、今からインフルエンザの対策をしましょう!

インフルエンザa型の特徴と脅威について知っておこう!

インフルエンザa型の特徴と脅威について知っておこう!
インフルエンザには「a型」「b型」「c型」の3種類あります。

その中でもa型のインフルエンザは、他の型に比べて症状が激しいのが特徴です。

通常はインフルエンザにかかるとウィルスの免疫が体内で作られますが、インフルエンザa型は形を変えてどんどん進化しています。

そのため、今まで獲得した免疫が機能しづらく、ワクチンの予測がたてにくくなっています。

インフルエンザa型は、以下のような特徴があります。

  • 38度を超える高熱
  • 関節痛や筋肉痛
  • 呼吸器系の合併症(肺炎など)
  • 食べ物を飲む見込むのが困難なほどののどの痛み
  • 脳症や脳症の合併症

インフルエンザa型は体内でどんどん進化するため、新型のウィルスが続々とできます。

一度インフルエンザa型のワクチンができても、他の動物から発生したウィルスなどと結合して新しいウィルスに変化する場合があります。

世界的に流行した豚インフルエンザや、鳥インフルエンザもインフルエンザa型に含まれます。

インフルエンザa型の症状と風邪の違いを知ろう!

インフルエンザa型の症状と風邪の違いを知ろう!
インフルエンザの症状は全身のだるさや、高熱、食欲不振などの全身症状と、頭痛、筋肉痛、関節痛といった呼吸器以外の症状もあります。

合併症として肺炎や気管支炎、中耳炎などが見られます。
重大な合併症として重症肺炎や、インフルエンザ脳症が見られる場合もあります。

子供の場合は急性脳症、高齢者や免疫が低下している方は肺炎にかかることもあるので危険です。

インフルエンザa型の症状と風邪はどう違うの?

風邪は様々なウィルスが原因で起こる病気です。

症状は咳や鼻水、のどの痛み、鼻汁、くしゃみなどが主な症状でインフルエンザほど高熱にはなりません。

インフルエンザは急激に発症して、38度以上の高熱が出ます。

風邪の場合は、発症はゆるやかで発熱はない、または37度程度です。

また、インフルエンザの場合は咳が強く出ることが多いですが、風邪の場合は咳が軽いのが特徴です。

インフルエンザの検査と治療方法

インフルエンザの検査と治療方法
インフルエンザa型の検査は「迅速抗原検出キット」を使用します。

これは喉や、鼻の粘膜の粘液を綿棒で取って検査する方法です。

この他にも血液を採取して、インフルエンザに対する抗体を調べる場合もあります。
感染しているのか?感染しているウィルスの型がなにか短時間で分かります。

インフルエンザは流行する時期が決まっており、特徴的な症状が出るため問診などで診断が容易にできます。

現在は問診と、迅速診断キットで30分程度インフルエンザの診断ができるようになりました。

インフルエンザa型の治療は、発症後48時間以内抗ウィルス薬の「塩酸アマンタジン」または、「ノイラミニダーゼ阻害薬」を服用する必要があります。

インフルエンザに発症した時に薬以外で、一般の治療方法について紹介します。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】安静にしてよく眠る

トイレや食事以外は熱が下がるまで寝ていることが望ましいです。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】十分な栄養をとる

食欲がないときは食べやすいゼリーや、アイスクリーム、うどん、おかゆなど食べやすいものを摂取しましょう。

どうしても口から栄養が取れない場合は、病院で点滴を受けることが必要です。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】水分をこまめに取る

高熱が出ている場合は汗をかくので、こまめに水分補給をしましょう。

お茶や、水だけでは十分な水分が取れないため、イオン飲料や経口補水液がおすすめです。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】部屋の湿度を50~60%に保つ

インフルエンザは低温で低湿度の環境を好みます。
そのため、部屋の温度を20~25度に保ち、湿度も50~60%に保ちましょう。

また、口やのどの乾燥を防ぐためにマスクを使用するのがおすすめです。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】高熱が出ている場合は保冷剤で冷やす

38.5度以上の高熱が出た場合は、医師に処方された解熱剤を服用しましょう。

クスリを使う方法以外にも太い動脈が通っているわきの下や、足の付け根を保冷剤や氷水で冷やすのも効果的です。

【インフルエンザに発症したら薬以外の治療方法】外出を控える

インフルエンザの発症後は3~7日間ウィルスを排出しているといわれています。

最低でも解熱後2日間は、自宅で安静にすることをおすすめします。
その後に外出する際はマスクをして、他人にうつさないように気を付けましょう。

インフルエンザa型の予防はワクチン接種が有効です!

インフルエンザa型の予防はワクチン接種が有効です!
インフルエンザの予防にはワクチン接種が有効で、ワクチン接種の有効率は70%程度と言われており、ワクチンを接種することでインフルエンザにかかったときに重症化するのを防げます。

摂取回数は原則1~4週間おいて2回摂取します。

毎年10月下旬~11月頃まで、遅くとも12月中旬までにワクチン接種しましょう。

また、インフルエンザが流行している時にできる予防方法についてご紹介します。

  • 人の多い場所を避ける
  • 外出先から帰ったら手洗いうがいをする
  • 休養と十分な睡眠をとる
  • 栄養バランスのいい食事をとる
  • 規則正しい生活を送る
  • 外出時はマスクを利用する
  • 室内の湿度を50~60%に保ち乾燥を防ぐ

しっかりと睡眠をとって栄養バランスのいい食事をとり、免疫力を高めてウィルスに負けない体つくりをすることが大切です。

インフルエンザa型を発症したら登校や出勤できるまでの日数

インフルエンザa型を発症したら登校や出勤できるまでの日数
インフルエンザにかかってから学校や、職場に復帰できるまでの日数についてご紹介します。

【インフルエンザa型を発症後に登校や出勤できる日数】子供の場合

インフルエンザにかかった場合は、学校や保育園、幼稚園では発症してから5日経ち、解熱した後2日を経過するまでと定められています。

症状によって医師や、学校医が感染の恐れがないと判断されれば、この日数より短い期間で登校可能です。

【インフルエンザa型を発症後に登校や出勤できる日数】大人の場合

大人の場合は、特にインフルエンザの出勤再開日数は定められていません。

しかし一般的に発症から7日後でも鼻や、喉からウィルスを排出している可能性があります。

発熱がなくなってから2日までが、外出自粛の目安となります。

可能であれば発症した日の翌日から7日を過ぎるまで、外出を控えるのが望ましいといわれています。

インフルエンザa型の正しい予防方法を知ろう!

今回は、インフルエンザa型の症状の特徴や、検査の方法や、インフルエンザの予防方法について紹介しました。

インフルエンザa型は他のインフルエンザに比べて重症化しやすく、特に子供や高齢者がかかると危険です。

風邪と比べてインフルエンザは38度以上の高熱が出やすく、咳が激しく出やすいのが特徴です。

インフルエンザの検査は病院で簡単できるので、インフルエンザの疑いがある場合はすみやかに病院へ行きましょう。

もしインフルエンザにかかってしまったら、十分な水分と栄養を摂取してよく眠ることが大切です。

インフルエンザの予防にはワクチン接種が最も有効です。

そのため、できるだけ毎年インフルエンザのワクチンを接種することをおすすめします。

インフルエンザの正しい予防法を知って今年もインフルエンザにかからないように気を付けましょう!